REVIEW

バイス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス

映画資料では、バイスは、バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、悪徳や邪悪という意味もこめられているとあります。悪徳、邪悪さは観て頂ければ納得すると思うので、なぜ副大統領に焦点が当てられているのかを考えてみます。ディック・チェイニー副大統領(クリスチャン・ベール)はなぜあんなに大きな力を握ることができたのか。それは、大統領の権限を都合良く解釈できる点に目を付けて、自分がうまく立ち回れるようにそれを利用したからなのです。もちろんそれには下準備がたくさん必要で、その段取りを進めるための策略の数々が本作で描かれています。そしてまさに“役者”が揃ってしまった状況が、チェイニー副大統領を生んでしまったとも言えますが、そもそもやはりジョージ・W・ブッシュが大統領になってしまったことが大きいのだなと感じます。この時代には、ブッシュvsゴアの選挙で起きた不正疑惑、“911”のテロ事件、イラク侵攻…など、もみ消されたと思われる事実を多く含む、さまざまな歴史的出来事が重なっています。ここにすべてをあげきれませんが、『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』『華氏911』など、他の作品で描かれている内容と合わせて観ると、より全容が見えてきます。本当にゾッとする話ですが、これは実話なので、目を背けられません。国を“操る”という行為がいかに個人的に行われているかというのも思い知らされる内容で、その当事者が元々持っていた人間性がそうさせたのか、彼が得た地位や権力が彼を変えてしまったのか、どんな視点で観ても釘付けになる作品です。
そして、何より、20代から70代までのチェイニーを演じたクリスチャン・ベールの役作りに圧倒されます。毎度超人的な役作りをする彼ですが、今回もその期待を裏切りません。さらに他のキャストもビジュアルから完全になりきっていて、ビックリ。ソックリさんを連れてきたのかと思うくらいに、皆オリジナルの人物に似ています。とにかく、いろいろな意味で必見です!

デート向き映画判定
映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス

ガッツリアメリカの政界の話なので、ロマンチックなムードにはなれないと思いますが、チェイニー副大統領とその妻の関係も、彼の人生に大きく影響しているので、カップルで観ていろいろと考えさせられるポイントがあります。法律の解釈が一つのキーポイントになっているので、少々ややこしいと感じる人もいるかも知れませんが、社会派ドラマやドキュメンタリー映画をよく観るカップルにはオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル

キッズにはちょっと難しい内容だと思いますが、中学生以上ならついていけるのではないでしょうか。歴史的なあらゆる出来事の裏で起こっていたとされる真相を描いている内容で、実話というのが信じられないくらいにドラマチックです。多少アメリカ現代史を頭に入れておくと、より理解できますが、先に本作を観て興味を持ってから、おさらいしても良さそうです。

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル/タイラー・ペリー

2019年4月5日より全国公開
ロングライド
公式サイト

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし アルキメデスの大戦

タイトルに“大戦”とありますが、戦争映画そのものではなく、戦争を起こさせまいと奔走した天才数学者の物語です。史実を基にしていますが、フィクションということで、歴史に詳しい人が観るのと、そうでない人が観るのとで…

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太 松田翔太(まつだ しょうた)

1985年9月10日、東京都生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平。2005年にTVドラマ『ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時・不良少年の夢』で…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ ジェームズ・マカヴォイ

1979年、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり…

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  2. 映画『チャイルド・プレイ』
  3. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  4. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  5. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  6. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  7. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  8. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  9. 映画『トイ・ストーリー4』
  10. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP