REVIEW

いなくなれ、群青

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『いなくなれ、群青』横浜流星/飯豊まりえ

自分でも自分がわからないという感覚、目を背けてしまっている自分の一面を突きつけられるストーリー。若かりし頃に誰もが抱えるさまざまな思いを、いろいろなキャラクターに投影していて、それぞれのキャラクターに共感できます。大人になるにつれて、だんだんと自分の嫌いなところがはっきりと自覚できてしまうけれど、それを受け入れたくなくて葛藤するキャラクター達。青春映画なので大人が観ると懐かしい感覚もありますが、どんなに大人になってもぬぐいきれない感情が呼び起こされるので、観る人の年齢を選ばない作品です。相手を傷つけたくないけど、自分も傷つきたくないという心情もリアルで、そこに向き合う勇気が持てたら、その先に何があるのかを本作は見せてくれます。横浜流星、飯豊まりえの演技も素晴らしく、キャラクターが抱える複雑な心境が身近に感じられる点も本作の見どころの一つです。個人的に、物心がついた頃から内省するクセがついているのでこういう世界観にはすごく共感するし、いろいろ思い出して涙が出ました。苦しいけれど、最後には一筋の光を与えてくれるので、1人で悩みがちな人はぜひ観てみてください。

デート向き映画判定
映画『いなくなれ、群青』横浜流星

若者達の葛藤を軸に、さりげなくラブストーリーもあって、キュンキュンするポイントはあります。ただ、明るいストーリーとは言えないので、気楽に映画を観て過ごしたいデートの日には不向きだし、この映画を観た後にどんな心情になるかは、個人差がはっきり出そうなので、相手の反応とあまりにギャップがあると、相性を疑いたくなるかも知れません。初デートには不向き、ある程度腹を割って話せるくらいになったカップルにオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『いなくなれ、群青』飯豊まりえ

キッズやティーンの皆さんにはどんぴしゃのストーリーで、いろいろなキャラクターが登場するので、どこかしら共感できるところが見つかると思います。人間には、言葉や表面的なことだけでは理解できないことが多々あります。それは親しい仲でも同じことで、逆に親しいからこそ考え過ぎてわからなくなることもあるはずです。主人公の葛藤を観ると、そんな悩みを解決に導くヒントを見つけられるかも知れません。

映画『いなくなれ、群青』横浜流星/飯豊まりえ/矢作穂香/松岡広大/松本妃代/黒羽麻璃央

『いなくなれ、群青』
2019年9月6日より全国公開
KADOKAWA、エイベックス・ピクチャーズ
公式サイト

© 河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  2. 映画『ラーヤと龍の王国』
  3. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  4. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  5. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  6. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  7. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  8. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  9. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  10. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
PAGE TOP