特集

  1. 秋の女神イメージ写真AC

    みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

    この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

  2. 映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

    10代で出会うべき映画特集2019秋

    この秋、10代に刺さりそうな映画が一気に公開されますので、ここでドドッとご紹介しておきたいと思います。説教じみた意味で観て欲しいわけではなく、自分が10代の時にこの映画に出会っていたら、間違いなく気持ちがすごく動いたであろうという個人的な物差しでチョイスしてみました。

  3. 映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

    映画を観て考える、子どもの心〜児童虐待と家庭の問題〜

    児童虐待に関するニュースが後を絶ちませんが、厚生労働省による調査では、平成24年度の虐待対応件数は66,701件で、統計を取り始めてから毎年増加、平成11年度の約5.7倍となっています。また、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが発表しているデータでは、平成30年時点で…

  4. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ

    スター懐かしの子役時代作品特集1

    今回は、今や大スターになっている俳優の子役時代の作品を振り返る特集第1弾をお届けします。近日劇場公開される作品に出演のキャストにまつわる過去作をご紹介しますので、劇場最新作と合わせてぜひご覧ください。

  5. 映画『ピアッシング』

    なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1

    どうしようもない気分にさせられる映画ってありますよね。今回はそんな映画を集めてみました。

  6. 映画『パピヨン』チェーリー・ハナム

    マッチョの山に思いを馳せてvol.16

  7. 映画『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー来日

    “俳優と監督”両刀使いのスター特集Vol.1

  8. 映画『パージ:エクスペリメント』ジェイソン・ブラムプロデューサー

    プロデューサーで選ぶ映画特集:ジェイソン・ブラム

  9. アメリカン“バッド”ドリーム:アメリカの実態をより知るためのオススメ観賞順序『バイス』ほか

    アメリカン“バッド”ドリーム

  10. トーキョー女子映画部ロゴ

    バックナンバーや一覧はこちら

  11. トーキョー親子映画部(in トーキョー女子映画部)

    トーキョー親子映画部

新着記事

映画『見えない目撃者』國村隼 國村隼(くにむら じゅん)

1955年大阪府生まれ。圧倒的な存在感と確かな演技力で国内だけにとどまらず、『ブラック・レイン』『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』『キル・ビル』『KOKORO』『マンハント』など多くの海外作品にも出演。2017年に…

映画『ジェミニマン』公開記念来日トークセッション:ウィル・スミス、アン・リー監督、ジェリー・ブラッカイマー(製作)/バイリンガールちか(YouTubeクリエイター代表ゲスト) 「自分が本当に好きなもの、愛するものを表現しろ」ウィル・スミス、アン・リー監督、ブラッカイマーが熱弁『ジェミニマン』来日

3DHFR(ハイ・フレーム・レート)を使い、驚異の映像を実現した本作の公開を間近に控え、主演のウィル・スミスと、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが来日しました。今回のイベントにはYouTubeクリエイターが参加し、クリエイター目線の質問を中心に濃厚なお話が聞けました。

映画『アイネクライネナハトムジーク』原田泰造 原田泰造(はらだ たいぞう)

1970年3月24日、東京都生まれ。1993年お笑いトリオ“ネプチューン”を結成。人気芸人として活動する一方で、演技の評価も高く2000年にドラマ『編集王』で単独初主演を飾る。近年の代表作に…

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン エマ・ストーン、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグら豪華キャストが集結!『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア

11月22日に日本公開となる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』。先日、本作のワールドプレミアがLAで開催され、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン、ルーベン・フライシャー監督が登場しました。前作から10年ぶりの続編となる本作について熱く語りました!

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』ヘンリー・ラウ ヘンリー・ラウ

1989年カナダ、トロント生まれ。ボストンのバークリー音楽大学卒業。音楽、映画、ダンスを始めとする複数の分野で活躍するアーティストで…

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙 超・少年探偵団NEO −Beginning−

タイトルに“Beginning”とあるように、少年探偵団が結成されるまでを描いているので、チームでの探偵活動というよりは…

映画『アイネクライネナハトムジーク』萩原利久 萩原利久(はぎわら りく)

1999年2月28日、埼玉県生まれ。9歳でデビューし、その後数々のドラマや映画作品に出演しキャリアを重ねる。2016年には『ちはやふる 上の句/下の句』『金メダル男』『オケ老人!』と…

おすすめ記事

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 演技力部門編>

今回は30代俳優の演技力部門のランキングを発表します!俳優として最も重要な要素と言っても過言ではない演技力。TOP20には一体どの俳優がランクインしたのでしょうか!?

映画『ハード・コア』山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、30代俳優の個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表します!1位はもちろん、上位を争ったのはどの俳優達なのでしょうか?

映画『伊藤くん A to E』完成披露舞台挨拶、岡田将生 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

前回発表した国内20代俳優に続き、今回から国内30代俳優についてのランキングを発表!編集部スタッフ…

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP