映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン

1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー

キキ・パーマー

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー

ドライビング・バニー

映画『ぼくらのよあけ』

『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン

リティク・ローシャン

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻

クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ

デビアスなメイドたち

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン

1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー

ドライビング・バニー

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ

デビアスなメイドたち

映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁

マイ・ブロークン・マリコ

映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ

アイ・アム まきもと

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー

海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ

映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール

キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング20…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ

海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

ピックアップ記事

  1. Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ミリー・ボビー・ブラウン/フィン・ヴォルフハルト/ノア・シュナップ/チャーリー・ヒートン/エドゥアルド・フランコ
  2. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  3. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン4』クリッシー・メッツ
  4. 映画『TANG タング』二宮和也
  5. 映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』カド・メラッド/タヴィッド・アラヤ
  6. 映画『ミニオンズ フィーバー』

編集部オススメ

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』⻄島秀俊/⼤森南朋
“善と悪は紙一重”特集

この特集では、善と悪について考えさせられる作品をご紹介。ゾッとするようなストーリーから、ホッコリさせられるストーリーまで、両面からお楽しみください。

  1. 映画『デリシュ!』グレゴリー・ガドゥボワ/イザベル・カレ
  2. 映画『ももいろクローバーZ ~アイドルの向こう側~〈特別上映版〉』百田夏菜子/玉井詩織/佐々木彩夏/高城れに
  3. 韓流ドラマ(バラエティ番組)『エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに!?~』

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

Facebook

MENU

イイ俳優セレクション

  1. 映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』イザイア・ムスタファ
  2. 映画『ゴーストブック おばけずかん』新垣結衣
  3. 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』エミリー・ブラント/ノア・ジュプ
  4. 映画『空白』奥野瑛太
  5. 映画『マティアス&マキシム』グザヴィエ・ドラン

デート向き映画判定

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  4. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  5. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  6. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  7. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  8. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  9. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
  10. 映画『3つの鍵』マルゲリータ・ブイ
    3つの鍵

PRESENT

  1. 映画『ぼくらのよあけ』
  2. 映画『パラレル・マザーズ』ペネロペ・クルス/ミレナ・スミット
  3. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
  4. 映画『あちらにいる鬼』寺島しのぶ
  5. 映画『夜明けまでバス停で』板谷由夏
PAGE TOP