REVIEW

唄う六人の女

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『唄う六人の女』竹野内豊/山田孝之

本作は、マネキン主演のドラマ『オー!マイキー』や山田孝之主演の映画『ミロクローゼ』などを手掛けてきた石橋義正が長年温め、監督、脚本、編集を務めた作品です。父親が亡くなったという報せを受け、故郷に戻った萱島 (竹野内豊)は、開発業者の宇和島(山田孝之)と共に山道を運転している途中で事故に遭います。目が覚めると2人は、山奥に監禁され、そこで妖しく魅惑的な6人の女達と出会います。
まず6人の女達がとても魅力的!草の上で空を仰ぐ女、水の中で妖艶に舞う女など、個性豊かなキャラクターが登場します。女達は話さないので、萱島と宇和島の身に何が起きているのか、余計にわからず観客も翻弄されます。また、萱島が何とか状況を理解しようと女性達の意図を探ろうとする一方で、宇和島は荒々しく抵抗し、そんな2人の対比が見どころです。
竹野内豊、山田孝之をはじめ、水川あさみ、アオイヤマダ、服部樹咲、萩原みのり、桃果、武田玲奈らそれぞれの演技がとても光っています。個人的には水川あさみの演じた“刺す女”がお気に入りで、萱島とのやり取りに思わずクスッと笑ってしまう場面もあります。6人の女達のシーンはアートのように美しい場面も多いので、アート好きの方にもオススメです。
物語全体にミステリー要素がベースとしてありながら、そこに女達の怖さと美しさ、さらに自然と人間という大きなテーマも見えてきます。そういう意味ではどんな方にもオススメの作品です。物語が進むにつれて各キャラクターの見え方も変わるので、細部まで注目してご覧ください。

デート向き映画判定
映画『唄う六人の女』竹野内豊

ミステリーやサスペンス好きのカップルは特に楽しめます。お互いに展開を予想しながら観ると、鑑賞後の会話が一層盛り上がりそうです。萱島は彼女のかすみ(武田玲奈)を東京に残した状態で、山奥に監禁されてしまいます。彼女が萱島を信じて待つ姿は観ていて切なくなります。そんな彼女の姿を通して、誰かを愛することの大切さも感じられるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『唄う六人の女』水川あさみ

謎がたくさんあるので、皆さんも主人公達と同様に翻弄されてしまうと思います。萱島と宇和島はどうして森に監禁されてしまったのか、6人の妖しい女達は何なのかなど、自分なりに答えを考えながら観てみてください。人間と自然という大きなテーマもある作品なので、もしまだピンと来ない場合は、大人になってから観直すのもアリです。

映画『唄う六人の女』竹野内豊/山田孝之/水川あさみ/アオイヤマダ/服部樹咲/萩原みのり/桃果/武田玲奈

『唄う六人の女』
2023年10月27日より全国公開
PG-12
ナカチカピクチャーズ、パルコ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023「唄う六人の女」製作委員会

TEXT by Shamy

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年10月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン 【映画研究】映画人心解剖12:『セックス・アンド・ザ・シティ』人気の理由

25周年を迎える『セックス・アンド・ザ・シティ』の魅力についてアンケートを実施し、統計的分析をやってみました。人気キャラクターランキングと、「ビッグとエイダン、どっちがキャリーにふさわしい?」も投票してもらいましたよ!

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ ウォンカとチョコレート工場のはじまり

ワクワクさせる冒頭シーンからグッとハートを掴まれて…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助【プロフィールと出演作一覧】

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング【プロフィールと出演作一覧】

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ
  2. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  3. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  4. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  5. 映画『窓ぎわのトットちゃん』

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP