MOPIE

参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『おとなの事情』

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

この作品のストーリーは、幼馴染み達が各自パートナーを連れて参加する食事会で、突如携帯電話を使った“信頼度確認”ゲームが始まり、お互いの秘密がどんどん暴かれていくというもの。自分でもこの状況だったらどうするか考えながら観てしまいますが、他の方達はどうするのか聞いてみたくなる内容ということで、井戸端鑑賞にピッタリの作品として今回MOPIEに選びました。映画と女子トーク両方同時に楽しみましょう!

※MOPIE、MOPIE PARK、井戸端鑑賞とは→こちら
※スタッフのマイソンとシャミも参加します。2人がどんな感じか気になる方はポッドキャストをお聞きください→こちら

MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ

<概要>

●今回の参加料:500円(税込み)
※お支払い方法はクレジットカードのみとなります。
●参加資格:今回は日本国内にお住まいのトーキョー女子映画部正式部員の方のみ
●場所:オンライン=zoomで実施します。
●日時:2021年10月8日(金)18時45分から受付/19時開始
●タイトル:『おとなの事情』字幕版(本編96分)

参加表明期限:2021年10月7日(木)17:59
参加料お支払い期限:2021年10月8日(金)昼12:59

協力:Mixalive TOKYO

<参加のルールと注意事項>

■お申込者ご本人のみでご自宅などお一人になれる場所でご参加ください。
■全員カメラオンでお互いの顔がわかる状態でご参加ください。
※ただし、トーキョー女子映画部の実施報告記事用にお写真を撮らせていただくことがありますが、その際は予めお伝えしますので撮影時のみお顔を隠すなどご対応ください。
■ホスト他参加者の皆様も上映中に自由にマイクオンで口頭でコメント、リアクションをして良いというスタイル(発言は任意)ですので、映画の音と参加者の声が被ることをご了承の上ご参加ください。また背景音やノイズが出ていると思われる方のマイクはホスト側でオフにすることがありますがご理解とご協力をお願いします。
■録画・録音は禁止です。キャプチャー(静止画)を撮るのもNGです。
■パソコンもしくは大きめのタブレット、有線LANもしくはWi-Fiでご参加ください。データ通信料はご参加者様のご負担になります。ご参加者様のデバイスや通信環境によって、映像が滑らかに見えないことがありますのでご了承の上ご参加ください。
■本編上映開始後のzoom入室はできません。なるべく開始5分前までにアクセスしていただきますようお願いします。
■キャンセルについては、お支払いがまだの場合は一切かかりません。お支払い済みの場合は、当日の昼12:59迄に本件案内メールに返信にてご連絡頂ければ返金いたします(返金処理に数日いただきます)。
■お手元に画用紙など手書きできるものや小さなホワイトボードなどをご用意いただくとさらに楽しめます{任意}。
■ご参加中の飲食OKです。

以上、皆様に安心して楽しくご参加いただくためのルールですので、ご理解とご協力をお願いします。ご参加方法、当日の受付方法は下記をご確認ください。

MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ロゴ基本版

<参加方法>

1:正式部員サイトにアクセスし、「部活・セミナー等」のページで、下記の該当するほうの参加ボタンを押してください。

A:『おとなの事情』は観たことがある  
B:『おとなの事情』を観るのは初めて

2:参加表明された方に次のお手続きのメールをお送りします。そのメールに記載のURLから参加料のお支払いをお願いします(クレジットカードのみ可)。

3:参加料のお支払いが確認できた方に、zoomの参加アドレス(URL)とパスワードをメールにてお送りいたします。

4:当日は、18:45から18:59までにzoomにアクセス(URLをクリックしてパスワード入力で入室か、zoom画面で番号とパスワードで入室のいずれも可)してください。最初Zoomにアクセスする際には、お名前でご本人と確認できた方に入室いただきますので、正式部員サイトでご登録のお名前フルネームを表示してください。受付にて整理番号をお伝えしますので、入室後にお名前欄を整理番号とニックネーム等にご変更ください。

    入室後の名前欄の例)024マイソン

※MOPIE PARKでの楽しみ方詳細は、本編鑑賞前にご説明します。
※zoomは事前にアプリをダウンロードしておくことをオススメします。こちらをご参照ください→zoom公式サイト

映画『おとなの事情』

『おとなの事情』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

監督:パオロ・ジェノヴェーゼ
出演:ジュゼッペ・バッティストン/アンナ・フォッリエッタ/マルコ・ジャリーニ/エドアルド・レオ/ヴァレリオ・マスタンドレア/アルバ・ロルヴァケル/カシア・スムトゥニアク
製作国:イタリア
メーカー:アンプラグド

ある夜、お互いに秘密を持たない気心の知れた仲間達がパートナーを連れて会食をすることに。集まった7人の男女は、ひょんなことからスマホを使った “信頼度確認”ゲームを始めるが、スマホに隠された“極秘の事実”が徐々に明らかになり…。

©Medusa Film 2015

プレオープン回はホラーコメディでワイワイ

MOPIE PARKプレオープン回『ゴースト・キラーズ -血塗られた少女の謎-』参加者集合写真
『ゴースト・キラーズ -血塗られた少女の謎-』GEO(ゲオ) のみDVDレンタル中!

ホラーを普段からよく観る方、実は苦手だという方と両方いらっしゃいましたが、本作がかなりのおバカ映画ということで笑いどころがたくさんありました。「皆で観ると楽しかった」「怖いシーンもあったけど皆がいると思うと大丈夫だった」など、楽しんでいただけたようです。ホラーは観ず嫌いの方が多そうですが、今後もMOPIE PARKでは取り上げて、その魅力を体感していただければと思っています。

©2018 Warner Bros Ent All Rights Reserved.

MOPIE PARK(ムーピー・パーク)オンライン参加者イメージ

私達はじっくり黙々と映画を堪能するスタイルをこれからも大事にしていきつつ、MOPIE PARKで行う井戸端鑑賞というスタイルも育み、映画の可能性を広げていきたいと考えています。今後もジャンルを問わず、権利元の許可を得られた作品でMOPIE PARKを実施していきますのでよろしくお願いします。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『TOVE/トーベ』アルマ・ポウスティ あなただけのキャリア10:偶然の出来事をチャンスにできるか【計画的な偶発性理論】

キャリア形成において、自分の特性と職業、働き方のの性質をマッチングさせて考える理論もありますが、今回は未決定であることが望ましいというユニークな考え方に基づく、ジョン・クランボルツによる【計画的な偶発性理論】をご紹介します。

映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ

チャニング・テイタムが主演を務めていた“G.I.ジョー”シリーズ前2作からメンバーを一新した今作は…

映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル アミューズメント・パーク

本作は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)や『ゾンビ』(1978)などで知られるジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた未発表の映画で…

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ミリセント・シモンズ ミリセント・シモンズ

2003年3月1日アメリカ生まれ。アメリカ全国規模のオーディションの末、『ワンダーストラック』(2017)で…

映画『47歳 人生のステータス』オースティン・エイブラムス オースティン・エイブラムス

1996年9月2日アメリカ生まれ。俳優、プロデューサー。『L.A. ギャング ストーリー』『ペーパータウン』…

映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン THE MOLE(ザ・モール)

本作はデンマークの平凡な⼀般市⺠が、CIAさえ情報を容易に掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引(武器密輸)の…

映画『〈主婦〉の学校』 〈主婦〉の学校

本作は、アイスランドのレイキャビクで1942年に創立された伝統ある“主婦の学校”の様子が映し出された…

映画『護られなかった者たちへ』緒形直人 緒形直人(おがた なおと)

1967年9月22日神奈川県生まれ。1988年に『優駿 ORACION』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞…

映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー 最後の決闘裁判

実話を基にしているということを思い出すと余計に驚愕するような内容で、時代や国は異なれど…

映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン Our Friend/アワー・フレンド

一組の夫婦とその親友が過ごした日々を綴った本作は、2015年、「Esquire」に掲載され全米雑誌賞を受賞したマシュー・ティーグ…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  2. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  3. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  4. 映画『〈主婦〉の学校』
  5. 映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー
  6. 映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン
  7. 映画『かそけきサンカヨウ』志田彩良/井浦新
  8. 映画『キャンディマン』
  9. 映画『PITY ある不幸な男』ヤニス・ドラコプロス
  10. 映画『メインストリーム』アンドリュー・ガーフィールド
PAGE TOP