REVIEW

パワー・オブ・ザ・ドッグ

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』ベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチ、キルスティン・ダンスト、ジェシー・プレモンス出演、『ピアノ・レッスン』ジェーン・カンピオンが監督を務めるということで映画ファンなら気になる1作ですよね。出演者には、若手実力派トーマシン・マッケンジーや、『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク作『モールス』で主役を務めたコディ・スミット=マクフィーも名を連ねています。
主なキャラクターは、兄弟で牧場主を務めるフィル(ベネディクト・カンバーバッチ)とジョージ(ジェシー・プレモンス)、そしてシングルマザーのローズ(キルスティン・ダンスト)とその息子ピーター(コディ・スミット=マクフィー)の4人です。この4人の関係がどう始まりどう変わっていくのかが物語の軸となっています。フィルはとても高圧的で気難しい性格、ジョージは穏やかでフィルとは正反対です。フィルは弟ジョージをとても気にかけていますが、ジョージは兄と少し距離を置こうとしていて、この微妙な関係が本作の良い意味でつかみどころのない空気感を作り出しています。特にカンバーバッチが演じるフィルは何を考えているのかわからない不気味さがあり、温かいストーリーなのか、それとは真逆なのか、最後まで読めないおもしろさがあります。そんな流れを辿ってのラストでは「うわわわ〜」となって、ジワジワっとくるものがあります。敢えてそれがどっちの意味かはここで書きませんので(笑)、ぜひご自身で観て確かめてください。
実生活でパートナーのキルスティン・ダンストとジェシー・プレモンスの共演も見もの。ベネディクト・カンバーバッチに負けじとコディ・スミット=マクフィーもすごく雰囲気があって存在感を発揮していますので、いろいろな視点で楽しんでください。

デート向き映画判定
Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』キルスティン・ダンスト

カップルで観ることで特別気まずくなるようなシーンはありませんが、静かに展開するストーリーなので、普段あまり映画を観ない方にとっては好みが分かれるかもしれません。若干観察力を必要とするシーンや展開があるので、配信でご覧になる方は、家で何かしながら、2人で別の話をしながら気楽に観るというよりは、集中して観たほうが良いでしょう。そういう意味では配信で観る場合も1人でじっくり観るほうがオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』コディ・スミット=マクフィー

R-15相当となっており、内容も大人向けです。ティーンの皆さんはコディ・スミット=マクフィーが演じるピーターの目線で観る方が多いと思いますが、繊細な心がある出会いによってどういう影響を受けて、彼にどんな変化が表れるのかに注目して観てください。見た目に派手な展開はあまりないですが、嚙めば嚙むほど味が出るといったように、深いところまで理解できれば映画のおもしろさを一際感じられる作品です。映画ファンとしていろいろな作品にトライしたいティーンの皆さんは観てみてはどうでしょうか。

Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』ベネディクト・カンバーバッチ

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
2021年11月19日より一部劇場にて公開、12月1日よりNetflixにて配信開始
R-15+相当
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP