取材&インタビュー

『第三夫人と髪飾り』アッシュ・メイフェア監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『第三夫人と髪飾り』アッシュ・メイフェア監督インタビュー

14歳で嫁ぎ、世継ぎを生むことを望まれて生きる少女の物語『第三夫人と髪飾り』は、アッシュ・メイフェア監督自身の曾祖母の実話をベースにした作品です。そして本作はベトナム国内で公開後、4日間で上映禁止となりましたが、今回、監督にその背景についてお話をお聞きしました。

<PROFILE>
アッシュ・メイフェア
ベトナムで生まれ育ち、14歳から欧米に渡る。ニューヨーク大学の大学院で映画制作を学び、美術学修士号を取得。“The Silver Man(原題)”“No Exit(原題)”などの短編映画が多くの国際映画祭で上映された。そして、『第三夫人と髪飾り』で長編デビュー。本作の脚本は、2014年スパイク・リー プロダクション ファンドを受賞、さらに、ニューヨーク大学卒業生の最優秀脚本賞NYUパープルリスト2015にも選出された。また、トラン・アン・ユン監督とファン・ダン・ジー監督が主催するワークショップ<オータム・ミーティング>では、2015年のグランプリを受賞、香港アジア・フィルム・ファイナンシング・フォーラム2016の国外作品部門最優秀賞、インディペンデント・フィルムメーカーズ・プロジェクト・ニューヨーク2017の10作品に選出されるなど注目を集めた。その後、5年の歳月をかけて映画を完成させ、これまでに世界各国の51の映画祭で上映され(2019年7月現在)、第43回トロント国際映画祭NETPAC 賞(最優秀アジア映画賞)、第66回サンセバスチャン国際映画祭TVE – Another Look賞、第23回ミラノ国際映画祭スペシャルメンション賞、第40回カイロ国際映画祭 最優秀芸術貢献賞、第54回シカゴ国際映画祭新人監督部門 ゴールド・ヒューゴ賞(最優秀作品賞)など多くの賞を獲得した。

上映禁止を覚悟で、監督がベトナムで公開しようとした理由とは

映画『第三夫人と髪飾り』グエン・フオン・チャー・ミー

マイソン:
日本にもお妾さんがいるような時代もあり、私の身近なところにも、一夫多妻制ではないですが、子どもを作るために離婚と再婚をした人がいて、それを聞いた時は衝撃を受けました。監督はご家族からこのお話を聞いた時、どう思いましたか?

アッシュ・メイフェア監督:
私は実際にこういう女性達に囲まれて育ってきたので、そういうことがあるのは十分わかっていましたし、祖父には何人も奧さんがいて、子どももいっぱいいて、ある意味お互いがお互いの子どもを育てているような感じだったので、それが普通だと思ってしまっていたんです。ですが、ベトナムを離れて、すごく若い女の子が強制的に結婚をさせられるのはあまり良くないことだなと気が付きました。私の曾祖母は14歳で結婚させられ、祖母も14歳ではないですが、やはり若いうちに家族が勝手に決めたお見合いで、というか強制的に結婚させられたんです。そういうことが本当は良くないことなんだと気が付いて、そしたら家族における女性の役割とか、社会における女性の役割について疑問を持ち始めて、声を上げたほうが良いんじゃないかと考えるようになったんです。

映画『第三夫人と髪飾り』

マイソン:
海外に出られたことで、気付かれたんですね。

アッシュ・メイフェア監督:
はい。外に出て気が付いたということもあるんですが、同時にこれは私の家族の話だけじゃないということにも気が付きました。実は多くの人が、映画を観た後に「実は私の祖母が第三夫人だったんです」とか、「母親は家族が決めた人と強制的に結婚させられたんです」っていう話をしてくれたんです。この映画で70以上の映画祭を回ったんですけど、どこでQ&Aをしても「まるで私の家族を見ているようでした」って言ってくれる人が多かったので、これは普遍的な物語であると思いました。

マイソン:
テーマ自体が良い意味でも悪い意味でも好奇の目を集めてしまうというか、官能的な描写とか第三夫人っていうテーマにすごく引っ張られて観る方もいると思うのですが、描写する時に気を付けたところはありますか?

アッシュ・メイフェア監督:
それについては心配していなかったんです。誰が何を言っても気にしないということだと思うんですけど。というのは、私はそこに真実があると思ったんです。官能性もセクシュアリティも女性であることの一部です。これは女の子の成長物語で、その中で感情的な旅路があるわけですが、体が成長して変わっていく、欲望も目覚めていくということは、その一部です。そういう意味ですごくフェミニスト的でもあるし、女性であることを祝福している映画なんですね。出産や官能性もすべてを抱きとめるということは女性性を祝福するということです。官能とか欲望について3人の妻達の間で話をしたりするというのは、私にとっては真実であり美しいことだと思っているので、それはそのまま心配せずに出しました。

映画『第三夫人と髪飾り』グエン・フオン・チャー・ミー

マイソン:
ベトナムでは公開から4日間で上映が中止されたと聞きましたが、上映前にこういうことは想定されていましたか?

アッシュ・メイフェア監督:
ベトナムはアーティストを抑圧してきた長い歴史があって、検閲があったり、表現の自由が制限されてきました。この映画は攻撃されるだろうというのは予想していました。というのは、女性のセクシュアリティの話をしていますし、何千年も続く女性の抑圧を背景にした女性のエンパワーメントについての話をしているので、批判されるのはわかっていました。それでもリスクをとって、ベトナム国内で上映しようと思った大きな理由は2つあります。1つは私の祖父母がまだベトナムに暮らしていて、大きなスクリーンで自分達の家族の話を観てもらいたかったんです。もう1つは、若いベトナムのアーティスト達に、自分が表現したいことを表現して良い、恐れなくて良いということを伝えたかったんです。ベトナムのフィルムメーカーは、国外の映画祭では発表するんですけど、国内では攻撃を恐れて上映しないことが多いんです。だけど、国内で上映しても良いんだということを見せたかった。たしかに4日後に上映禁止になりましたが、たくさんの人が観て、それについて話ができる。ということでこの映画はベトナムの映画史に残るわけですよね。なので、若いアーティスト達に諦めずにできるだけ良いものを作る、妥協しないでできるだけ良いものを作る、自分にとって真実であるものを作るということを感じてもらいたかったんです。

映画『第三夫人と髪飾り』トラン・ヌー・イェン・ケー/グエン・フオン・チャー・ミー/イ・トゥー・フオン(Maya)

マイソン:
今ベトナムで女性の地位、環境は変わってきましたか?希望が持てるところはありますか?

アッシュ・メイフェア監督:
正直なところ、私は恐れを感じています。今の政治状況を鑑みると、女性の権利をどんどん剥奪するような方向にあると思うんです。私はニューヨークとベトナムを行ったり来たりしていますが、アメリカでは今の政府がLGBTとか、中絶する権利を守る法律を攻撃していますし、ベトナムは女性を黙らせる非常に性差別の強い社会で、その長い歴史があるんですね。なので、私はアーティスト、特に女性のアーティストは、法律を作る人達と一緒に決断して、女性をもっと守る方向にいって欲しいと思っています。またその意識を上げて欲しいと思っているんですが、現状に関しては、両政府に対して恐れを持っています。

美術監修を務めたトラン・アン・ユン監督とのコラボ

映画『第三夫人と髪飾り』アッシュ・メイフェア監督インタビュー

アッシュ・メイフェア監督:
撮影の3年前に若い映画監督向けのワークショップがあって、そこで出会ったんです。それですごく良い師弟関係を築けて、「実は自分の家族の話で脚本を書こうと思っていて…」と、この映画の話をしたんです。彼とはいろいろな話し合いをして、書いていくプロセスで非常に大切なことを教わりました。それは映画という媒体に対して、真実だと思うものは何か、美しいものは何かということを常に自分に問いなさいということでした。つまり自分にとって映画とは何かを問い続けろということだと思います。監督としてどんな決断をする時にも、何が真実なのか、何が美なのかということを常に考えなければいけない。それがあらゆる決断の核にあるということを教わったんです。私はまだそれに対する答えは持っていないんですけど、哲学的な挑戦を受けたような気がします。何十年かしたら、映画監督としての決断力を得て、何が真実で、何が美なのか、すぐに選べるようになっていると良いんですけど。

2019年9月5日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『第三夫人と髪飾り』グエン・フオン・チャー・ミー

『第三夫人と髪飾り』
2019年10月11日より全国順次公開
R-15+
監督・脚本:アッシュ・メイフェア
出演:トラン・ヌー・イェン・ケー/グエン・フオン・チャー・ミー/マイ・トゥー・フオン(Maya)/グエン・ニュー・クイン
配給:クレストインターナショナル

19世紀の北ベトナムで、絹の里を治めている大地主のもとに、14歳のメイが第三夫人として嫁いでくる。世継ぎの誕生が期待される状況で、メイは第一夫人、第二夫人に見守られながら穏やかな日々を過ごしていたが、次第にそこで女性達に課せられている責任の重さや、女性の扱いの違いの意味を知っていく。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© copyright Mayfair Pictures.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 悪魔はいつもそこに

トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソン、ミア・ワシコウスカ、ジェイソン・クラーク、セバスチャン・スタン、ハリー・メリングなど、キャストの豪華さ…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ウェバー ダニエル・ウェバー

1988年6月28日、オーストラリア生まれ。グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジに入学し、技術者として働いた後…

映画『トロールズ ミュージック★パワー』 トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが…

映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー クライマーズ

チョモランマの登頂をテーマにした作品は、これまでにいくつもありますが、本作では史実をベースに中国の登山隊がチョモランマに…

映画『クライマーズ』ウー・ジン ウー・ジン

1974年4月3日中国生まれ。1995年、ユエン・ウーピンに見い出され、香港映画『マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限2』で…

映画『食べる女』小泉今日子 映画で“食”について考えてみよう4:体内時計を意識して、より効率的に栄養摂取

今回は、日本の食生活の現状と体に良い&あまり良くない食事の摂り方について考えていきたいと思います。

映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版) アダムス・ファミリー

実写版の『アダムス・ファミリー』(1991)もビジュアルインパクトが強烈で、お馴染みのテーマソングも…

Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー ザ・ファイブ・ブラッズ

“Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)”という言葉をよく耳にするようになり、最近では…

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー 『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

『フェアウェル』で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル エマ、愛の罠

ラブストーリーなのかなと思いきや、ただのラブストーリーではなく、軸はエマという女性がある問題を解決するために…

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  2. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  3. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  4. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  5. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  6. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  7. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン
  8. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ
  9. 映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ラドクリフ/ダニエル・ウェバー
  10. 映画『Daughters』三吉彩花/阿部純子
    Daughters

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP