REVIEW

パピヨン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

本作は、作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした、終身刑囚“パピヨン”の13年間にも及ぶ脱獄劇で、1973年に、スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが主演で一度映画化されました。本作では、スティーブ・マックイーンが演じたパピヨンをチャーリー・ハナムが演じ、ラミ・マレックがドガ役を演じています。まず、チャーリー・ハナムがむちゃくちゃカッコ良くて、肉体作りにおいては、マッチョ方向だけでなく、やせ細る方向でもかなり仕上げていて、その力の入れように脱帽。アクションシーンもふんだんにあり、全裸で闘っちゃうシーンは、マッチョ好きなら身体の隅々まで注視してしまうはず(笑)。とにかく、まさに精神も肉体もあますところなく演じきっていて、素晴らしいです。ラミ・マレックもチャーリーに劣らない名演で、ドガというキャラクターをとても魅力的に見せています。この2人の演技だけでも十分に見応えがあるのですが、パピヨンの恋人を演じているのは、U2のボーカル、ボノの娘イヴ・ヒューソンということで、彼女にも注目してください。
本作のストーリーは、アンリ・シャリエールの原作小説と、ハリウッドの赤狩りに反対したダルトン・トランボの脚本の両方を基にしていて、1973年版にはなかったパリでのエピソードも追加されています。囚人のシーンばかりではなく、このパリのシーンがとても美しく、アクセントになっていて、現代的な作品になっているので、ぜひ1973年版との比較も楽しんでもらえればと思います。

デート向き映画判定
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム

シーンの9割ほどは囚人としての苦悩が描かれていて、とても壮絶なストーリーですが、パピヨンと恋人のシーンはロマンチックで、実話であり、役者も良く、見応えがあるので、デートで観るのもありだと思います。ただ、観ていて辛くなるシーンがあるので、初デートには向きません。何度か一緒に映画を観たことがあるカップル向けです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム

濡れ衣を着せられ終身刑になってしまったパピヨンが、自由を求めて何度も脱獄するストーリーで、13年間もめげずに頭脳も肉体も駆使して闘う姿に勇気をもらえます。精神的にも肉体的にも追いやられていくシーンもとてもリアルで、こんなになっても負けないなんて本当にスゴいと伝わってきますが、実話を基にしているということも念頭に入れて観ると、より感情移入できると思います。内容的には中学生以上の人向けかなと思います。

映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

『パピヨン』
2019年6月21日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・ファブル』福士蒼汰 福士蒼汰(ふくし そうた)

1993年5月30日、東京都生まれ。2011年、TVドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビュー。同年に『仮面ライダーフォーゼ』でドラマ初主演を飾る。その後2013年に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子 今日も嫌がらせ弁当

篠原涼子は、こういう役をやらせたらピカイチですね。チャキチャキの母親のキャラクターにとても共感できます。愛情たっぷりで、子どもにもそれが伝わっているはずなのに…

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』永瀬正敏 永瀬正敏(ながせ まさとし)

1983年にデビュー以降、ジム・ジャームッシュ監督『ミステリー・トレイン』や、クララ・ロー監督『アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン』などに出演し、1991年に山田洋次監督作『息子』で…

映画『凪待ち』香取慎吾 凪待ち

ある殺人事件が起こりますが、犯人捜しをするのがメインのお話ではありません。ギャンブルに溺れ、恋人に甘えて暮らしていた男が、心を入れ替えられるか否かを追うストーリーが軸になっていて…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク キム・ドンウク

1983年7月29日生まれ。高校3年生の時にパク・シニャン主演映画『キリマンジャロ』を観て俳優になる夢を抱き、韓国芸術総合学校演劇院で学ぶ。その後…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク D.O.(ディオ)

1993年1月12日生まれ。姓であるDOから芸名をD.O.(ディオ)とし、K-POPボーイズグループEXOのメインボーカルを務め、絶大な人気を誇る。映画は…

映画『神と共に 第二章:因と縁』マ・ドンソク マ・ドンソク

1971年生まれ。1980年代末に家族と共にアメリカへ移住し、コロンバス州立大学体育学科を卒業。格闘家の個人トレーナーなど、さまざまな仕事を経験した後、2005年にSF歴史活劇『天軍』で映画デビュー。その後…

おすすめ記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子
  2. 映画『凪待ち』香取慎吾
    凪待ち

  3. 映画『ハッピー・デス・デイ』ジェシカ・ロース
  4. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ヨアンナ・クーリク/トマシュ・コット
  5. 映画『ジョナサン -ふたつの顔の男-』アンセル・エルゴート
  6. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ステファノ・アコルシ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ステファニア・サンドレッリ/イヴァノ・マレスコッティ/クラウディア・ジェリーニ/ヴァレリア・ソラリーノ/サンドラ・ミーロ
  7. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  8. 映画『きみと、波にのれたら』
  9. 新聞記者

  10. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP