映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ

ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介

映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』

漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ

ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

コットンテール【レビュー】

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

コヴェナント/約束の救出【レビュー】

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ

ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』

漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

コットンテール【レビュー】

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

コヴェナント/約束の救出【レビュー】

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉

映画好きが選んだ2023邦画ベスト

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ/加藤諒/益若つばさ

[2023年末映画]盛況ぶりランキング—認知度と盛り上が…

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン

『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版鑑賞度とハイブラ…

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン

『セックス・アンド・ザ・シティ』人気の理由【映画研究】映…

ピックアップ記事

  1. 映画『ハンガー・ゲーム0』トム・ブライス/レイチェル・ゼグラー
  2. 映画『ナポレオン』ホアキン・フェニックス
  3. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
  4. 映画『シャクラ』ドニー・イェン
  5. 映画『首』ビートたけし/西島秀俊/加瀬亮/中村獅童/木村祐一/遠藤憲一/勝村政信/寺島進/桐谷健太/浅野忠信/大森南朋
  6. 映画『パトリシア・ハイスミスに恋して』パトリシア・ハイスミス

編集部オススメ

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介
映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出…

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き(両方好き)」というグループ別(被験者間)●比較C:洋画を選ぶ際、邦画を…

  1. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  2. 映画『風よ あらしよ 劇場版』吉高由里子
  3. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ/加藤諒/益若つばさ [2023年末映画]盛況ぶりランキング—認知度と盛り上がり体感度 緊急調査結果発表/【映画研究】映画人心解剖14

2023年の冬の作品も粒ぞろいでありながら、ちゃんと皆に伝わっているのかなとふと思い、緊急調査を行いました。

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン 『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版鑑賞度とハイブランド所有に関連はある?【映画研究】映画人心解剖13

『セックス・アンド・ザ・シティ』を観ていると、たくさんのハイブランドが出てきます。素人が持つには難しそうなアイテムから、自分も欲しいと思うアイテムまで出てくるわけですが、本シリーズを観ている方達は、少なからずハイブランドへの憧れや親近感があるのではないかという仮説を立てて分析しました。

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン 『セックス・アンド・ザ・シティ』人気の理由【映画研究】映画人心解剖12

25周年を迎える『セックス・アンド・ザ・シティ』の魅力についてアンケートを実施し、統計的分析をやってみました。「1番好きなキャラクター」と「ビッグとエイダン、どっちがキャリーにふさわしい?」にも投票してもらいましたよ!

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ 映画好きが選んだクエンティン・タランティーノ監督人気作品ランキング

今回は、これまでクエンティン・タランティーノが監督をした作品(脚本担当作は除く)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。

Facebook

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

MENU

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
    プレゼント

イイ俳優セレクション

  1. 映画『スペース・プレイヤーズ』ソネクア・マーティン=グリーン
  2. 映画『PRINCE OF LEGEND』関口メンディー
  3. 映画『コカイン・ベア』レイ・リオッタ
  4. 映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン
  5. 映画『サーホー』プラバース
    プラバース

  6. 映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ケイト・ハドソン
  7. 映画『雨とあなたの物語』チョン・ウヒ
  8. 映画『地獄の花園』菜々緒/川栄李奈/大島美幸
    菜々緒

  9. 映画『博士と狂人』スティーヴン・ディレイン
  10. 映画『シング・フォー・ミー、ライル』ハビエル・バルデム
PAGE TOP