REVIEW

ウェントワース女子刑務所

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

シーズン8(ファイナルシーズン)

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

遂にグランドフィナーレを迎えてしまいました。終わるとなるとやっぱり寂しいですね。それにしても振り返ってみて、このドラマはすごくおもしろかった!そして何より役者さん達の役作りが見事でした。グランドフィナーレを目前に行われたオンラインイベントには、ビー役のダニエル・コーマックとフランキー役のニコール・ダ・シルバが登壇し、これまでのエピソードを振り返ってトークを披露してくれましたが、お2人とも本当にキュートなんですよね。だから、改めて劇中とのギャップを認識して、役者さん達の実力を感じました。もうホンモノにしか見えてませんでしたからね(笑)。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

そして、歴代のボス達のキャラクター設定が本当に上手でした。もうこれ以上はパターンが出てこないんじゃないかと思いましたが、最後までいろいろありましたね。ルーは最初はそれほどインパクトがないように思いましたが、徐々に恐ろしさが出てきて、ファイナルシーズンのボスとしてはしっかり物語を盛り上げてくれました。さらに、2番手や取り巻きなど、どのキャラクターをとってもクセがあって印象に残っています。そんななか、結局最初から最後までいたメインキャラクターって誰だったのかと振り返ってみると、ブーマー、ジョアン・ファーガソン、ヴェラ・ベネット、ウィル・ジャクソン、リンダ・マイルズあたりが挙げられます。ファーガソンが強烈だったのはいうまでもありませんが、物語の展開にさりげなく影響を与えていたところで、リンダ・マイルズも良い仕事をしていたと思います。彼女には本当にイライラさせられました(笑)。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』

本当に毎話ハラハラさせられて、最後の最後まで気を抜けませんでしたが、多くのファンが納得のいく結末だったのではないでしょうか。このドラマは今後もぜひいろいろな方に個人的にもオススメしたい1作です。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson

シーズン7

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』タミー・マッキントッシュ/ケイト・ジェンキンス

これまで何人もボスが入れ替わってきましたが、見事に皆タイプが違っていて、観ていて飽きません。そして、ボスでなくてもキーパーソンとなる人物も多様なので、一難去ってまた一難といった感じで、トラブルのバリエーションの豊富さも健在。シーズン1からずっといるキャラクターにも変化や成長が見えて、連続ドラマとしてよくできているなとシーズン7まで観て改めて思います。
また、認知症、薬物依存、潜入捜査、所内恋愛など人間関係をかき回す要素もさまざまで、それを巧みに利用する者もいて、ハラハラドキドキは止まりません。さらに、善人の良心につけ込んで操る強者もいるから、余計にドギマギします。ネタバレを避けたいので、具体的に言えないのが本当にもどかしいですが、忘れた頃の話題などもまたほじくり返されたり、ほっとする間がほぼなくスリリングな展開が続きます。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』セリア・アイルランド/ニコール・ダ・シルバ

そして、おもしろいのは囚人キャラだけではありません。看守側にも新メンバーが入り、新たな問題を引き起こします。当然ながらこの新キャラは今までいなかったタイプの人物で、今シーズン最大の事件を引き起こします。人間的には小粒なのに、やらかすことが派手で、油断なりません。最後はスッキリはするのですが、最後の最後で「え〜〜〜!!!」という人物がチラッと映るので、これまた大変なことになりそうですよ。それ以外にも懐かしいメンバーがちょっと出てくるのでお楽しみに。
本作の魅力は、状況は違えど私達の現実世界でも身近に起こりうる人間同士の駆け引きが、より野生的というか本能的に描かれている点です。今からでも遅くないので、まだ手をつけていない人はぜひご覧ください。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson


シーズン6

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』

今シーズンも事件がいっぱいで、おもしろさは衰えず。シーズン1まで振り返ると、キャラクターもだいぶ入れ替わりましたが、これ以上強烈なキャラクターは出てこないだろうというこちらの予想を裏切り、節目節目で魅力的なキャラクターを投入してくるのが素晴らしいです。塀の外の関係も複雑に絡み合っていて、一筋縄ではいかない人間関係が描かれており、勢力争いも終焉を迎えることがありませんが、それで飽きることもありません。看守達も最大のピンチに追い込まれ、メインのキャラクター一人ひとりのドラマがすごく盛り上がっている点でも見応えがあります。ある人物が、女性としての大きな局面にさしかかり、それに関わるキャラクターと間柄など、今後どんな展開になるのかも気になるところ。善寄りのキャラクター、悪寄りのキャラクターともに、いつもバランスが良いのも上手いなと思います。遂にあの大ボス的キャラクター絡みのお話は今シーズンで終わってしまったように思いますが、今後どんな新キャラクターが登場するのかも含め、続きが早く観たいです。俳優達の演技もすごくリアルなので、その点でも観飽きない作品です。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』ニコール・ダ・シルバ

『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』
Huluにて配信中
公式サイト

©FremantleMedia Ltd.

TEXT by Myson

シーズン1〜5のREVIEWはこちら

関連記事


  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  2. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  3. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  4. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  5. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  6. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  7. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  8. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  9. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  10. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

PAGE TOP