REVIEW

GOTHAM/ゴッサム

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/ドナル・ローグ/デヴィッド・マズーズ/ショーン・パートウィー/モリーナ・パッカリン/ロビン・ロード・テイラー/キャムレン・ビコンドヴァ/ジェイダ・ピンケット=スミス/エリン・リチャーズ/コリー・マイケル・スミス

ファイナル・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』

前シーズンで本土への橋が破壊され孤島の無法地帯となってしまったゴッサムシティ。逃げ遅れた人達を守るためにゴッサムシティに残ったゴードンやブルース達は、街を混乱に陥れる犯罪者達に手を焼き、食糧難にも悩まされ、窮地に追いやられていきます。そんななか、ジェレマイア(後のジョーカー)はブルースへの執着から再びある計画を進めようと水面下で動いていたり、遂にベインが登場したり、本シリーズで最大の局面を迎えます。死んだはずの人達も生き返るので、もう何でもありだなという勢いも楽しいですよ(笑)。さらに、ゴードンの恋愛模様も複雑さを極めます。本シリーズで一番意外だったのは、ゴードンがこんなに恋多き男だったということですが、彼の女性問題がストーリーをよりドラマチックにしているのでよしとしましょう(笑)。バットマン、ゴッサムシティにまつわる作品は映画も含めて、いろいろあるので、それぞれにキャラクター設定などが異なりますが、本シリーズも設定がユニークでとても見応えがありました。最後のエピソードは、「ビギニング」というタイトルがついていますが、バットマン誕生までを描いてきれいに終わります。ファースト・シーズンから振り返ると、ゴッサムシティの変貌ぶりが激しいですが、軸を持ちつつ、始まりと終わりでドラマのトーンがガラッと変わるので飽きずに観られます。5シーズンで完結って、ちょうど良いくらいではないかと思うので、まだ手をつけていない人、アメコミが好きな人はぜひご覧ください。

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』
2019年9月20日DVDレンタル開始、11月6日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson


フォース・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/ロビン・ロード・テイラー

私達の知る(数々の映画で観てきた)ゴッサムシティの様相が色濃く出てくる今シーズン。シーズン1、2あたりまでは、ゴッサムシティの権力争いが軸になっていて、マフィアもののイメージが強かったですが、シーズン3あたりから、ヴィランの暴れっぷりが加速化し、今シーズンで一気に盛り上がります。前シーズンでは、ペンギンとニグマのワチャワチャした関係が微笑ましくもありましたが、今シーズンでは他のキャラクターも含めて、手を組んだり裏切ったり、激しい関係性の変化がとてもドラマチックに描かれています。また、いなくなったはずの人達も再び現れたりすることで、それに関わるキャラクターそれぞれの情緒的な変化も見ものです。そして、ブルースがバットマンになりつつある過程や、ジョーカーの知られざる秘密など、観るのをやめられないおもしろさが満載です。次のファイナルシーズンまで一気にいけちゃいますよ!

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』
2018年11月2日DVDレンタル開始、11月14日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson

ファースト・シーズン〜サード・シーズンのREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP