REVIEW

泣くな赤鬼

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

タイトルから熱血先生のお話かと思いきや、中年の危機、大人の燃え尽き症候群を描いています。野球部の顧問と生徒とくれば、顧問の教師が問題児を更正して、強いチームになっていくというような内容が定番ですが、本作は生徒をきっかけに先生が変わっていくという内容。堤真一が演じる主人公に影響を及ぼす生徒のキャラクターがとてもリアルで、いわゆる根っからの不良というわけではなく、才能がありながら、気持ちがついていかない性格で、ある意味正論だけれど、屁理屈で大人に反論してくるようなどこにでもいるようなタイプというところが逆に本作を個性的なものにしています。大人の理想論が通じなくなってくる、思春期の生徒にどう対処すれば良いのか。これは教師と生徒という立場に限らず、親子関係や、上司と部下という立場にも通じる部分がありますが、突き放すべきか、もっともっと強引に踏み込むべきか、とても難しい問題だと思います。この生徒だけをどうにかするのではなく、他の生徒のことも合わせて考えて、一人ひとりに合ったやり方で接しているつもりでも、意図した通りに通じているとは限りません。これはどちらが良い、悪いということではなく、人間関係にはこういうケースが絶対にあって、それをやり直すきっかけがいつかやってくるかも知れないという希望も込められているように思います。でも良い意味で、希望的な展開を膨らませ過ぎることなく、とてもリアルに描いているところも共感できて、大きなことを成し遂げるかどうかよりも、本当は心を通じ合わせたかった2人が再会した時にどんな化学反応を起こすのかを軸においている点で、大人の“こうでなければいけない”という頭を柔らかくしてくれる部分もあります。子どもが大人に期待しているところって、そういうことなんだなという点にも気付かされる内容で、大人こそ感受性を豊かにしなければと思わせてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『泣くな赤鬼』堤真一

50代の男性を主人公にした、昔生徒だった青年とのお話で、しんみりとしたテンションで、特別デート向きというわけではありませんが、誰でも共感できるところはあるので、デートで観ても問題ないでしょう。相手や自分が、すごく夢中になっていたことがあるのに急にやる気が失せて活気がなくなっているとしたら、本作を一緒に観に行って、心のうちを話すだけでも癒されると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

「大人は綺麗事ばかり言う」と思ったり、「なんで自分だけ」と他の人と比較して、大人の態度を理解できない時がありますよね。大人は皆さんより長く生きていて知っていること、経験していることも多いですが、だからこそ余計にわからなくなっていること、頭が堅くなっていることもあります。本作は大人の視点を少し変えるきっかけになるようなストーリーなので、親子で観て語り合うきっかけにすると、普段伝え切れていないことが少し伝わるかも知れません。

映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥/川栄李奈/竜星涼/キムラ緑子/麻生祐未

『泣くな赤鬼』
2019年6月14日より全国公開
KADOKAWA
公式サイト

©2019「泣くな赤鬼」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希 引っ越し大名!

昔、引っ越し大名っていう役職は本当にあったようですね。今で考えると大企業がごそっと皆で家族も連れて拠点を変えるようなものなので…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

おすすめ記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

REVIEW

  1. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  2. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  3. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  4. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  5. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  6. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  7. 映画『天気の子』
    天気の子

  8. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  9. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  10. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP