特集

  1. 映画『大統領の料理人』カトリーヌ・フロ

    映画で“食”について考えてみよう5:誰かと一緒に食事をすることで、栄養の吸収率がUP!?

    皆さんは食事をする理由について考えたことがありますか?私達が食事をすることの1番の理由は、生きていくために欠かすことのできないエネルギーと栄養を補給するためですが、実はそれだけではない大切な理由があります。

  2. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』チョン・ユミ

    心理学から観る映画22:産後うつの知られざる背景とは

    子育ては尊い、母は偉大である…。もちろんその通りなのだと思いますが、逆にその一般的なイメージが…

  3. ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像

    あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

    どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

  4. 映画『食べる女』小泉今日子

    映画で“食”について考えてみよう4:体内時計を意識して、より効率的に栄養摂取

    今回は、日本の食生活の現状と体に良い&あまり良くない食事の摂り方について考えていきたいと思います。

  5. 映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ

    あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

    「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

  6. 映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

    心理学から観る映画21:何をもって“自閉症”というのか

  7. 映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード

    ジャーナリズムの意義を問う映画特集

  8. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

    映画で“食”について考えてみよう3:まめに冷蔵庫内をチェックして食品ロス削減に貢献

  9. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ/シャイア・ラブーフ

    心理学から観る映画20:克服するため敢えて不安や恐怖を感じる状況にさらす曝露療法(エクスポージャー)

  10. 仕事探しのイメージ(JOBロゴ)写真AC

    あなただけのキャリア2-2:「好きな仕事をする」の意味を考える<2>

  11. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール

    心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

  12. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ

    心理学から観る映画18:“無意識”は人間の心の健康にどう関わってる?

  13. 映画『今日から俺は!!劇場版』賀来賢人/伊藤健太郎

    たまに無性に観たくなる!ヤンキー映画特集

  14. 映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

    映画で“食”について考えてみよう2:旬の食材は体とお財布にとってお得なことだらけ!

  15. 映画『ソニック・ザ・ムービー』ジム・キャリー

    あなただけのキャリア2-1:「好きな仕事をする」の意味を考える<1>

  16. 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』

    心理学から観る映画17:性的暴力は被害者に何をもたらすのか

  17. 映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ

    心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

  18. 映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

    心理学から観る映画15-2:人格や人間関係に大きく影響する“愛着”の問題

  19. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

    皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

  20. 映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

    心理学から観る映画15-1:『ドクター・ドリトル』ゴリラのチッチが手放さないブランケットが意味するもの

  21. 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠/西島秀俊

    あなただけのキャリア1:コロナ禍の新卒者はどうしてる?

  22. 映画『許された子どもたち』ワークショップ:いじめのロールプレイ

    心理学から観る映画14:いじめっ子がいじめをする本当の理由とは?

  23. 映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香/浜野謙太/草刈正雄

    映画で“食”について考えてみよう1:日本の食卓の問題6つの“こ食”

  24. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生

    心理学から観る映画13:芸術活動が人間の心に及ぼす効果とは?

  25. 映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス

    楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

  26. 映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉

    心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

  27. 映画『ザ・サークル』エマ・ワトソン

    心理学から観る映画12-1:自分への誹謗中傷を無視できない理由

  28. 銃イメージ画像

    あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

  29. クリント・イーストウッドーザ・シネマ特集放送

    今年90歳を迎えるクリント・イーストウッド監督作を観よう!

  30. 映画『僕がジョンと呼ばれるまで』

    心理学から観る映画11-2:認知症でも諦めない

  31. 映画『記憶にございません!』中井貴一/ディーン・フジオカ/石田ゆり子/草刈正雄/佐藤浩市/小池栄子/斉藤由貴/木村佳乃/吉田羊

    心理学から観る映画11-1:記憶はその人を作る

新着記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル PLAY 25年分のラストシーン

「25年分のラストシーン」ってどういう意味なんだろうと思いながら観てみたら…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP