特集

10代で出会うべき映画特集2019秋

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

この秋、10代に刺さりそうな映画が一気に公開されますので、ここでドドッとご紹介しておきたいと思います。説教じみた意味で観て欲しいわけではなく、自分が10代の時にこの映画に出会っていたら、間違いなく気持ちがすごく動いたであろうという個人的な物差しでチョイスしてみました。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
2019年9月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

心情的な面で、自分が10代の頃とすごくリンクしました。主人公は未来の自分へメッセージを残していましたが、実は私も17歳の時に、未来への自分宛に手紙を書いた覚えがあります(笑)。実家の屋根裏にまだあったら読みたいですが、知らずに処分されちゃってたら悲しいので敢えて探さずです。

映画『いなくなれ、群青』横浜流星/飯豊まりえ

いなくなれ、群青
2019年9月6日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人にはいろいろな側面があるので、さまざまなキャラクターにどこか通じる部分を見つけられると思います。私は特に、横浜流星、飯豊まりえが演じたキャラクターに自分を投影して観ました。自分の性格と思考の中にあるジレンマと折り合いをつけられるように導いてくれる映画だと思います。

映画『任俠学園』西島秀俊/桜井日奈子

任俠学園
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

成長の過程で、親以外にどんな大人に出会えるかってすごく大事だと思います。本気で他人に対しても必死になってくれる大人に出会えたら、すごく幸せだし、その後の生き方も変わると思います。

映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

サラブレッド
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

感情的な少女と、感情がない少女。正反対の2人の奇妙な友情は、どこか自虐的です。10代の交友関係って、この年頃にしか成立しない絆があるような気がします。利害的な目論見があっても、大人のそれとは違っていて、お互いを守っているような感じ。だからこそ、結束すると何をしでかすかわからない怖さがあります。

映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』ティーラドン・スパパンピンヨー

ホームステイ ボクと僕の100日間
2019年10月日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
ティーラドン・スパパンピンヨーさん、チャープラン・アーリークンさん、パークプム・ウォンプム監督インタビュー  

思春期はいろいろなこと悩み苦しむお年頃。でも、そのモヤモヤがどこからくるのか、突き詰めて突き詰めて、向き合って、乗り越えていくのが、この物語。原作は、森絵都の「カラフル」。

映画『スクールズ・アウト』

スクールズ・アウト
2019年10月11日より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」にて全国上映
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

社会に、大人に絶望した子ども達の奇行がどんどんエスカレート。怖いからこそ、その怖さの中に飛び込んで、自滅しようとする若者達の複雑な心境がリアル。


デジタル配信、DVD等で観られる作品にも、オススメがいっぱい!

幕が上がる
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ずいぶん遠くに来たけれど、本当はどこでもないどこかにしか行けなくて、結局どこにも行き着かない、でも、自分たちは今ここにいることを許されている…。

幕が上がる

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フツーであること、皆と同じであることに重きを置く人が多い10代。コンプレックスができると必要以上に悩んでしまいます。でも、時にそのコンプレックスが新しい世界に導いてくれるかも…。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

レディ・バード
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

親につけられた名前を使わず、“レディ・バード”と自称する女子高生の心の中って…。皆、“自分”を見つけられるまではこうなんです。

レディ・バード (字幕版)

スウィート17モンスター
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

自分の事で精一杯、回りが見えているようで見えていない、自信があるようで実際はない…。不器用さんは共感しまくり。

スウィート17モンスター (字幕版)

ウォール・フラワー
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

正直に生きたい気持ちと、それに気付かないふりをして生きていくほうが楽だと思ってしまう気持ち。成長するにつれ、わかってくるから辛い。

ウォールフラワー(字幕版)

17歳
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

17歳って、とても危なっかしくて美しいお年頃。自虐的に振る舞うのは、無敵、無垢、無知だからかも知れません。

17歳(R-18バージョン)(字幕版)

17歳の肖像
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

否が応でも、苦い体験をして、人は大人になっていく…。

17歳の肖像 (字幕版)

君の名前で僕を呼んで
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

どんな結末でも、恋は人を成長させる。

君の名前で僕を呼んで(字幕版)

共犯
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

学生は気楽じゃない。皆、毎日必死に生きてるんです。

共犯(字幕版)

心が叫びたがってるんだ。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人に思いを伝えることの尊さ、言葉の持つパワーを実感させられるストーリー。

映画「心が叫びたがってるんだ。」(通常版) [DVD]

映画「聲の形」
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

イジメられている人、イジメている人、静観してる人、イジメのあるところでは、誰一人幸せな人はいない。

映画『聲の形』Blu-ray 通常版

COLORFUL(カラフル)
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「こうでなきゃいけない」なんてない。人の色は一色じゃない。原作は、前述のタイ映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』と同じ、森絵都の「カラフル」です。

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

バッド・ジーニアス 危険な天才たち
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

若さゆえに調子に乗り、若さゆえに無謀になる。でも、今ならまだ生き方を選べる。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(字幕版)

町田くんの世界
2019年11月6日ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「人に優しくする」を徹底するのは難しい!

【Amazon.co.jp限定】町田くんの世界Blu-ray

出会うべき時に出会ったと思える映画ってありますよね。人生のある通過点でヒントや、希望を与えてくれるのが、映画の醍醐味。他にも、『17歳のカルテ』『16歳の合衆国』など若者にフォーカスしたエモーショナルな作品はたくさんあるので、若い皆さんがご自身の心に響く映画と出会えることを願ってます。

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
© 河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
© Avenue B Productions – 2L Productions
©2019 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP