REVIEW

GOTHAM/ゴッサム

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/ドナル・ローグ/デヴィッド・マズーズ/ショーン・パートウィー/モリーナ・パッカリン/ロビン・ロード・テイラー/キャムレン・ビコンドヴァ/ジェイダ・ピンケット=スミス/エリン・リチャーズ/コリー・マイケル・スミス

ファイナル・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』

前シーズンで本土への橋が破壊され孤島の無法地帯となってしまったゴッサムシティ。逃げ遅れた人達を守るためにゴッサムシティに残ったゴードンやブルース達は、街を混乱に陥れる犯罪者達に手を焼き、食糧難にも悩まされ、窮地に追いやられていきます。そんななか、ジェレマイア(後のジョーカー)はブルースへの執着から再びある計画を進めようと水面下で動いていたり、遂にベインが登場したり、本シリーズで最大の局面を迎えます。死んだはずの人達も生き返るので、もう何でもありだなという勢いも楽しいですよ(笑)。さらに、ゴードンの恋愛模様も複雑さを極めます。本シリーズで一番意外だったのは、ゴードンがこんなに恋多き男だったということですが、彼の女性問題がストーリーをよりドラマチックにしているのでよしとしましょう(笑)。バットマン、ゴッサムシティにまつわる作品は映画も含めて、いろいろあるので、それぞれにキャラクター設定などが異なりますが、本シリーズも設定がユニークでとても見応えがありました。最後のエピソードは、「ビギニング」というタイトルがついていますが、バットマン誕生までを描いてきれいに終わります。ファースト・シーズンから振り返ると、ゴッサムシティの変貌ぶりが激しいですが、軸を持ちつつ、始まりと終わりでドラマのトーンがガラッと変わるので飽きずに観られます。5シーズンで完結って、ちょうど良いくらいではないかと思うので、まだ手をつけていない人、アメコミが好きな人はぜひご覧ください。

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』
2019年9月20日DVDレンタル開始、11月6日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson


フォース・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/ロビン・ロード・テイラー

私達の知る(数々の映画で観てきた)ゴッサムシティの様相が色濃く出てくる今シーズン。シーズン1、2あたりまでは、ゴッサムシティの権力争いが軸になっていて、マフィアもののイメージが強かったですが、シーズン3あたりから、ヴィランの暴れっぷりが加速化し、今シーズンで一気に盛り上がります。前シーズンでは、ペンギンとニグマのワチャワチャした関係が微笑ましくもありましたが、今シーズンでは他のキャラクターも含めて、手を組んだり裏切ったり、激しい関係性の変化がとてもドラマチックに描かれています。また、いなくなったはずの人達も再び現れたりすることで、それに関わるキャラクターそれぞれの情緒的な変化も見ものです。そして、ブルースがバットマンになりつつある過程や、ジョーカーの知られざる秘密など、観るのをやめられないおもしろさが満載です。次のファイナルシーズンまで一気にいけちゃいますよ!

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』
2018年11月2日DVDレンタル開始、11月14日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson

ファースト・シーズン〜サード・シーズンのREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP