REVIEW

DOGMAN ドッグマン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

REVIEW

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した作品です。公式資料によると、着想を得たのは「5歳の我が子を監禁した家族」についての記事。ベッソン監督は、この事件の被害者である子どもが、精神的にどのような影響を受け、どのように生き延び、苦痛をどう受けとめていくのかというような疑問を探求したいと思ったとあります。
主人公は、トラックの荷台に十数匹の犬を乗せて走っていた女装の男(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)。ただならぬ様子でトラックを運転中だった、その人物は警察の検問で止められ拘置所に連れて行かれます。警察に雇われた精神科医のエヴリン・デッカー(ジョージョー・T・ギッブス)が名前を聞くと、彼はダグラスと名乗り、徐々に生い立ちやこれまでどう生き抜いてきたかを少しずつ話し始めます。
本作はダークでシリアスな世界観でありながら、ダグラスと犬達のやり取りにはホッコリします。ダグラスはドッグマンの異名の通り、犬との絆が深く、まるで会話をするように意思の疎通ができています。そして、ダグラスの指示を正確に守る犬達が本当に賢くて驚くのと同時に、それを演じている役者としてのワンちゃん自身の賢さにも感動します。合わせて陰の立役者となるドッグトレーナーさんも本当にスゴいと思います。犬版『ホーム・アローン』のようなシーンもあるので、楽しみにしてください。
そして、何といってもケイレブ・ランドリー・ジョーンズの演技が見事です。ダグラスが元々持っている優しい一面と、壮絶な家庭環境を生き延びることで培われたのであろう野生的な一面など、複数の“顔”を持ったダグラスの複雑な内面をリアルに体現しています。前述の公式資料で、ベッソン監督は「ケイレブ・ランドリー・ジョーンズでなければこの作品は完成しなかった」と述べており、本作を観た方もきっと同意見を持つと思います。
リュック・ベッソン監督がこれまで何度も創作してきた、不屈の主人公の悲しい物語のシリーズにまた1つ傑作が加わりました。良い意味でとても映画的な作品です。この世界観にどっぷり浸ってお楽しみください。

デート向き映画判定

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

バイオレンスシーンがあり、悲壮感が漂う作品なので、ロマンチックなムードに浸りたい日のデートには向かないと思います。一方で、カップルで観ても気まずくなるような展開はほぼなく、作品としては見応えがあり、印象に残るシーンも多いので、映画トークを楽しみたい日のデートには向いています。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

皆さんと同じ年頃の少年が犬達と強い絆を作り、必死の思いで生き抜く姿が描かれている上に、ワンちゃん達が大活躍するストーリーという点では、一見キッズの皆さんにもオススメの映画に思えるかもしれませんが、クライムサスペンスということで、刺激が強いところもあります。歪んだ家族関係がベースにある点でも、親子で楽しく観られるタイプの映画ではないので、中学生くらいになってから、1人でじっくり観るか、友達と観るほうが良いでしょう。

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

『DOGMAN ドッグマン』
2024年3月8日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© Photo: Shanna Besson – 2023 –LBP – EuropaCorp – TF1 Films Production – All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP