REVIEW

ほかげ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ほかげ』塚尾桜雅

REVIEW

終戦後の日本を舞台にした本作は、戦争が終わっても苦しみ続ける人達の姿を映しています。まだ幼いながらもなんとか1人で生きている少年が、孤独に生きる女性、トラウマを抱えて生きる元兵士など大人達を見つめる眼差しが特徴的です。
それぞれのキャラクターの背景は最初わからず、皆自分が生きるのに必死で、信じて良い相手なのか、悪者なのかわからず、終始緊張感が漂います。一方で、お互いの関わり合いによって安らぎがもたらされるシーンもあり、観ている側も感情の揺らぎを体感できます。セリフで多くを語らず、風景やキャラクター達のふとした言動によって、戦後の世界の異質さを描いている点も秀逸。塚本晋也監督の演出力を感じます。
俳優達の演技も見ものです。趣里は、時に静かに、時に激しく、感情を表現していて、キャラクターの心が揺れ動く様を見事に体現しています。寝転ぶ後ろ姿が映されたシーンでは、素肌が見えている足が何とも美しく艶めかしくて、芸術性も感じられます。また、森山未来も神秘的なキャラクターを好演。何を考えているのかわからない怖さもあり、観ていてハラハラさせられます。そして、何といっても子役の塚尾桜雅の演技が素晴らしいです。特有の佇まいがあり、子どもらしさ、自然な演技に惹きつけられます。
現代もある意味生き残るのに必死にならざるをえない状況です。周囲を敵とみなして生きるのか、支え合う者とみなして生きるのか、辛くても正しくあろうとするのか、辛さを言い訳に人の道を踏み外すのか。本作は現代に生きる私達にさまざまな問いを投げかけてきます。

デート向き映画判定
映画『ほかげ』森山未來

テーマが重く、濡場もあり、デートムービーとはいえません。ただ見応えはあり、人生観を問う内容なので、映画鑑賞後に語るのが好きなカップルは一緒に観るのも良さそうです。それぞれの登場人物の言動をどう解釈したかによって、お互いの物の見方を垣間見ることができるでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ほかげ』趣里/塚尾桜雅

皆さんは、“坊や”と呼ばれる少年の目線で本作の過酷な世界を体感できるところがあるでしょう。大人でも食べる物、寝る場所に困る状況で、幼い少年がどうやって生きていくのかを観て、自分ならどうするか、何ができるのか考えてみるのも良いですね。彼がさまざまな経験を経て成長する姿に学べることもあると思います。

映画『ほかげ』趣里/塚尾桜雅/森山未來

『ほかげ』
2023年11月25日より全国順次公開
新日本映画社
公式サイト

©2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP