REVIEW

バイス

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス

映画資料では、バイスは、バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、悪徳や邪悪という意味もこめられているとあります。悪徳、邪悪さは観て頂ければ納得すると思うので、なぜ副大統領に焦点が当てられているのかを考えてみます。ディック・チェイニー副大統領(クリスチャン・ベール)はなぜあんなに大きな力を握ることができたのか。それは、大統領の権限を都合良く解釈できる点に目を付けて、自分がうまく立ち回れるようにそれを利用したからなのです。もちろんそれには下準備がたくさん必要で、その段取りを進めるための策略の数々が本作で描かれています。そしてまさに“役者”が揃ってしまった状況が、チェイニー副大統領を生んでしまったとも言えますが、そもそもやはりジョージ・W・ブッシュが大統領になってしまったことが大きいのだなと感じます。この時代には、ブッシュvsゴアの選挙で起きた不正疑惑、“911”のテロ事件、イラク侵攻…など、もみ消されたと思われる事実を多く含む、さまざまな歴史的出来事が重なっています。ここにすべてをあげきれませんが、『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』『華氏911』など、他の作品で描かれている内容と合わせて観ると、より全容が見えてきます。本当にゾッとする話ですが、これは実話なので、目を背けられません。国を“操る”という行為がいかに個人的に行われているかというのも思い知らされる内容で、その当事者が元々持っていた人間性がそうさせたのか、彼が得た地位や権力が彼を変えてしまったのか、どんな視点で観ても釘付けになる作品です。
そして、何より、20代から70代までのチェイニーを演じたクリスチャン・ベールの役作りに圧倒されます。毎度超人的な役作りをする彼ですが、今回もその期待を裏切りません。さらに他のキャストもビジュアルから完全になりきっていて、ビックリ。ソックリさんを連れてきたのかと思うくらいに、皆オリジナルの人物に似ています。とにかく、いろいろな意味で必見です!

デート向き映画判定
映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス

ガッツリアメリカの政界の話なので、ロマンチックなムードにはなれないと思いますが、チェイニー副大統領とその妻の関係も、彼の人生に大きく影響しているので、カップルで観ていろいろと考えさせられるポイントがあります。法律の解釈が一つのキーポイントになっているので、少々ややこしいと感じる人もいるかも知れませんが、社会派ドラマやドキュメンタリー映画をよく観るカップルにはオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル

キッズにはちょっと難しい内容だと思いますが、中学生以上ならついていけるのではないでしょうか。歴史的なあらゆる出来事の裏で起こっていたとされる真相を描いている内容で、実話というのが信じられないくらいにドラマチックです。多少アメリカ現代史を頭に入れておくと、より理解できますが、先に本作を観て興味を持ってから、おさらいしても良さそうです。

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル/タイラー・ペリー

2019年4月5日より全国公開
ロングライド
公式サイト

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ 僕たちは希望という名の列車に乗った

舞台はベルリンの壁建設の5年前にあたる1956年、ソ連の影響下に置かれていた旧東ドイツ。ここで高校に通っていた生徒達が実際に起こした出来事を映画化しています。生徒達の一部が…

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中で…

映画『ガルヴェストン』ベン・フォスター ベン・フォスター

1980年10月29日アメリカ、ボストン生まれ。16歳でプロ俳優となり、2003年から2013年まで3シーズンまで出演したTVドラマ…

映画『居眠り磐音』松坂桃李 松坂桃李(まつざか とおり)

1988年10月17日、神奈川県生まれ。2009年にドラマ『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューにして初主演を飾る。2011年『僕たちは世界を変えることができない』『アントキノイノチ』で…

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』セルゲイ・ポルーニン セルゲイ・ポルーニン

1989年旧ソ連、ウクライナ共和国(現ウクライナ)生まれ。4歳から体操を習い、8歳でバレエを始める。キエフ国立バレエ学校で学び…

映画『バイオレンス・ボイジャー』 バイオレンス・ボイジャー

とてもグロテスクで過激ですが、アーティスティックなタッチなので、ただのホラー映画として括るのはもったいない作品…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン 神と共に 第一章:罪と罰

死んだ者は49日間のうちに、使者と共に7つの地獄を旅して、殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫という7つの罪状すべてを晴らせば、現世に生まれ変われるという設定で、タイトルからも宗教色を強く感じさせるのですが…

おすすめ記事

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  2. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  3. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  4. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  5. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  6. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  7. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

  8. 映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ
  9. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ
  10. 映画『コレット』キーラ・ナイトレイ
    コレット

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP