REVIEW

おとなの事情 スマホをのぞいたら

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之/常盤貴子/益岡徹/田口浩正/木南晴夏/淵上泰史/鈴木保奈美

イタリアのアカデミー賞受賞作『おとなの事情』が日本版でリメイクされた本作。主演は東山紀之で、鈴木保奈美、常磐貴子、益岡徹、田口浩正、木南春夏、淵上泰史が、それぞれ秘密を抱えた大人達を熱演しています。あることをきっかけにスマホの中身をさらし合うゲームを始めてしまう7人。現実ではやりたくないゲームですが(笑)、映画として観るのはやっぱりおもしろい!怖いもの見たさで先が気になり、スマホが鳴るたびに観ているこちらもハラハラドキドキします。また、ほぼ1つの部屋で物語が展開するので、俳優陣の体当たりの演技が観られるのも魅力。泣いたり、笑ったり、怒ったりと、スマホに翻弄される大人の姿はとても滑稽ですが、どこか自分に思い当たる節もあり、共感できます。秘密の有無に関わらず、スマホを持つ大人の方々はぜひ一度本作をご覧ください。

デート向き映画判定
映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』常盤貴子/木南晴夏/鈴木保奈美

普段からスマホを見せ合うカップルなら良いかもしれませんが、劇中、男女関係にヒビが入る展開もあるので、できれば1人か友達と観たほうが心おきなく観られそうです。もしご自身で何か秘密を抱えている場合は、本作の大人達のように修羅場を迎える前に、相手に直接伝えるようにしてくださいね。

キッズ&ティーン向き映画判定

大人の良い部分、汚い部分の両方がさらされるので、キッズはせめて中学生くらいになってから観てください。ティーンの皆さんの中にはスマホを持つ人もいると思いますが、本作の大人達がやっているようなスマホを見せ合うゲームは決してオススメできません。また、彼らのように知られたくない秘密は、最初から抱えないほうが良いでしょう。

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之/常盤貴子/益岡徹/田口浩正/木南晴夏/淵上泰史/鈴木保奈美

『おとなの事情 スマホをのぞいたら』
2021年1月8日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

© 2020 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ ウォンカとチョコレート工場のはじまり

ワクワクさせる冒頭シーンからグッとハートを掴まれて…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助【プロフィールと出演作一覧】

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング【プロフィールと出演作一覧】

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ
  2. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  3. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  4. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  5. 映画『窓ぎわのトットちゃん』

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP