REVIEW

GOTHAM/ゴッサム

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/ドナル・ローグ/デヴィッド・マズーズ/ショーン・パートウィー/モリーナ・パッカリン/ロビン・ロード・テイラー/キャムレン・ビコンドヴァ/ジェイダ・ピンケット=スミス/エリン・リチャーズ/コリー・マイケル・スミス

ファイナル・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』

前シーズンで本土への橋が破壊され孤島の無法地帯となってしまったゴッサムシティ。逃げ遅れた人達を守るためにゴッサムシティに残ったゴードンやブルース達は、街を混乱に陥れる犯罪者達に手を焼き、食糧難にも悩まされ、窮地に追いやられていきます。そんななか、ジェレマイア(後のジョーカー)はブルースへの執着から再びある計画を進めようと水面下で動いていたり、遂にベインが登場したり、本シリーズで最大の局面を迎えます。死んだはずの人達も生き返るので、もう何でもありだなという勢いも楽しいですよ(笑)。さらに、ゴードンの恋愛模様も複雑さを極めます。本シリーズで一番意外だったのは、ゴードンがこんなに恋多き男だったということですが、彼の女性問題がストーリーをよりドラマチックにしているのでよしとしましょう(笑)。バットマン、ゴッサムシティにまつわる作品は映画も含めて、いろいろあるので、それぞれにキャラクター設定などが異なりますが、本シリーズも設定がユニークでとても見応えがありました。最後のエピソードは、「ビギニング」というタイトルがついていますが、バットマン誕生までを描いてきれいに終わります。ファースト・シーズンから振り返ると、ゴッサムシティの変貌ぶりが激しいですが、軸を持ちつつ、始まりと終わりでドラマのトーンがガラッと変わるので飽きずに観られます。5シーズンで完結って、ちょうど良いくらいではないかと思うので、まだ手をつけていない人、アメコミが好きな人はぜひご覧ください。

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <ファイナル・シーズン>』
2019年9月20日DVDレンタル開始、11月6日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson


フォース・シーズン

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/ロビン・ロード・テイラー

私達の知る(数々の映画で観てきた)ゴッサムシティの様相が色濃く出てくる今シーズン。シーズン1、2あたりまでは、ゴッサムシティの権力争いが軸になっていて、マフィアもののイメージが強かったですが、シーズン3あたりから、ヴィランの暴れっぷりが加速化し、今シーズンで一気に盛り上がります。前シーズンでは、ペンギンとニグマのワチャワチャした関係が微笑ましくもありましたが、今シーズンでは他のキャラクターも含めて、手を組んだり裏切ったり、激しい関係性の変化がとてもドラマチックに描かれています。また、いなくなったはずの人達も再び現れたりすることで、それに関わるキャラクターそれぞれの情緒的な変化も見ものです。そして、ブルースがバットマンになりつつある過程や、ジョーカーの知られざる秘密など、観るのをやめられないおもしろさが満載です。次のファイナルシーズンまで一気にいけちゃいますよ!

海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』ベン・マッケンジー/デヴィッド・マズーズ

『GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>』
2018年11月2日DVDレンタル開始、11月14日発売/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイト

GOTHAM ™ & © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.

TEXT by Myson

ファースト・シーズン〜サード・シーズンのREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム リトル・ジョー

エミリー・ビーチャムとベン・ウィショーの怪しげな白衣姿にも興味をそそられる本作は、あるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスが、持ち主に幸せをもたらす特殊な花の開発に成功するも…

映画『悪人伝』マ・ドンソク 悪人伝

ヤクザと刑事が手を組んで、無差別連続殺人犯を追い詰めるという奇想天外なお話ですが、本作は実際の事件に基づいて創作されたというから驚き。どこまでが実際の事件の部分で、どこからがフィクションなのかとても気になりますが…

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々 呪怨:呪いの家

映画の“呪怨”シリーズは、清水崇監督の邦画版と洋画版(サム・ライミ製作)の両方で何作も作られたので、もう慣れたつもりで最初は余裕をぶっこいて観てましたが…

映画『チア・アップ!』チャーリー・ターハン チャーリー・ターハン

1998年6月11日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2007年から子役としてキャリアをスタートさせ、8歳の時にウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』で長編映画デビューを飾る。2010年の映画『きみがくれた未来』では…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  2. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  3. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  4. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  5. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  6. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  7. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  8. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  9. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

  10. 映画『チア・アップ!』ダイアン・キートン

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP