ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に、“screenX=スクリーン・エックス”が初上陸

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に、“screenX=スクリーン・エックス”が初上陸2017年7月1日、東京都、お台場にある、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に、“screenX=スクリーン・エックス”が初上陸。
今回は、前日の体験会に取材に行ってきました。

ScreenXは、韓国のCJ CGV社が開発した革新的な映画上映システムで、2015年に韓国で導入されて以来、アメリカや中国をはじめ、世界各国108(2017年2月現在)のシアターで導入されているとのこと。ScreenXは正面スクリーンにプラスして、左右側面(壁面)を含め、270度の視界すべてに映像が映し出されるので、没入感がより感じられます。

ScreenX日本初上陸の記念すべき第1作品目は、7月1日より公開される『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)で、この日は同作の予告編が流されました。海のシーンでしたが、まさに大海原の中心にいるような感覚で、没入感が半端ありません。今回ScreenX用の映像は、本編中30分あるとのことですが、制作には6ヶ月もかかったとのこと。また、次の公開を控えている韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、最初からScreenXで上映することを想定して作られているようで、この日合わせて一部の映像を見ることができましたが、すごい臨場感でした。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に、“screenX=スクリーン・エックス”が初上陸

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場の支配人、大塚達徳氏は、「最初話を聞いただけの時は、懐疑的でしたが、実際の映像を観て、絶対に成功する、広めるべきだと思いました」と自信を持っていました。
鑑賞料は、通常の鑑賞料プラス700円とのことですが、1度体験してみる価値はあると思います。映画を観るという感覚から、映画を体験する感覚にどんどん変わりつつありますね。映画好きとして、今の時代に生まれたことを改めて幸せに思った1日でした。皆さんもぜひ、体感してみてください。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
東京都港区台場1丁目7-1 アクアシティお台場内
ScreenX 開業日 2017年7月1日(土)開業
導入スクリーン 13番スクリーン
ScreenX 観賞料金 通常観賞料金 プラス700円(税込)
アクアシティお台場公式サイト

関連記事

ぶきよう宇宙人の日記4:リニューアル作業が新鮮

ぶきよう宇宙人の日記3:さすが、ケタがちゃいますわ〜

“バンブルビーカフェ”&展示会“THE WORLD OF THE TRANSFORMERS”が池袋パルコにて開催!

ぶきよう宇宙人の日記2:断捨離で1ヶ月に2.5㎏減量成功!

ぶきよう宇宙人の日記1:書くことで心が落ちつく?

美しい景色、ラグジュアリーな空間で極上のリラックスタイム!【Okinawa Spa Resort EXES】

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です