イイ男セレクション

  1. 映画『ホテル・エルロワイヤル』ジョン・ハム

    ジョン・ハム

    1971年3月10日アメリカ、ミズーリ州セントルイス生まれ。ミズーリ=コロンビア大学を卒業後、教師の職を経た後に俳優の道へと進む。広告業界の人間模様をスタイリッシュに描いた、ドラマ『マッドメン』で…

  2. 映画『おみおくりの作法』エディ・マーサン

    エディ・マーサン

    1968年6月23日イギリス、ロンドン生まれ。マーティン・スコセッシ、スティーヴン・スピルバーグ、マイク・リー、ブライアン・シンガーら業界トップの監督たちと仕事をしてきた俳優。主な出演作には…

  3. 映画『ホテル・エルロワイヤル』ジェフ・ブリッジス

    ジェフ・ブリッジス

    ユニヴァーシティー・ハイスクール卒業後ニューヨークで演技を学び、1970年に“The Yin and the Yang of Mr. Go(原題)”で本格映画デビュー。その後『ラスト・ショー』『フィッシャー・キング』『ビッグ・リボウスキ』などに出演し…

  4. 映画『ブラック・クランズマン』コーリー・ホーキンズ

    コーリー・ホーキンズ

    1988年10月22日アメリカ、ワシントンD.C.出身。名門ジュリアード音楽院の演劇学科で学び、古典演劇が優れた学生に授与されるジョン・ハウスマン賞を受賞。2011年からプロの俳優となり…

  5. トーキョー女子映画部ロゴ

    バックナンバーや一覧はこちら

    まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

  6. 映画『キャプテン・マーベル』ジュード・ロウ

    ジュード・ロウ

  7. 映画『PRINCE OF LEGEND』片寄涼太

    片寄涼太(かたよせ りょうた)

  8. 映画『うちの執事が言うことには』清原翔

    清原翔(きよはら しょう)

  9. 映画『ボンジュール、アン』アレック・ボールドウィン

    アレック・ボールドウィン

  10. 映画『東京喰種 トーキョーグール』鈴木伸之

    鈴木伸之(すずき のぶゆき)

  11. 映画『劇場版パタリロ!』加藤諒

    加藤諒(かとう りょう)

  12. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』ジャスティン・セロー

    ジャスティン・セロー

  13. 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』宇野祥平

    宇野祥平(うの しょうへい)

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP