REVIEW

ハロウィン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハロウィン』ニック・キャッスル

何が怖いかって殺人シーンよりも、殺人鬼のマイケル・マイヤーズがずっと無言というのが一番不気味。40年間、一言も話さず一見大人しいマイケルが、ブギーマンのマスクが引き金となって、また殺人を犯していき、因縁の対決を再びするためにローリー(ジェイミー・リー・カーティス)を探し、ローリーもまた今回こそ彼にトドメを刺そうと、対決に備えます。ホラーでは王道の設定、“強い女性vs.殺人鬼”という構図が今回も活かされていますが、単純に2人の対決に留まらず、それが次の世代に受け継がれていく展開が、1978年版の続編となる本作の見どころの一つとなっています。
ホラーでギョエーっとなるきっかけって、人それぞれだと思いますが、私の場合はリアルに痛そうなシーンが苦手。グサッと刺されたりは観慣れてますが(笑)、歯を全部抜かれたり、骨を砕かれたり、指だけ切られたりするほうが、生々しく痛さを想像してしまいます。でも、そんなシーンで心臓をバクバクさせることこそ、ホラーの醍醐味なはずなので、楽しまねば損ですよね。一方で“してやったり!”という爽快感を得られるのも魅力なので、女子の皆さんにもぜひ観て欲しいと思います。

デート向き映画判定
映画『ハロウィン』ジェイミー・リー・カーティス

ホラーを観慣れているカップルは良いと思いますが、ホラーが苦手な人は男女ともにそれなりにいるので、ここまでこってりホラーだと誘う相手は限られそうな気がします。でも、吊り橋効果があるかないかという限度を通り越して、ずっと緊張が続くので、映画鑑賞中はくっついていたい気持ちにはなるはず。一緒に観賞した仲間意識は芽生えるかも知れません(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハロウィン』ジュディ・グリア

R-15+なので高校生以上の人は観られますが、ホラーを観慣れていないと相当怖いと思います。今では日本でもハロウィンが流行ってきているので、もしかしたらこういう人も仮装の人達に紛れているかも知れないと、注意喚起の意味で観てみると、少々役に立つことがあるかも知れません。観賞チャレンジをしたい人は、午前中か真っ昼間に観て、その後気分転換すると克服できるでしょう。

映画『ハロウィン』ニック・キャッスル

『ハロウィン』
2019年4月12日より全国公開
R-15+
公式サイト

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット 『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

1989年11月10日イギリス、バーケンヘッド生まれ。2012年にRADA(英国王立演劇学校)を卒業し、ITVの『オックスフォードミステリー ルイス警部』で役者デビュー。ロイヤル・コートとナショナル・シアターで上演された…

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ ガーンジー島の読書会の秘密

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』を手掛けたプロデューサー達による作品ということでクオリティは心配ご無用。リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマンを始めとする名優達が…

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア 存在のない子供たち

両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らず、法的には社会に存在すらしていない少年ゼイン。彼は両親とたくさんの妹、弟と中東の貧民窟で暮らしていて、学校には通わず…

映画『葬式の名人』高良健吾 高良健吾(こうら けんご)

1987年11月12日、熊本県生まれ。2005年『ごくせん』で俳優デビューし、2006年に『ハリヨの夏』で映画初出演。2008年『蛇とピアス』で全身タトゥーと顔に15個のピアスを付けた青年役を演じた。その後…

映画『MEG ザ・モンスター』クリフ・カーティス クリフ・カーティス

1968年、ニュージーランド生まれ。マオリ族の血を引いている。ニュージーランドのドラマスクールで学んだ後、スイスへ渡り勉強を続ける。帰国後…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ
  2. 映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア
  3. 映画『アス』ルピタ・ニョンゴ/ウィンストン・デューク
    アス

  4. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  5. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  6. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  7. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  8. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  9. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  10. 映画『天気の子』
    天気の子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP