NEWS:

イルミネーション・エンターテインメント最新作『グリンチ』が、12月14日より全国公開となります。本作は、アメリカでサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクター“グリンチ”の物語。そして先日、本作のワールドプレミアが開催されました。会場には、アメリカ版でグリンチ役の声優を務めたベネディクト・カンバーバッチをはじめ、超豪華キャスト陣が登場し、盛大に行われました。さらに、日本からは日本語吹替え版でグリンチの声を務める大泉洋、そしてグリンチと心を通わせる少女シンディ・ルーの吹替えを務める横溝菜帆が本プレミアに参加しました!


本作にちなんだグリーンカーペットにまず登場したのは大泉洋と横溝菜帆。大泉洋は、以前会見の際に「“カンバーバッチの声に合わせて作られた映像”に合わせて声をあてるのがものすごく大変だった」とコメントしていましたが、いざ現地に行くと「実際に会ったら、“Nice to meet you”で終わっちゃうかも知れないな…」と、弱気な様子(笑)。一方、横溝菜帆は、生まれて初めての海外プレミアにドキドキかと思いきや「楽しみです!」と頼もしい一言。

その後、本作のプロデューサーで、イルミネーションのCEOであり、大泉洋にグリンチ役の“お墨付き”を与えた張本人クリス・メレダンドリが登場。大泉洋が深々と頭を下げ挨拶すると、クリス・メレダンドリは「僕達の映画に出演してくれてありがとう!ここで会うことができてとっても嬉しいよ!」と話しました。


そしてついに、本国のグリンチ役ベネディクト・カンバーバッチが登場!大泉洋はカンバーバッチと会うと「Japanese Grinch!」と名乗り、カンバーバッチも「Fantastic!」と応えました。さらに「この役は演じるのが楽しかったんじゃないかい?」と、同じグリンチを演じたもの同士で、グリンチの魅力を語り合いました。


カンバーバッチは映画を楽しみにしている観客に向けて「本作はユーモアとウィットに富んだ心温まるストーリーや、色鮮やかな映像といったイルミネーションならではの魅力が強く形作られた素晴らしい映画に仕上がっているんだ。だから小さな子どもたちや家族のみんなを含め、大勢の人々が劇場に足を運んでくれることを祈っているよ」とコメントしました。


プレミアイベントを終えた大泉洋は思わず「これがアメリカか!カオスのような雰囲気」と口にし、カンバーバッチと対面を果たしたことについては「あっという間だった。物腰の柔らかい方だった」と語りました。日米のグリンチで顔を合わせるとは夢のようですね!字幕版、日本語吹き替え版共にぜひお楽しみください。

『グリンチ』
2018年12月14日より全国公開
公式サイト
©2018 UNIVERSAL STUDIOS

関連記事:
イイ男セレクション/ベネディクト・カンバーバッチ
イイ男セレクション/大泉洋

関連記事

『オーシャンズ8』のオリジナルネイルアートができる!ブルーレイ&DVDリリース記念コラボレーション企画実施

ソフィア・カーソン、NCT127、クリステン・ベルなど豪華ゲストが登場!『ミッキーマウス90周年の祭典』が放送

憧れの<ピクサー・アニメーション・スタジオ>に行けるかも?『ディズニー/ピクサー 20タイトル コレクション』発売記念キャンペーンが実施中!

クイーンのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー&日本からは布袋寅泰が登場!『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミア

【WARNER LARGE JACKET COLLECTION】LP ジャケット仕様ブルーレイ発売!

ピーター・ジャクソン&アンディ・サーキスの2ショット再び!『移動都市/モータル・エンジン』NYコミコン

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です