特集

10代で出会うべき映画特集2019秋

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

この秋、10代に刺さりそうな映画が一気に公開されますので、ここでドドッとご紹介しておきたいと思います。説教じみた意味で観て欲しいわけではなく、自分が10代の時にこの映画に出会っていたら、間違いなく気持ちがすごく動いたであろうという個人的な物差しでチョイスしてみました。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
2019年9月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

心情的な面で、自分が10代の頃とすごくリンクしました。主人公は未来の自分へメッセージを残していましたが、実は私も17歳の時に、未来への自分宛に手紙を書いた覚えがあります(笑)。実家の屋根裏にまだあったら読みたいですが、知らずに処分されちゃってたら悲しいので敢えて探さずです。

映画『いなくなれ、群青』横浜流星/飯豊まりえ

いなくなれ、群青
2019年9月6日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人にはいろいろな側面があるので、さまざまなキャラクターにどこか通じる部分を見つけられると思います。私は特に、横浜流星、飯豊まりえが演じたキャラクターに自分を投影して観ました。自分の性格と思考の中にあるジレンマと折り合いをつけられるように導いてくれる映画だと思います。

映画『任俠学園』西島秀俊/桜井日奈子

任俠学園
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

成長の過程で、親以外にどんな大人に出会えるかってすごく大事だと思います。本気で他人に対しても必死になってくれる大人に出会えたら、すごく幸せだし、その後の生き方も変わると思います。

映画『サラブレッド』オリヴィア・クック/アニャ・テイラー=ジョイ

サラブレッド
2019年9月27日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

感情的な少女と、感情がない少女。正反対の2人の奇妙な友情は、どこか自虐的です。10代の交友関係って、この年頃にしか成立しない絆があるような気がします。利害的な目論見があっても、大人のそれとは違っていて、お互いを守っているような感じ。だからこそ、結束すると何をしでかすかわからない怖さがあります。

映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』ティーラドン・スパパンピンヨー

ホームステイ ボクと僕の100日間
2019年10月日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
ティーラドン・スパパンピンヨーさん、チャープラン・アーリークンさん、パークプム・ウォンプム監督インタビュー  

思春期はいろいろなこと悩み苦しむお年頃。でも、そのモヤモヤがどこからくるのか、突き詰めて突き詰めて、向き合って、乗り越えていくのが、この物語。原作は、森絵都の「カラフル」。

映画『スクールズ・アウト』

スクールズ・アウト
2019年10月11日より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」にて全国上映
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

社会に、大人に絶望した子ども達の奇行がどんどんエスカレート。怖いからこそ、その怖さの中に飛び込んで、自滅しようとする若者達の複雑な心境がリアル。


デジタル配信、DVD等で観られる作品にも、オススメがいっぱい!

幕が上がる
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ずいぶん遠くに来たけれど、本当はどこでもないどこかにしか行けなくて、結局どこにも行き着かない、でも、自分たちは今ここにいることを許されている…。

幕が上がる

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フツーであること、皆と同じであることに重きを置く人が多い10代。コンプレックスができると必要以上に悩んでしまいます。でも、時にそのコンプレックスが新しい世界に導いてくれるかも…。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

レディ・バード
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

親につけられた名前を使わず、“レディ・バード”と自称する女子高生の心の中って…。皆、“自分”を見つけられるまではこうなんです。

レディ・バード (字幕版)

スウィート17モンスター
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

自分の事で精一杯、回りが見えているようで見えていない、自信があるようで実際はない…。不器用さんは共感しまくり。

スウィート17モンスター (字幕版)

ウォール・フラワー
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

正直に生きたい気持ちと、それに気付かないふりをして生きていくほうが楽だと思ってしまう気持ち。成長するにつれ、わかってくるから辛い。

ウォールフラワー(字幕版)

17歳
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

17歳って、とても危なっかしくて美しいお年頃。自虐的に振る舞うのは、無敵、無垢、無知だからかも知れません。

17歳(R-18バージョン)(字幕版)

17歳の肖像
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

否が応でも、苦い体験をして、人は大人になっていく…。

17歳の肖像 (字幕版)

君の名前で僕を呼んで
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

どんな結末でも、恋は人を成長させる。

君の名前で僕を呼んで(字幕版)

共犯
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

学生は気楽じゃない。皆、毎日必死に生きてるんです。

共犯(字幕版)

心が叫びたがってるんだ。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

人に思いを伝えることの尊さ、言葉の持つパワーを実感させられるストーリー。

映画「心が叫びたがってるんだ。」(通常版) [DVD]

映画「聲の形」
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

イジメられている人、イジメている人、静観してる人、イジメのあるところでは、誰一人幸せな人はいない。

映画『聲の形』Blu-ray 通常版

COLORFUL(カラフル)
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「こうでなきゃいけない」なんてない。人の色は一色じゃない。原作は、前述のタイ映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』と同じ、森絵都の「カラフル」です。

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

バッド・ジーニアス 危険な天才たち
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

若さゆえに調子に乗り、若さゆえに無謀になる。でも、今ならまだ生き方を選べる。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(字幕版)

町田くんの世界
2019年11月6日ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「人に優しくする」を徹底するのは難しい!

【Amazon.co.jp限定】町田くんの世界Blu-ray

出会うべき時に出会ったと思える映画ってありますよね。人生のある通過点でヒントや、希望を与えてくれるのが、映画の醍醐味。他にも、『17歳のカルテ』『16歳の合衆国』など若者にフォーカスしたエモーショナルな作品はたくさんあるので、若い皆さんがご自身の心に響く映画と出会えることを願ってます。

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
© 河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
© Avenue B Productions – 2L Productions
©2019 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『影踏み』竹原ピストル 竹原ピストル(たけはら ぴすとる)

1976年12月27日生まれ。千葉県出身。1999年、「野狐禅」を結成し、2003年に「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」でメジャーデビュー。2006年、映画『青春☆金属バット』で…

映画『mellow』田中圭 『mellow』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『mellow』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『テッド・バンディ』ジョン・マルコヴィッチ ジョン・マルコヴィッチ

1953年アメリカ、イリノイ州生まれ。1976年に舞台デビューを果たし、映画界から注目を集める。1984年に『プレイス・イン・ザ・ハート』で映画デビューし…

映画『カツベン!』周防正行監督、成田凌さんインタビュー 『カツベン!』周防正行監督、成田凌さんインタビュー

無声映画の時代、登場人物のセリフに声をあてたり、物語を説明する活動弁士が日本中で活躍していました。本作はそんな活動弁士(カツベン)を夢見る青年を主人公にした物語で、映画愛がたっぷりと詰まっています。今回インタビューさせて頂いた、周防正行監督、そして主演の成田凌さんのお話からも、映画愛がたくさん伝わってきました。

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ドウェイン・ジョンソン/ジャック・ブラック/ケヴィン・ハート/カレン・ギラン ジュマンジ/ネクスト・レベル

これは観る前から「ハズレなし」と安心できるシリーズですが、実際に期待を裏切らない内容になっています。前回の設定を活かしつつ…

映画『“隠れビッチ”やってました。』小関裕太 小関裕太(こせき ゆうた)

1995年6月8日生まれ、東京都出身。NHK『天才てれびくんMAX』(2006~08年)のテレビ戦士として活躍するなど、子役として俳優活動を開始。その後…

映画『MANRIKI』金子ノブアキ 金子ノブアキ(かねこ のぶあき)

1981年6月5日、東京都生まれ。ロックバンドRIZEのドラマーで、2009 年よりソロ活動も始動し、アルバムを発表するなど活躍中。また、『blank13』(18/齊藤工監督)の音楽監督や…

2020年ディズニー・チャンネルオリジナルカレンダー 【2020年ディズニー・チャンネルオリジナルカレンダー】5名様 プレゼント

【2020年ディズニー・チャンネルオリジナルカレンダー】5名様 プレゼント

映画『家族を想うとき』クリス・ヒッチェン/ケイティ・プロクター 家族を想うとき

主人公リッキーには、妻、息子、娘がいて、彼は大黒柱として、マイホーム購入を目指してフランチャイズの宅配ドライバーになります。最初は本人の頑張り次第で稼げると…

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督 サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイら主要キャストが全編ワンカット撮影の裏側を語る!『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア

サム・メンデス監督の最新作『1917 命をかけた伝令』が、2020年2月14日より全国公開となります。先日、本作のロイヤル・プレミアがイギリス、ロンドンで開催!会場には、イギリス王室からチャールズ皇太子とカミラ夫人もゲストとして来場し、本作のサム・メンデス監督、主演のジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、撮影監督のロジャー・ディーキンスらが登場。

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ドウェイン・ジョンソン/ジャック・ブラック/ケヴィン・ハート/カレン・ギラン
  2. 映画『家族を想うとき』クリス・ヒッチェン/ケイティ・プロクター
  3. 映画『屍人荘の殺人』神木隆之介/浜辺美波/中村倫也
    屍人荘の殺人

  4. 映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン
  5. 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
  6. 映画『パリの恋人たち』ルイ・ガレル/リリー=ローズ・デップ
  7. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  8. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  9. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  10. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP