REVIEW

泣くな赤鬼

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

タイトルから熱血先生のお話かと思いきや、中年の危機、大人の燃え尽き症候群を描いています。野球部の顧問と生徒とくれば、顧問の教師が問題児を更正して、強いチームになっていくというような内容が定番ですが、本作は生徒をきっかけに先生が変わっていくという内容。堤真一が演じる主人公に影響を及ぼす生徒のキャラクターがとてもリアルで、いわゆる根っからの不良というわけではなく、才能がありながら、気持ちがついていかない性格で、ある意味正論だけれど、屁理屈で大人に反論してくるようなどこにでもいるようなタイプというところが逆に本作を個性的なものにしています。大人の理想論が通じなくなってくる、思春期の生徒にどう対処すれば良いのか。これは教師と生徒という立場に限らず、親子関係や、上司と部下という立場にも通じる部分がありますが、突き放すべきか、もっともっと強引に踏み込むべきか、とても難しい問題だと思います。この生徒だけをどうにかするのではなく、他の生徒のことも合わせて考えて、一人ひとりに合ったやり方で接しているつもりでも、意図した通りに通じているとは限りません。これはどちらが良い、悪いということではなく、人間関係にはこういうケースが絶対にあって、それをやり直すきっかけがいつかやってくるかも知れないという希望も込められているように思います。でも良い意味で、希望的な展開を膨らませ過ぎることなく、とてもリアルに描いているところも共感できて、大きなことを成し遂げるかどうかよりも、本当は心を通じ合わせたかった2人が再会した時にどんな化学反応を起こすのかを軸においている点で、大人の“こうでなければいけない”という頭を柔らかくしてくれる部分もあります。子どもが大人に期待しているところって、そういうことなんだなという点にも気付かされる内容で、大人こそ感受性を豊かにしなければと思わせてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『泣くな赤鬼』堤真一

50代の男性を主人公にした、昔生徒だった青年とのお話で、しんみりとしたテンションで、特別デート向きというわけではありませんが、誰でも共感できるところはあるので、デートで観ても問題ないでしょう。相手や自分が、すごく夢中になっていたことがあるのに急にやる気が失せて活気がなくなっているとしたら、本作を一緒に観に行って、心のうちを話すだけでも癒されると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

「大人は綺麗事ばかり言う」と思ったり、「なんで自分だけ」と他の人と比較して、大人の態度を理解できない時がありますよね。大人は皆さんより長く生きていて知っていること、経験していることも多いですが、だからこそ余計にわからなくなっていること、頭が堅くなっていることもあります。本作は大人の視点を少し変えるきっかけになるようなストーリーなので、親子で観て語り合うきっかけにすると、普段伝え切れていないことが少し伝わるかも知れません。

映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥/川栄李奈/竜星涼/キムラ緑子/麻生祐未

『泣くな赤鬼』
2019年6月14日より全国公開
KADOKAWA
公式サイト

©2019「泣くな赤鬼」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP