REVIEW

ウェントワース女子刑務所

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

シーズン8(ファイナルシーズン)

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

遂にグランドフィナーレを迎えてしまいました。終わるとなるとやっぱり寂しいですね。それにしても振り返ってみて、このドラマはすごくおもしろかった!そして何より役者さん達の役作りが見事でした。グランドフィナーレを目前に行われたオンラインイベントには、ビー役のダニエル・コーマックとフランキー役のニコール・ダ・シルバが登壇し、これまでのエピソードを振り返ってトークを披露してくれましたが、お2人とも本当にキュートなんですよね。だから、改めて劇中とのギャップを認識して、役者さん達の実力を感じました。もうホンモノにしか見えてませんでしたからね(笑)。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

そして、歴代のボス達のキャラクター設定が本当に上手でした。もうこれ以上はパターンが出てこないんじゃないかと思いましたが、最後までいろいろありましたね。ルーは最初はそれほどインパクトがないように思いましたが、徐々に恐ろしさが出てきて、ファイナルシーズンのボスとしてはしっかり物語を盛り上げてくれました。さらに、2番手や取り巻きなど、どのキャラクターをとってもクセがあって印象に残っています。そんななか、結局最初から最後までいたメインキャラクターって誰だったのかと振り返ってみると、ブーマー、ジョアン・ファーガソン、ヴェラ・ベネット、ウィル・ジャクソン、リンダ・マイルズあたりが挙げられます。ファーガソンが強烈だったのはいうまでもありませんが、物語の展開にさりげなく影響を与えていたところで、リンダ・マイルズも良い仕事をしていたと思います。彼女には本当にイライラさせられました(笑)。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

本当に毎話ハラハラさせられて、最後の最後まで気を抜けませんでしたが、多くのファンが納得のいく結末だったのではないでしょうか。このドラマは今後もぜひいろいろな方に個人的にもオススメしたい1作です。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson

シーズン7

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』タミー・マッキントッシュ/ケイト・ジェンキンス

これまで何人もボスが入れ替わってきましたが、見事に皆タイプが違っていて、観ていて飽きません。そして、ボスでなくてもキーパーソンとなる人物も多様なので、一難去ってまた一難といった感じで、トラブルのバリエーションの豊富さも健在。シーズン1からずっといるキャラクターにも変化や成長が見えて、連続ドラマとしてよくできているなとシーズン7まで観て改めて思います。
また、認知症、薬物依存、潜入捜査、所内恋愛など人間関係をかき回す要素もさまざまで、それを巧みに利用する者もいて、ハラハラドキドキは止まりません。さらに、善人の良心につけ込んで操る強者もいるから、余計にドギマギします。ネタバレを避けたいので、具体的に言えないのが本当にもどかしいですが、忘れた頃の話題などもまたほじくり返されたり、ほっとする間がほぼなくスリリングな展開が続きます。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』セリア・アイルランド/ニコール・ダ・シルバ

そして、おもしろいのは囚人キャラだけではありません。看守側にも新メンバーが入り、新たな問題を引き起こします。当然ながらこの新キャラは今までいなかったタイプの人物で、今シーズン最大の事件を引き起こします。人間的には小粒なのに、やらかすことが派手で、油断なりません。最後はスッキリはするのですが、最後の最後で「え〜〜〜!!!」という人物がチラッと映るので、これまた大変なことになりそうですよ。それ以外にも懐かしいメンバーがちょっと出てくるのでお楽しみに。
本作の魅力は、状況は違えど私達の現実世界でも身近に起こりうる人間同士の駆け引きが、より野生的というか本能的に描かれている点です。今からでも遅くないので、まだ手をつけていない人はぜひご覧ください。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson


シーズン6

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』

今シーズンも事件がいっぱいで、おもしろさは衰えず。シーズン1まで振り返ると、キャラクターもだいぶ入れ替わりましたが、これ以上強烈なキャラクターは出てこないだろうというこちらの予想を裏切り、節目節目で魅力的なキャラクターを投入してくるのが素晴らしいです。塀の外の関係も複雑に絡み合っていて、一筋縄ではいかない人間関係が描かれており、勢力争いも終焉を迎えることがありませんが、それで飽きることもありません。看守達も最大のピンチに追い込まれ、メインのキャラクター一人ひとりのドラマがすごく盛り上がっている点でも見応えがあります。ある人物が、女性としての大きな局面にさしかかり、それに関わるキャラクターと間柄など、今後どんな展開になるのかも気になるところ。善寄りのキャラクター、悪寄りのキャラクターともに、いつもバランスが良いのも上手いなと思います。遂にあの大ボス的キャラクター絡みのお話は今シーズンで終わってしまったように思いますが、今後どんな新キャラクターが登場するのかも含め、続きが早く観たいです。俳優達の演技もすごくリアルなので、その点でも観飽きない作品です。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』ニコール・ダ・シルバ

『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson

シーズン1〜5のREVIEWはこちら

関連記事


  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP