REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子

    今日も嫌がらせ弁当

    篠原涼子は、こういう役をやらせたらピカイチですね。チャキチャキの母親のキャラクターにとても共感できます。愛情たっぷりで、子どもにもそれが伝わっているはずなのに…

  2. 映画『凪待ち』香取慎吾

    凪待ち

    ある殺人事件が起こりますが、犯人捜しをするのがメインのお話ではありません。ギャンブルに溺れ、恋人に甘えて暮らしていた男が、心を入れ替えられるか否かを追うストーリーが軸になっていて…

  3. 映画『ハッピー・デス・デイ』ジェシカ・ロース

    ハッピー・デス・デイ

    期待を相当上回る内容の濃い作品。ただのホラー映画ではなく、意外に深いテーマを扱っていて、ユーモアのセンスも抜群。主人公ツリーが最初はビッチ…

  4. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ヨアンナ・クーリク/トマシュ・コット

    COLD WAR あの歌、2つの心

    くっついたり離れたりしながら、他の誰かと付き合っている時も、お互いが自分の一部になっていて、会っていなくてもずっと繋がっていて、魂で繋がる、運命で繋がる2人ってこういうことだと…

  5. 映画『ジョナサン -ふたつの顔の男-』アンセル・エルゴート

    ジョナサン -ふたつの顔の男-

    タイトルから何となくどんな話かは想像できるかも知れませんが、観てみると少し変わった設定です…

  6. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ステファノ・アコルシ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ステファニア・サンドレッリ/イヴァノ・マレスコッティ/クラウディア・ジェリーニ/ヴァレリア・ソラリーノ/サンドラ・ミーロ

    家族にサルーテ!イスキア島は大騒動

  7. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク

    神と共に 第二章:因と縁

  8. 映画『きみと、波にのれたら』

    きみと、波にのれたら

  9. 新聞記者

  10. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン

    メン・イン・ブラック:インターナショナル

  11. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月

    ザ・ファブル

  12. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

    パピヨン

  13. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

    ある町の高い煙突

  14. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

    ハウス・ジャック・ビルト

  15. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン

    X-MEN:ダーク・フェニックス

  16. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

    ウィーアーリトルゾンビーズ

  17. 映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

    泣くな赤鬼

  18. 映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

    旅のおわり世界のはじまり

  19. 映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

    ガラスの城の約束

  20. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

  21. 映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

    パージ:エクスペリメント

  22. 映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

    メモリーズ・オブ・サマー

  23. 映画『町田くんの世界』細田佳央太/関水渚

    町田くんの世界

  24. 映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

    アラジン

  25. 映画『パドマーワト 女神の誕生』ディーピカー・パードゥコーン

    パドマーワト 女神の誕生

  26. 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 』ダヌーシュ

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

  27. 映画『海獣の子供』

    海獣の子供

  28. 映画『アナと世界の終わり』エラ・ハント

    アナと世界の終わり

  29. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

    バーフバリ2 王の凱旋

  30. 映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

    バーフバリ 伝説誕生

  31. 映画『誰もがそれを知っている』ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス

    誰もがそれを知っている

新着記事

映画『ザ・ファブル』福士蒼汰 福士蒼汰(ふくし そうた)

1993年5月30日、東京都生まれ。2011年、TVドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビュー。同年に『仮面ライダーフォーゼ』でドラマ初主演を飾る。その後2013年に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子 今日も嫌がらせ弁当

篠原涼子は、こういう役をやらせたらピカイチですね。チャキチャキの母親のキャラクターにとても共感できます。愛情たっぷりで、子どもにもそれが伝わっているはずなのに…

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』永瀬正敏 永瀬正敏(ながせ まさとし)

1983年にデビュー以降、ジム・ジャームッシュ監督『ミステリー・トレイン』や、クララ・ロー監督『アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン』などに出演し、1991年に山田洋次監督作『息子』で…

映画『凪待ち』香取慎吾 凪待ち

ある殺人事件が起こりますが、犯人捜しをするのがメインのお話ではありません。ギャンブルに溺れ、恋人に甘えて暮らしていた男が、心を入れ替えられるか否かを追うストーリーが軸になっていて…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク キム・ドンウク

1983年7月29日生まれ。高校3年生の時にパク・シニャン主演映画『キリマンジャロ』を観て俳優になる夢を抱き、韓国芸術総合学校演劇院で学ぶ。その後…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク D.O.(ディオ)

1993年1月12日生まれ。姓であるDOから芸名をD.O.(ディオ)とし、K-POPボーイズグループEXOのメインボーカルを務め、絶大な人気を誇る。映画は…

映画『神と共に 第二章:因と縁』マ・ドンソク マ・ドンソク

1971年生まれ。1980年代末に家族と共にアメリカへ移住し、コロンバス州立大学体育学科を卒業。格闘家の個人トレーナーなど、さまざまな仕事を経験した後、2005年にSF歴史活劇『天軍』で映画デビュー。その後…

おすすめ記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP