イイ俳優セレクション

アンドレア・ライズボロー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

1981年10月27日イギリス生まれ。9歳の時に子役として、舞台デビュー。その後、ナショナル・ユース・シアターに所属し、演劇”Dog Days(原題)”(1999)でマイク・フィギス・アワードを受賞した。2005年、ロンドンの王立演劇学校(RADA)を卒業し、名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに所属。2006年のロイヤル・シェイクスピア・カンパニー公演ストリンドベリ作”令嬢ジュリー”と、シェイクスピア作”尺には尺を”の演技によりイアン・チャールソン賞を受賞。テレビでは、2008年”The Devil’s Whore(原題)”で王立テレビジョン協会賞を受賞。2009年、『マーガレット・サッチャー 政界を夢見て』で英国アカデミー・テレビジョン賞女優賞にノミネートされた。
映画では、マイク・リー監督の『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)、カズオ・イシグロ原作の『わたしを離さないで』(2010)、『ブライトン・ロック』(2010)で第13回英国インディペンデント映画賞の主演女優賞と新人賞にノミネートされた。2011年、マドンナが監督した『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』でウォリス・シンプソン役を演じた。2012年、『シャドー・ダンサー』で英国インディペンデント映画賞の主演女優賞受賞。2013年、『オブリビオン』でハリウッドデビューを飾り、以降『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『ノクターナル・アニマルズ』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『スターリンの葬送狂騒曲』『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』『ナンシー』『ニューヨーク 親切なロシア料理店』『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』などの作品に出演。

イイ男セレクション/出演作

『ハッピー・ゴー・ラッキー』『わたしを離さないで』『ブライトン・ロック』『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』『シャドー・ダンサー』『オブリビオン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『ノクターナル・アニマルズ』『マインドホーン』『スターリンの葬送狂騒曲』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『ナンシー』『ニューヨーク 親切なロシア料理店』『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』『ポゼッサー』『アムステルダム』『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』『To Leslie トゥ・レスリー』など

ドラマ:『マーガレット・サッチャー 政界を夢見て』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

素朴な雰囲気でありながら、どこかミステリアスな匂いを漂わせている魅力的な俳優さんですよね。脇役を演じている時もすごく存在感があります。(2022/5/30)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『To Leslie トゥ・レスリー』
2023年6月23日より全国公開

映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ハッピー・ゴー・ラッキー』

『わたしを離さないで』

『ブライトン・ロック』

『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』

『シャドー・ダンサー』

『オブリビオン』

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

『ノクターナル・アニマルズ』

『スターリンの葬送狂騒曲』

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

『ナンシー』

『ニューヨーク 親切なロシア料理店』

『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』

『ポゼッサー』

『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』

© 2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved
©2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.
©2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
© 2022 To Leslie Productions, Inc. All rights reserved.

from 2022/5/31

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP