REVIEW

エージェント・オブ・シールド

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン5』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット/ミンナ・ウェン/イアン・デ・カステッカー/エリザベス・ヘンストリッジ/ヘンリー・シモンズ/ナタリア・コルドバ=バックリー/ジェフ・ワード

ファイナル・シーズン

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド ファイナル・シーズン』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット

本シリーズは回を増すごとに、スケールが大きくなっていきますが、今シーズンは時空を飛び回ります。これだけ聞くとありきたりな設定と思われそうですが、さすがにそれだけでは終わりません。ちゃんとカラクリがたくさん用意されていて、最後は思わぬ展開を見せてくれます。そしてやっぱり「コールソンがいないと始まらない」と思うファンの期待を裏切ることなく、今シーズンでも何らかの形でコールソンは登場しますが、これまでに増してユニークなキャラクターにバージョンアップしています。

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド ファイナル・シーズン』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット/ミンナ・ウェン/イアン・デ・カステッカー/ヘンリー・シモンズ

そして、時代をまたぐということで『エージェント・カーター』との絡みも出てきて、あるメインキャラクターが登場し、キーパーソンとして活躍します。『エージェント・カーター』はシーズン2までしかないので、まだ観ていないという方でもすぐ観終えられますよ。また、大活躍のキャラクターといえば、イノック。もういろいろ美味しすぎて、魅力が全開です。ほんといろいろな意味で癒されます。
ネタバレを避けてこれ以上は何も言いませんが、ファイナル・シーズンも一気に観てしまうおもしろさです。全キャラクターが魅力と力を出し切ったストーリーとなっているので、ぜひ彼等がどうなるのおか見届けてください。

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド ファイナル・シーズン』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット/ミンナ・ウェン/イアン・デ・カステッカー/エリザベス・ヘンストリッジ/ヘンリー・シモンズ

『エージェント・オブ・シールド ファイナル・シーズン』
2021年2月26日よりディズニープラスにて配信中
2021年6月2日ブルーレイ&DVDレンタル開始・発売
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2021 MARVEL & ABC Studios

TEXT by Myson


シーズン6

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン6』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット

※ネタバレ注意

前シーズンで時空を超え、放浪したシールドのエージェント達は無事戻ってはきたものの、いろいろと大きな変化と試練を抱えている状態です。コールソンを失った後、1年が経ったシールドではマックが長官となり、デイジーとジェマはフィッツを取り戻すために再び宇宙を旅しています。新生シールドはまだチームとして立て直しているところで、チームワークも万全ではなく、主要メンバーがバラバラに任務をしていることで、それぞれの場所でいろいろな問題にぶつかりますが、なかなか皆の意見がまとまりません。そんな状況下で、地球に正体不明、目的不明の者達がやってくるから、さあ大変。さらにそのリーダーは、コールソンそっくりのサージという人物。外見はコールソンそのものでも中身は全く別人のサージですが、皆が戸惑うのも無理はなく、彼を巡って混乱が起きてしまいます。でも、サージが何者かというだけで終わらず、もっと厄介なキャラクターが登場したり、今シーズンも多くの点でスケールアップしています。今回登場する敵は相当手強くて、デイジーの強力なパワーを持っても倒すのが難しく、デイジー含め他のインヒューマンズも強力なパワー、特殊なパワーを持っているからこそそれを利用されることになったり、頭脳戦も盛り上がります。アクションシーンも豊富で、これまで以上に特に女性キャラクターが華麗に戦うシーンが観られますよ。

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン6』クロエ・ベネット

また時空が絡んできたり、脳内に入り込む技術が出てきたりで、いなくなったはずのキャラクター達が再び登場することもあって、もう何がどうなるかは何でもありになっています(笑)。それが功を奏するかどうかは、次シーズンに期待したいと思います。

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン6』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット/ミンナ・ウェン/イアン・デ・カステッカー/エリザベス・ヘンストリッジ/ヘンリー・シモンズ/ナタリア・コルドバ=バックリー/ジェフ・ワード/ダヴ・キャメロン

『エージェント・オブ・シールド シーズン6』
2020年4月22日ブルーレイ&DVDレンタル開始・発売/デジタル配信開始
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2020 MARVEL & ABC Studios

TEXT by Myson


シーズン5

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン5』イアン・デ・カーステッカー/クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット

今シーズンの舞台は時空を超えて、未来です。ひどく崩壊してしまった未来のどこかの惑星にワープしてしまったコールソン達は、人間が異星人に支配された世界で、帰る方法を探します。時空が2つ出てきたことで、誰かを救えば、エージェント達の過去や未来が変わってしまい、別の誰かを犠牲にしてしまうかも知れない状況で、意見が対立したり、指示を聞かずに勝手に行動する者も出たりと、エージェントの絆が揺らいでしまいます。そして、新たな敵も現れ、これが相当手強く、エージェント達は何度も危機にさらされますが、今回は強固だったはずのチームの信頼関係が大いに試されるストーリーになっています。また、メインキャラクターの数名が重大な問題に見舞われてしまい、メンバーそれぞれの優先順位も違ってくる点で、究極の選択がいくつも出てきます。新キャラクターについては、ダヴ・キャメロンが演じる新キャラクターも見た目とのギャップがあって、今シーズンのアクセント的な存在になっています。後半では別の新キャラクターのサプライズ情報が出てきたり、最終話まで気を抜けません。宇宙が舞台ということでスケールもさらに大きくなり、アクションも描写的に刺激のあるシーンがちらほら出てきます。今回はラストにすごく悲しい展開があり、他にも重要人物との別れが出てきたり、節目といっても良い内容になっています。この状況で次にどんな展開をみせるのか、続きを観ないわけにはいきません。

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン5』クラーク・グレッグ/クロエ・ベネット/ミンナ・ウェン/イアン・デ・カステッカー/エリザベス・ヘンストリッジ/ヘンリー・シモンズ/ナタリア・コルドバ=バックリー/ジェフ・ワード

『エージェント・オブ・シールド シーズン5』
2019年7月3日ブルーレイ&DVDレンタル開始・発売
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2019 MARVEL & ABC Studios

TEXT by Myson

シーズン1〜4のREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結

前作から一気にキャラクターが増えて、最初から賑やかなムードが漂う今作は、最初から容赦なくどんどんキ…

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

映画『マイ・プレシャス・リスト』コリン・オドナヒュー コリン・オドナヒュー

1981年1月26日アイルランド、ドロヘダ生まれ。ダブリンの演劇学校を卒業後…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン
  2. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  3. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  4. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  5. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  6. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  7. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  8. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  9. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  10. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
PAGE TOP