REVIEW

瞳をとじて【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『瞳をとじて』マノロ・ソロ

REVIEW

心の旅をしているような感覚になるストーリーです。物語の始まりは1990年。映画『別れのまなざし』の主演俳優フリオ・アレナスが撮影中に突然失踪してしまいます。その22年後、『別れのまなざし』で監督を務め、フリオの親友でもあるミゲルは、フリオを特集するテレビ番組に出演を依頼されたことをきっかけに、フリオに関わった人物に会います。
本作は、ミゲルの追憶を通して、老いと向き合い、人生とは何かを考えるきっかけを与えてくれます。劇中劇の『別れのまなざし』と、ミゲル達の人生が重なり合う部分からは、人生で失うものと決して失われないものの両方があるのだと教えられたような気がして、切なさと同時に温かさを感じます。ミゲルのもう1人の親友マックスから投げかけられる言葉には金言があり、ハッとさせられるものがあります。クライマックスでマックスからミゲルに語られた言葉は、晩年の生き方を受け容れ、覚悟した言葉にも聞こえて、重みがあります。
そして、何より本作は映画が鍵となっている点で、映画の存在の大きさと、ビクトル・エリセ監督の映画愛をひしひしと感じます。この映画を心の深いところで理解するには、もっと年を重ねてからになるのだろうと思います。また、10年後、20年後…と、自分の年輪が増えるごとに観返したくなる作品です。

デート向き映画判定

映画『瞳をとじて』マノロ・ソロ/アナ・トレント

老いた時に自分に何が残るのか、何ができるのか、どう生きるのかを考えさせられるストーリーです。一生を共にしようと考えている2人なら、人生観を話すきっかけになるのではないでしょうか。一方、誰かと生きる人生の意味を見失っている方は、客観的に見つめ直すきっかけになるかもしれません。1人でじっくり観るのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『瞳をとじて』マノロ・ソロ/ホセ・コロナド

上映時間が169分あり、静かに展開するストーリーで、老年期の主人公の物語なので、皆さんにとってはまだピンとこないかもしれません。ただ、ビクトル・エリセ監督が丁寧に描く、キャラクター達の心の静かな動きや、絵画的なシーンは、言語化できない何かを感じさせます。いろいろな映画を観てみたいという好奇心が沸いてきている方、映画を作ることに興味が湧いてきた方は、観てみると良いのではないでしょうか。

映画『瞳をとじて』

『瞳をとじて』
2024年2月9日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 La Mirada del Adiós A.I.E, Tandem Films S.L., Nautilus Films S.L., Pecado Films S.L., Pampa Films S.A.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP