REVIEW

違国日記【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩

REVIEW

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は、15歳の少女と小説家の叔母の二人暮らしの様子を描いています。交通事故で両親を亡くした朝(早瀬憩)はどこに身を寄せたら良いのか不安になっているなか、叔母の槙生=まきお(新垣結衣)から同居という選択肢を提示されます。ただし、槙生は姉である朝の母とは犬猿の仲で、同居はしても姪である朝のことを愛せるかはわからないと断言。それでも朝は槙生と暮らすことにします。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩

相手がまだ15歳だろうが、自分の正直な気持ちをぶつける槙生のキャラクターにまず共感します。槙生の言動は一見朝を突き放しているようでいて、朝を子どもではなく一人前の人間として、朝の意思を何より尊重している点で優しさを感じます。そして、一見やさぐれているようでいて、中身は熱い部分にも魅力を感じます。この槙生の多面性を新垣結衣が見事に演じています。屈託のない朝のキャラクターにも好感が持てます。早瀬憩は朝のあどけなさを上手く表現していて、観る側に癒やしを与えてくれます。

映画『違国日記』新垣結衣/夏帆

生きていれば、誰にでも苦手な人、嫌いな人がいるはず。その人と会わなくなっても、心にはずっとしこりが残ったままでいることもあると思います。そんなしこりから目を逸らさずにありのまま受け止めている槙生の様子を見ていると、少し心がほぐれます。そして、相手を嫌いなら嫌いで良いはずなのに、ずっとしこりが残るのは、その人に優しさがあるからかもしれません。だからこそ、相手を嫌いにもかかわらず、なぜか自分だけ罪悪感が手放せない。そんなジレンマを抱えている人を、本作は正直さと優しさで包んでくれます。

デート向き映画判定

映画『違国日記』新垣結衣/瀬戸康史

不器用な槙生の恋愛関係も描かれているので、こういう距離の取り方もあるのだなと参考になる部分があるでしょう。人に頼るのが苦手な方、逆にそんな相手を好きになってどうしたら良いかわからない方は、本作で描かれている槙生と笠町信吾(瀬戸康史)の関係性を見ると、焦りが軽減して、少し光が見えてくるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『違国日記』早瀬憩/伊礼姫奈

朝が家や学校で経験する出来事は、皆さんにとっても身近な事柄なので、等身大で観られると思います。ある程度の年齢になるまで、いろいろな判断は親がしてくれます。でも、両親を失い、槙生と暮らすことになった朝は、自分で決めることを求められるようになります。自分の決断の結果を目の当たりにするのは最初は怖いかもしれませんが、朝の姿に勇気をもらえると思います。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩

『違国日記』
2024年6月7日より全国公開
東京テアトル
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP