REVIEW

パピヨン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

本作は、作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした、終身刑囚“パピヨン”の13年間にも及ぶ脱獄劇で、1973年に、スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが主演で一度映画化されました。本作では、スティーブ・マックイーンが演じたパピヨンをチャーリー・ハナムが演じ、ラミ・マレックがドガ役を演じています。まず、チャーリー・ハナムがむちゃくちゃカッコ良くて、肉体作りにおいては、マッチョ方向だけでなく、やせ細る方向でもかなり仕上げていて、その力の入れように脱帽。アクションシーンもふんだんにあり、全裸で闘っちゃうシーンは、マッチョ好きなら身体の隅々まで注視してしまうはず(笑)。とにかく、まさに精神も肉体もあますところなく演じきっていて、素晴らしいです。ラミ・マレックもチャーリーに劣らない名演で、ドガというキャラクターをとても魅力的に見せています。この2人の演技だけでも十分に見応えがあるのですが、パピヨンの恋人を演じているのは、U2のボーカル、ボノの娘イヴ・ヒューソンということで、彼女にも注目してください。
本作のストーリーは、アンリ・シャリエールの原作小説と、ハリウッドの赤狩りに反対したダルトン・トランボの脚本の両方を基にしていて、1973年版にはなかったパリでのエピソードも追加されています。囚人のシーンばかりではなく、このパリのシーンがとても美しく、アクセントになっていて、現代的な作品になっているので、ぜひ1973年版との比較も楽しんでもらえればと思います。

デート向き映画判定
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム

シーンの9割ほどは囚人としての苦悩が描かれていて、とても壮絶なストーリーですが、パピヨンと恋人のシーンはロマンチックで、実話であり、役者も良く、見応えがあるので、デートで観るのもありだと思います。ただ、観ていて辛くなるシーンがあるので、初デートには向きません。何度か一緒に映画を観たことがあるカップル向けです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『パピヨン』チャーリー・ハナム

濡れ衣を着せられ終身刑になってしまったパピヨンが、自由を求めて何度も脱獄するストーリーで、13年間もめげずに頭脳も肉体も駆使して闘う姿に勇気をもらえます。精神的にも肉体的にも追いやられていくシーンもとてもリアルで、こんなになっても負けないなんて本当にスゴいと伝わってきますが、実話を基にしているということも念頭に入れて観ると、より感情移入できると思います。内容的には中学生以上の人向けかなと思います。

映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

『パピヨン』
2019年6月21日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  2. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  3. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  4. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  5. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  6. 映画『天気の子』
    天気の子

  7. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  8. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  9. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  10. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP