特集

映画と人の研究1:映画ジャンルの近似性

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バーバリアン』ジャスティン・ロング

トーキョー女子映画部には、映画が好きな女性達が集まっています。
そもそも、なぜ皆さんは映画が好きなんでしょう?どういうところが好きなんでしょう?観る映画、観ない映画の背景に何があるのでしょう…、疑問はどんどん湧いてきます。このコーナーでは、マイソンがそんな謎を解き明かすべく、いろいろな研究をし、その分析結果や考察を述べていきます。

第1回は、トーキョー女子映画部正式部員の皆さんに回答いただいたアンケートを基に、映画ジャンルの近似性を調べてみました。

データ:映画研究1アンケート
回答期間:2022/5/26 18:00〜2022/6/26 23:59
回答数:10代を含む195名の女性
<手順>
アンケートの中で、「Q:普段あなたが好んでよく観るジャンルはどれですか? ※複数選択可」をもとに、ジャンルの近似性を調べてみました。選択肢として挙げたジャンルは以下の7つです。
・人間ドラマ
・サスペンス、ミステリー
・スリラー、ホラー
・ラブストーリー
・コメディ
・アクション
・ドキュメンタリー
上記を選んでいる場合は「1」、選んでいない場合は「2」としてデータを整理した上で主成分分析(元々主成分分析用にとったデータではないのでやや強引に使用しています)を行いました。回答者がそれぞれに好んで観るジャンルの傾向によって、ジャンルの近似性がわかると仮定して分析した結果、このようなグラフができました。

映画と人の研究1:映画ジャンルの近似性:主成分分析グラフ

上記のグラフから下記のように解釈しました。

第1主成分(横軸):非現実性・現実性=右(プラス)にいくほど、非現実性が強く、左(マイナス)に行くほど現実性が強い
第2主成分(縦軸):内容の明るさ・暗さ=上(プラス)にいくほど明るく、下(マイナス)に行くほど暗い

“サスペンス、ミステリー”と“スリラー、ホラー”が縦横共に近い位置にあります。まず第2主成分(縦軸)は、両ジャンルとも暗い作品が多く、“スリラー、ホラー”が最も下にあるので軸を下にいくほど暗いということを示唆しています。次に第1主成分(横軸)を「非現実性・現実性」とすると、“サスペンス、ミステリー”のほうが“スリラー、ホラー”よりもやや右にあります。“スリラー、ホラー”はストーリーや演出が怖くても、登場するキャラクターが身近にいそうな人物だったり、身近な出来事、事件が題材となっている場合も少なくありません。一方、“サスペンス、ミステリー”は不可解な出来事、難解な事件を取り上げたストーリーであることを考えると、“サスペンス、ミステリー”のほうが縁遠い内容、つまり非現実性が高いジャンルといえます。

映画『バーバリアン』ビル・スカルスガルド
『バーバリアン』

一方、“ラブストーリー”と“コメディ”も近い位置にあります。第2主成分(縦軸)ではコメディのほうが上にあり、縦軸を明るさだと解釈すると一番上にあるという結果はしっくりきます。第1主成分(横軸)で“ラブストーリー”はマイナス側にありますが、恋愛というテーマが身近な分、他のジャンルよりも一層現実味を感じながら観る方が多い可能性がうかがえます。

では、真ん中にある“人間ドラマ”はどういう解釈ができるでしょうか。“人間ドラマ”はあらゆる作品に共通に含まれる要素です。名も無き人々のストーリーに限らず、歴史上の偉人のストーリーでも、ファンタジーでも、その中で描かれる人間ドラマは普遍的なテーマが掲げられていて、そういう意味では現実味を持っているといえます。だから、第1主成分(横軸)の非現実性では0に近い位置にあると解釈できます。
また、作品の明るさに関しても、人間ドラマには幸福感漂う明るいストーリーもあれば、辛くて悲しい暗いストーリーもあります。だから、縦軸でも0に近い位置にあるのはうなずけます。

映画『嘘八百 なにわ夢の陣』中井貴一/佐々木蔵之介
『嘘八百 なにわ夢の陣』

“ドキュメンタリー”は現実を映したものである点で、もっと0に近いかマイナスでも良さそうですが、逆にドキュメンタリーになるほどの題材としては突出した人物や出来事が扱われることを踏まえると、観る側の現実とは少し距離があるともいえます。

また、“アクション”は主人公が普通の人からヒーロー、超人まで幅が広く、非現実的なものもあれば現実的なものもあるという点で、横軸で一番左の“ラブストーリー”と、一番右の“サスペンス、ミステリー”の中間くらいにあると捉えることができます。縦軸に関しては、アクションは派手な演出が魅力なジャンルということが、上のほう(=明るいほう)に位置している要因となっているのではないでしょうか。

今回出た結果は、世間一般に捉えられているジャンル同士の近似性に合っているといえそうです。ただ正直なところ、一つの作品に複数のジャンルが含まれることが多いので、作品をジャンルで明確に分けるのには無理があります。それをいったら、この分析に何の意味があるのかといわれそうですが(苦笑)、どのジャンルが前に打ち出されているかによって、映画と人との出会いに影響があるといえます。

映画『奈落のマイホーム』チャ・スンウォン/キム・ソンギュン/イ・グァンス/キム・ヘジュン
『奈落のマイホーム』

例えば、『奈落のマイホーム』はディザスターパニックムービーなので「怖い」というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。でも、実はコメディ要素も豊富で観てみると全然印象が変わります。皆さん好きなジャンルはあると思いますが、普段あまり手を伸ばさないジャンルも観てみると、良い映画との出会いが増えると思います。ぜひお試しあれ〜。


映画『嘘八百 なにわ夢の陣』中井貴一/佐々木蔵之介/塚地武雅

『嘘八百 なにわ夢の陣』
2023年1月6日より全国公開
公式サイト
人気コメディ第3弾。続編だと前作でジャンルが読めるので選びやすいですね。

映画『バーバリアン』ジョージナ・キャンベル

『バーバリアン』
2022年11月9日よりデジタル配信(セル&レンタル)開始
公式サイト
R-15相当
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のスタッフが手掛ける作品といえば、ジャンルがすぐわかります。

映画『奈落のマイホーム』チャ・スンウォン/キム・ソンギュン/イ・グァンス/キム・ヘジュン

『奈落のマイホーム』
2022年11月11日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定キッズ&ティーン向き映画判定
この作品のように観てみないとどのジャンルに入るかわからない作品も多々ありますね。

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

© 2022 20th Century Studios.
©2023「嘘八百 なにわ夢の陣」製作委員会
© 2021 SHOWBOX AND THE TOWER PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP