取材&インタビュー

『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロさん&サムエーレ・セグレートさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロさん&サムエーレ・セグレートさんインタビュー

イタリアを驚愕させ、やがて世界が変わる大きなきっかけとなった実際の事件を映画化した『シチリア・サマー』。今回は、主人公ニーノ役のガブリエーレ・ピッツーロさんと、ジャンニ役のサムエーレ・セグレートさんのお二方にお話を伺いました。オーディションの様子や、イタリアにおけるLGBTIの現状について直撃しました。

<PROFILE>
ガブリエーレ・ピッツーロ:ニーノ 役(写真右)
2004年生まれ。イタリア、ローマ出身。5歳でトリノ劇場の舞台でデビューし、その後イタリアで数々の舞台を踏み演技と歌唱力を磨く。2018年には、フランチェスコ・モンタナーリ監督のマスタークラスに参加する。本作『シチリア・サマー』で初の映画出演を果たし、ナストロ・ダルジェント賞最優秀新人賞、アートハウス賞最優秀男優賞を受賞した。また、ファッション誌の表紙を飾り、ジュゼッペ・フィオレッロ監督、サムエーレ・セグレートと共にヴァレンティノのファッションショーに招待されるなど、本作出演を機に脚光を浴びている。

サムエーレ・セグレート:ジャンニ 役(写真左)
2004年生まれ。イタリア、パレルモ出身。8歳からヒップホップとモダンダンスを始め、2016年にテレビダンサーとしてデビュー。同年、ピエルフランチェスコ・ディリベルト監督作『愛のために戦地へ』で俳優デビューを飾った。長編映画は、“Il mio corpo vi seppellirà(原題)”(2018)の出演を経て、本作『シチリア・サマー』が3本目となる。本作ではガブリエーレ・ピッツーロと共に主演を飾り、ナストロ・ダルジェント賞最優秀新人賞、アートハウス賞最優秀男優賞を受賞した。2022年には、イタリアのタレントショーにヒップホップダンサーとして出演し、ダンサーとしても一気に人気を集めている。

2人が愛し合うことによってシャイな部分や恐れが勇気に変わる

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロ/サムエーレ・セグレート

シャミ:
オーディションで役が決まったそうですが、具体的にどんな審査があったのでしょうか?

ガブリエーレ・ピッツーロさん:
まずビデオ審査から始まり、その後実際に監督と会ってオーディションを受けました。監督と会った時に、作品や役についてわかりやすく説明してくださり、何を求めているのかがはっきりとわかったので、演技をすることが非常に楽になりました。また、最初から監督と気が合ったことも良かった点です。

シャミ:
実際に役が決まった時はどんな心境でしたか?

ガブリエーレ・ピッツーロさん:
監督とすごく理解し合えた感覚があり、上手くいくと良いなと思っていたので、結果を聞いた時はすごく幸せな気分になりました。あまりに嬉しくて、その後に近所を散歩して、公園のベンチにその時の自分の気持ちを書きました。そうやって喜びを表現しました(笑)。

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロ

サムエーレ・セグレートさん:
僕も役が決まった時はとても嬉しかったです。初めての主演で、僕にとって非常に大きなことでした。結果の連絡があった時に、僕は友達の家でパスタを食べていたんです(笑)。そしたら母から電話があり、飛び上がって喜びました。それでこの作品の旅を始めることになりました。今までの人生の中で1番素晴らしい経験になりました。

シャミ:
お二人にとって本当に嬉しい瞬間だったんですね!ちなみにお二人は元々お互いのことを知っていたのでしょうか?れとも今回の現場で初めてお会いになったんですか?

サムエーレ・セグレートさん:
オーディションの時に初めて会ったのですが、すぐに良い関係を築けました。オーディションの後も話を続けて、それは僕にとってすごく大きなアドバンテージになりました。というのも、監督は先にガブリエーレを決めていたんです。その後に僕のオーディションがあったので、彼と話ができたことは僕にとってすごく大きなエネルギーになり、希望を与えてくれました。
ただ少し不安だったことは、実際と役の設定とで、背の高さや年齢が僕達とは逆だったことです。ジャンニのほうがニーノより1つ年上で、背も高い設定だったのですが、実際には僕のほうが少し早く生まれていて背も低いので、そのことでもしかしたら他の方が選ばれてしまうのではないかと心配していました。でもジャンニ役に選んでいただき、撮影の時は高さの違う靴を履いたり、カメラのアングルを変えていただいて、劇中では年の差や背の高さがあまり影響しないようになっています。

映画『シチリア・サマー』サムエーレ・セグレート

シャミ:
お二人とも本当に自然な演技を披露されていて、それぞれの役にピッタリでした。

ガブリエーレ・ピッツーロさん&サムエーレ・セグレートさん:
ありがとうございます!

シャミ:
本作は1980年に起きたジャッレ殺人事件を基にした物語ですが、お二人はこの事件のことは以前から知っていたのでしょうか?

ガブリエーレ・ピッツーロさん:
知っていました。僕の祖母はシチリア人で、その事件についてもよく知っていたので、家族の間でもその話題が出ていました。オーディションの時も祖母が改めてその話をしてくれたので、すごく助けになりました。非常に重要な話なので、何か栄誉になるような形にしたいと考えていました。絶対にこの話を小さくしてしまうようなことにならないようにと、よく勉強をした上で撮影に臨みました。

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロ/サムエーレ・セグレート

シャミ:
なるほど〜。この事件が起きた時から40年以上経っていますが、イタリアにおけるLGBTIの方々に対する見方は変わったと思いますか?

サムエーレ・セグレートさん:
僕達の世代と比べると少しは変わったと思います。でも、実際には今でもジャンニやニーノが経験したのと同じような話を聞くことがあります。ニーノに関しては家族から問い詰められ、ジャンニは周囲の人にからかわれていますが、そういった状況は今でもないわけではありません。
もちろん1980年代と比べると良くなっている部分もありますが、やはり小さな町や村に関しては今でも偏見が残っています。大都会は多少違うかもしれませんが、今でも偏見が残っているのは事実だと思います。僕はシチリアの州都のパレルモで育ちましたが、そこでもやはりジャンニと同じような経験をしている方を見たことがあります。とても残念なことですが、親が子どものセクシャリティを否定したり、追い出したりするということは今でもあり、それはイタリアに限ったことではないと思います。

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロ/サムエーレ・セグレート

シャミ:
日本でも同じようなことがあるので、この作品を多くの方にご覧になってもらえたら良いなと感じます。

ガブリエーレ・ピッツーロさん&サムエーレ・セグレートさん:
そうですね!

シャミ:
陽気で無邪気なニーノと、内気な性格で孤独を感じているジャンニという対照的な人物が出会い、心を通わせていく様子が繊細に描かれていました。それぞれ演じたキャラクターに感情移入した部分やもしご自身と似ている点があれば教えてください。

ガブリエーレ・ピッツーロさん:
僕が演じたニーノは、最初からすごく似たところがあると感じていました。その点から監督が僕を選んだのだと思います。今おっしゃったようにニーノは喜びが全身からあふれ出しているようなキャラクターでしたが、それと同時にシャイな部分も持っています。その部分は特に僕と通じると感じました。そして、ニーノとジャンニが出会い、愛し合うことによってシャイな部分や恐れが勇気に変わるんです。1人の時にネガティブだったものが大きな勇気に結実するというところがこの物語の大きなポイントだと思います。

映画『シチリア・サマー』サムエーレ・セグレート

サムエーレ・セグレートさん:
2人の関係についてはガブリエーレと同意見です。2人は世界で1番素晴らしい愛のために戦うので、僕は彼らを愛の戦士のように捉えていました。彼らは命という代償があっても愛のために戦うわけです。もちろん僕も彼らの中に勇気があったと感じるのですが、ジャンニもニーノも暴力に対して暴力を使わずに戦うところが非常に共感できました。

シャミ:
ジャンニとニーノの姿は本当に胸を打たれました。セクシャリティの問題に関わらず、ニーノとジャンニのように何か困難な壁にぶつかり、挫折したり、時には自分の心に嘘をついてしまう方が多くいます。そういった方々に向けてお二人からメッセージをお願いします。

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロさん&サムエーレ・セグレートさんインタビュー

ガブリエーレ・ピッツーロさん:
困難な壁にぶつかった時に降参してしまう方もいれば、戦うことを選ぶ方もいますよね。戦うことによって、困難がチャンスに変わることもあり得ると思います。僕自身はできるだけいつも戦うことが必要だと思っています。自分に幸せをもたらしてくれるもののために戦うということです。困難と直面した時にそれに甘んじてしまうのではなく、僕自身は戦う姿勢が必要だと感じます。でも、それは個人個人の考え方にもよると思います。

サムエーレ・セグレートさん:
僕もガブリエーレに賛成です。やっぱり自分が信じていることに対して、難しさに関係なく、戦うことが大事だと思います。選択肢がある場合、僕はより難しいほうを選択することが多いです。そういう時に戦わなければ負けたような気持ちになってしまうからです。人生はいろいろな困難をもたらすわけですが、それと戦うことによって僕達は強くなることができるんです。もちろんガブリエーレが話したように人それぞれだと思います。でも、ただじっとしているのではなく、不安に負けないように、勇気を持って自分の信念で戦っていくことが大切なのではないかと思います。

シャミ:
素敵なメッセージですね!本日はありがとうございました。

2023年11月2日取材 TEXT by Shamy

映画『シチリア・サマー』ガブリエーレ・ピッツーロ/サムエーレ・セグレート

『シチリア・サマー』
2023年11月23日より全国公開
PG-12
監督・脚本:ジュゼッペ・フィオレッロ
出演:ガブリエーレ・ピッツーロ/サムエーレ・セグレート/シモーナ・マラート/ファブリツィア・サッキ/アントーニオ・デ・マッテオ/エンリコ・ロッカフォルテ/ジュゼッペ・スパータ/アレッシオ・シモネッティ/シモーネ・ラッファエーレ・コルディアーノ/ジュディッタ・ヴァジーレ/ロベルト・サレーミ/アニータ・ポマーリオ
配給:松竹

舞台は1982年初夏のイタリア、シチリア島。16歳のニーノと17歳のジャンニは運命的な出会いを果たす。2人は一瞬で惹かれ合い、友情は次第に激しい恋へと変化していく。しかし、少年達の恋は、ある日突然の終わりを迎えるのだった…。

公式サイト ムビチケ購入はこちら

© 2023 IBLAFILM srl
© Maddalena Petrosino

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP