REVIEW

PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

REVIEW

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話をベースにしています。モデルとなったのは、2018年に初めて開催された“全国高校eスポーツ選手権”で決勝戦まで進出した阿南高専の“Kamase Dogs”。古厩智之監督はモデルとなった生徒達にインタビューをした上で、実際の彼等のイメージや体験談を活かしながら、俳優達が醸し出す雰囲気やアイデアも取り入れて映画化したそうです(映画公式資料より)。
高校生達が大会を目指す物語と聞くと、部活ベースかなと勝手に想像してしまいますが、そうではありません。大会が開催されることを知った田中達郎(鈴鹿央士)が、急遽メンバーを募集して、友達でもなかった3人が即席でチームを組んで大会に出場します。その3人の距離感は今どきの高校生といった感じで一見クール。そういう意味で、熱さがウリの青春映画とは異なる点が本作の魅力でありつつも、やっぱり後半は彼等の中に沸々としたものが芽生えてきて、観ているこちらにも伝わってくるものがあります。そして何より、勝ち負けよりも今という時を大切に過ごすというスタンスに共感を覚えます。
奥平大兼、鈴鹿央士、小倉史也が演じるキャラクターもそれぞれ個性が光っています。授業中や放課後、家族との時間、そして、メンバー同士のたわいもないやり取り、どのシーンもティーンの等身大の姿として映ります。切ないシーンもありながら、高校生らしいやり取りにはクスッと笑えたり、キュンとしたり、映画を観ている時間は自分も高校生になったつもりで観られます。主人公達と同世代の方はもちろん、大人も“楽しむ”ことの大切さを改めて体感できる作品です。

デート向き映画判定

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/山下リオ

デートで観るにもちょうど良い程度に、高校生らしい爽やかでキュンとする恋愛模様が描かれています。友達以上恋人未満のカップルは何らか触発されるところがあるかもしれません。1歩踏み出せないでいる方は、思い切って好きな相手を誘ってみると良いでしょう。ティーンが主人公とはいえ、大人が観ても共感できる内容で、鑑賞後は清々しい気持ちになるので、年齢問わず気分転換にオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

楽しみながら何かに一生懸命になるのも良いなと思わせてくれるストーリーです。そして何より実話ベースなので、伝わってくるものに説得力があります。勝ち負けにこだわる部活や習い事に励むのももちろん良いですが、ちょっと疲れたなと感じていたり、好きだったはずのことが楽しめなくなっているなと感じていたら、本作を観ると良い意味でリラックスできると思います。

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』
2024年3月8日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』製作委員会

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP