特集

10代で出会うべき映画特集2019秋

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

この秋、10代に刺さりそうな映画が一気に公開されますので、ここでドドッとご紹介しておきたいと思います。説教じみた意味で観て欲しいわけではなく、自分が10代の時にこの映画に出会っていたら、間違いなく気持ちがすごく動いたであろうという個人的な物差しでチョイスしてみました。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
2019年9月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

心情的な面で、自分が10代の頃とすごくリンクしました。主人公は未来の自分へメッセージを残していましたが、実は私も17歳の時に、未来への自分宛に手紙を書いた覚えがあります(笑)。実家の屋根裏にまだあったら読みたいですが、知らずに処分されちゃってたら悲しいので敢えて探さずです。

映画『いなくなれ、群青』横浜流星/飯豊まりえ

いなくなれ、群青
2019年9月6日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人にはいろいろな側面があるので、さまざまなキャラクターにどこか通じる部分を見つけられると思います。私は特に、横浜流星、飯豊まりえが演じたキャラクターに自分を投影して観ました。自分の性格と思考の中にあるジレンマと折り合いをつけられるように導いてくれる映画だと思います。

映画『任俠学園』西島秀俊/桜井日奈子

任俠学園
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

成長の過程で、親以外にどんな大人に出会えるかってすごく大事だと思います。本気で他人に対しても必死になってくれる大人に出会えたら、すごく幸せだし、その後の生き方も変わると思います。

映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

サラブレッド
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

感情的な少女と、感情がない少女。正反対の2人の奇妙な友情は、どこか自虐的です。10代の交友関係って、この年頃にしか成立しない絆があるような気がします。利害的な目論見があっても、大人のそれとは違っていて、お互いを守っているような感じ。だからこそ、結束すると何をしでかすかわからない怖さがあります。

映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』ティーラドン・スパパンピンヨー

ホームステイ ボクと僕の100日間
2019年10月日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
ティーラドン・スパパンピンヨーさん、チャープラン・アーリークンさん、パークプム・ウォンプム監督インタビュー  

思春期はいろいろなこと悩み苦しむお年頃。でも、そのモヤモヤがどこからくるのか、突き詰めて突き詰めて、向き合って、乗り越えていくのが、この物語。原作は、森絵都の「カラフル」。

映画『スクールズ・アウト』

スクールズ・アウト
2019年10月11日より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」にて全国上映
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

社会に、大人に絶望した子ども達の奇行がどんどんエスカレート。怖いからこそ、その怖さの中に飛び込んで、自滅しようとする若者達の複雑な心境がリアル。


デジタル配信、DVD等で観られる作品にも、オススメがいっぱい!

幕が上がる
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ずいぶん遠くに来たけれど、本当はどこでもないどこかにしか行けなくて、結局どこにも行き着かない、でも、自分たちは今ここにいることを許されている…。

幕が上がる

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フツーであること、皆と同じであることに重きを置く人が多い10代。コンプレックスができると必要以上に悩んでしまいます。でも、時にそのコンプレックスが新しい世界に導いてくれるかも…。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

レディ・バード
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

親につけられた名前を使わず、“レディ・バード”と自称する女子高生の心の中って…。皆、“自分”を見つけられるまではこうなんです。

レディ・バード (字幕版)

スウィート17モンスター
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

自分の事で精一杯、回りが見えているようで見えていない、自信があるようで実際はない…。不器用さんは共感しまくり。

スウィート17モンスター (字幕版)

ウォール・フラワー
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

正直に生きたい気持ちと、それに気付かないふりをして生きていくほうが楽だと思ってしまう気持ち。成長するにつれ、わかってくるから辛い。

ウォールフラワー(字幕版)

17歳
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

17歳って、とても危なっかしくて美しいお年頃。自虐的に振る舞うのは、無敵、無垢、無知だからかも知れません。

17歳(R-18バージョン)(字幕版)

17歳の肖像
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

否が応でも、苦い体験をして、人は大人になっていく…。

17歳の肖像 (字幕版)

君の名前で僕を呼んで
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

どんな結末でも、恋は人を成長させる。

君の名前で僕を呼んで(字幕版)

共犯
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

学生は気楽じゃない。皆、毎日必死に生きてるんです。

共犯(字幕版)

心が叫びたがってるんだ。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人に思いを伝えることの尊さ、言葉の持つパワーを実感させられるストーリー。

映画「心が叫びたがってるんだ。」(通常版) [DVD]

映画「聲の形」
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

イジメられている人、イジメている人、静観してる人、イジメのあるところでは、誰一人幸せな人はいない。

映画『聲の形』Blu-ray 通常版

COLORFUL(カラフル)
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「こうでなきゃいけない」なんてない。人の色は一色じゃない。原作は、前述のタイ映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』と同じ、森絵都の「カラフル」です。

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

バッド・ジーニアス 危険な天才たち
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

若さゆえに調子に乗り、若さゆえに無謀になる。でも、今ならまだ生き方を選べる。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(字幕版)

町田くんの世界
2019年11月6日ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「人に優しくする」を徹底するのは難しい!

【Amazon.co.jp限定】町田くんの世界Blu-ray

出会うべき時に出会ったと思える映画ってありますよね。人生のある通過点でヒントや、希望を与えてくれるのが、映画の醍醐味。他にも、『17歳のカルテ』『16歳の合衆国』など若者にフォーカスしたエモーショナルな作品はたくさんあるので、若い皆さんがご自身の心に響く映画と出会えることを願ってます。

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
© 河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
© Avenue B Productions – 2L Productions
©2019 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/ マ・レイニーのブラックボトム

物語の舞台は1927年夏のシカゴ。”ブルースの母”といわれた実在の歌手マ・レイニーと彼女のバンドメンバーが…

映画『水を抱く女』ヤコブ・マッチェンツ ヤコブ・マッチェンツ

1984年1月1日ドイツ、ベルリン生まれ。2008年、デニス・ガンゼル監督作…

Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ 私というパズル

私は毎度なるべく映画についての内容、情報を入れずに観るので、余計に…

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス ヴィオラ・デイヴィス

1965年8月11日アメリカ生まれ。2008年、『ダウト~あるカトリック学校で~』で…

映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン AVA/エヴァ

主人公は、完璧な容姿と知性、圧倒的な戦闘能力を持つ暗殺者のエヴァで…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  2. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  3. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  4. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  5. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  6. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  7. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  8. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
  9. 映画『ザ・バッド・ガイズ』マ・ドンソク/キム・サンジュン/キム・アジュン/チャン・ギヨン
  10. 映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー
PAGE TOP