REVIEW

ポゼッサー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ポゼッサー』アンドレア・ライズボロー/クリストファー・アボット

この映画には冒頭からヒョエーとなる痛々しくてグロテスクなシーンがあり、殺し屋の話なのでその後も惨殺な場面が多々出てきます。正直なところラストも一瞬「え?え?それで?」となるのですが、きっと何か哲学的な意味合いがあるに違いないと勝手に感じて、この映画は何を伝えたいのだろうと考えてみました。
殺し屋のタシャ・ヴァス(アンドレア・ライズボロー)は、他人の身体に入り込み、ポゼッサー(所有者)として人格を乗っ取って殺しを働いています。任務が終わると彼女は乗っ取っていた“ホスト(宿主)”を自殺に追い込み、その身体から離脱します。ある日彼女は新たな任務でコリン・テイト(クリストファー・アボット)の身体に潜り込みます。でも彼の人格を完全に抑え込むことができず、ヴァスとテイトの人格のせめぎ合いが始まります。この後の物語は本編で観ていただくとして、この物語は、この社会で不毛な人生を送っている人間の生き方を比喩しているように思えます。人格を乗っ取られる側も、乗っ取る側も自分の人生を生きていない。また、どこか不毛だとわかっていながら一時は苦しみもがくけれど、自分に向き合うのではなくそれを他人のせいにして他人を排除することで解決しようとしてしまう。でもそれでは何の解決にもならないから、再び元の生活に戻っていく…。そんな状況を俯瞰して捉え、こういった極端な形で表現しているのではないかと感じました。これはあくまで私の解釈ですが、皆さんもいろいろな解釈をもって観ていただけると一層楽しめると思います。
本作はデヴィッド・クローネンバーグの息子ブランドンの作品ですが、クローネンバーグ親子それぞれの作品を振り返ると、普段彼らはどんな会話をしているのだろうと気になります(笑)。これを機にブランドンの過去作はもちろん、父デヴィッドの作品を観てみるのも良さそうですね。

デート向き映画判定
映画『ポゼッサー』アンドレア・ライズボロー

これは耐性がないと最後まで観るのが辛いと思うので、誘う相手は選ばなければいけないと思います。もともとこういう作品が好きな相手なら問題はありませんが、相手の好みがわからないうちはやめておいたほうが良いでしょう。1人でじっくり観るか、いろいろな映画をたくさん観ている友達と観るほうが、鑑賞後にもいろいろ話せて楽しいと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ポゼッサー』クリストファー・アボット

R-18なのでキッズやティーンの皆さんはほとんどの方が観られません。18歳になっていたとしても、何も知らずにいきなり観ると驚くかもしれません。過激な映画だということは少し覚悟した上で、興味があれば観てみてください。グロテスクで残忍な描写の奥に何が表現されているのかを考えながら観ると、映画の奥深さが感じられると思います。

映画『ポゼッサー』アンドレア・ライズボロー

『ポゼッサー』
2022年3月4日より全国順次公開
R-18+
コピアポア・フィルム
公式サイト

©2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP