REVIEW

FEAST -狂宴-【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド

REVIEW

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかもしれません。個人的には、人間が持つ善悪の両面を描きながら、弱者と強者の覆らない社会構造を目に焼き付ける辛辣さのある見事な作品だと感じました。本作で描かれているのは美談ではなく、社会の現実です。
物語は、1つの交通事故から始まります。父と幼い娘が乗る荷台付きのバイクにぶつかったのは、レストランを経営する父と息子。被害者が道路に倒れている姿を見て茫然とする息子と運転を交代した父は、一旦その場から去ることを選択します。その後、加害者の家族と被害者の家族の奇妙な関係へと発展していきます。
まず印象的なのは、事故後のやり取りです。これはフィリピンの文化なのか、凶悪犯罪ではないからか、交通事故が多いといった背景があるからなのか、裁判なども淡々としています。ただ、そうした風潮があるなら、本作で描かれているような加害者と被害者の関係が生まれてもおかしくありません。加害者家族と被害者家族との間には、「あんなことがあったのに?」と思えるような奇妙な親密さができていて、同時に仕事の立場上、仕方がないとはいえ、上下関係ができている点で、社会の縮図を見ているような感覚になります。
加害者家族は罪を償うために被害者家族を助けているように見えて、元々は自分達がまいた種です。彼等の奇妙な生活を眺めていると、社会的弱者である被害者家族の寛容さと同時に、社会的強者である加害者家族の、結局は心から分け与えることはしない深層心理を垣間見ている気がします。そうしたそれぞれの人間性は、一見和やかに見えるラストシーンに象徴されていて、かなり皮肉が効いたストーリーとなっています。私はそんな風に本作を観ましたが、観る方によっては解釈がまったく異なるのかもしれません。ぜひ、周囲で観た方と議論も含めて楽しんでください。

デート向き映画判定

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン

デートのムードを盛り上げるようなストーリーではない一方で、観終わった後に議論のし甲斐がある作品です。感想を述べあうと、お互いの物事の捉え方がわかるのではないでしょうか。エンタメ色の強い派手な展開の映画が好きな方を誘うにはあまり向いていないと思いますが、観ながらいろいろ思考を巡らせるのが好きな方を誘うには向いていると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/リト・ラピッド

保身のために過ちを犯す大人達(加害者側)の姿は反面教師として観てください。家族を守ろうとする気持ちがあったとしても、やり方が間違っていることもあります。キャラクターそれぞれの心情を想像しながら観ていると、自分はどういう人間でありたいかといった価値観も少し見えてくるかもしれません。

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド

『FEAST -狂宴-』
2024年3月1日より全国公開
百道浜ピクチャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 HONG KONG PICTURES HEAVEN CULTURE & MEDIA COMPANY LIMITED. All RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP