イイ男セレクション

  1. 映画『グッドライアー 偽りのゲーム』イアン・マッケラン

    イアン・マッケラン

    1939年5月25日、イギリス生まれ。舞台や映像における半世紀以上のキャリアの中で、50以上の国際的な演技賞に輝く。1990年、演劇に対する優れた功績が称えられ、ナイト爵が授けられた。1996年…

  2. 映画『サヨナラまでの30分』上杉柊平

    上杉柊平(うえすぎ しゅうへい)

    1992年5月18日生まれ、東京都出身。2015年にドラマ『ホテルコンシェルジュ』で俳優デビューを飾る。主な出演作に…

  3. 映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ

    1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

  4. 映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク

    チェ・ウシク

    1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

  5. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド

    ステラン・スカルスガルド

    1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

  6. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス

    ジョナサン・プライス

  7. 映画『his』藤原季節

    藤原季節(ふじわら きせつ)

  8. 【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー

    イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門編>

  9. 映画『転がるビー玉』笠松将

    笠松将(かさまつ しょう)

  10. 映画『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ

    タイカ・ワイティティ

  11. 映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/ポール・ウォルター・ハウザー

    ポール・ウォルター・ハウザー

  12. 映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ

    イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

  13. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス(アーティスト写真)

    ローマン・グリフィン・デイビス

  14. 映画『ジョジョ・ラビット』アルフィー・アレン

    アルフィー・アレン

  15. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン

    エディ・レッドメイン

  16. Netflix映画『アイリッシュマン』ジョー・ペシ

    ジョー・ペシ

  17. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ロブ・ジェームス=コリアー

    ロブ・ジェームス=コリアー

  18. 映画『太陽の家』記者会見、瑛太

    永山瑛太(ながやま えいた)

  19. 映画『マザーレス・ブルックリン』ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリス

  20. 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見、アンソニー・ダニエルズ

    アンソニー・ダニエルズ

  21. 映画『マザーレス・ブルックリン』ボビー・カナヴェイル

    ボビー・カナヴェイル

  22. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』濱津隆之

    濱津隆之(はまつ たかゆき)

  23. Netflix映画『6アンダーグラウンド』デイヴ・フランコ

    デイヴ・フランコ

  24. 映画『THE UPSIDE/最強のふたり』ブライアン・クランストン

    ブライアン・クランストン

  25. 映画『マザーレス・ブルックリン』エドワード・ノートン

    エドワード・ノートン

  26. 映画『冬時間のパリ』ヴァンサン・マケーニュ

    ヴァンサン・マケーニュ

  27. 映画『THE UPSIDE/最強のふたり』ケヴィン・ハート

    ケヴィン・ハート

  28. 映画『フォードvsフェラーリ』ジョシュ・ルーカス

    ジョシュ・ルーカス

  29. 映画『スキャンダル』ジョン・リスゴー

    ジョン・リスゴー

  30. 映画『フォードvsフェラーリ』ノア・ジュプ

    ノア・ジュプ

  31. 映画『フォードvsフェラーリ』ジョン・バーンサル

    ジョン・バーンサル

新着記事

映画『劇場』山﨑賢人 心理学から観る映画7-1:大人になるまで待って【モラトリアム】

春はスタートの季節ということで、将来に向けていろいろと考えたり、準備をし始める時期でもあります。特に学生は、学年が上がるにつれて、どんな仕事に就きたいかを具体的に考えますよね。それは同時に、1人の人間として自分の意志で、どんな大人になりたいか…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

ピアソン家の3きょうだいの過去と未来を交錯させて描く、温かい家族の物語。切なくて温かいストーリーに涙腺が刺激されます。

映画『アドリフト 41日間の漂流』サム・クラフリン サム・クラフリン

1986年6月27日イングランド生まれ。2009年にロンドンの名門演劇学校“ロンドン・アカデミーナイト・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)”を卒業後、イギリスのTVシリーズなどに出演。その後…

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー 『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー

シリーズ1作目『ケアニン~あなたでよかった~』の上映会は全国各地で行われ、1300回(2020年2月現在)を突破し、台湾や香港など海外にまで支持が拡大しています。この度、前作に引き続き本シリーズ2作目となる『ケアニン~こころに咲く花~』で主演を果たした戸塚純貴さんにインタビューをさせて頂きました。俳優さんという立場からできることはないかと考えられていて、映画作りについての思いなどもお聞きできました。

映画『サーホー』プラバース/シュラッダー・カプール “惚れた腫れた”が楽し過ぎる!インド映画特集

エネルギッシュな作品が多いインド映画ですが、その中で描かれるロマンスも情熱的。そして、「私、恋に落ちました!」「あなたが好き好き」というムードが全面的に表現される歌とダンスのシーンも観ていて爽快です(笑)。今回は、うっとりするを通り越して、笑いさえ込み上げてくる、ラブシーンが魅力のインド映画をご紹介します。

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP