イイ男セレクション

ベネディクト・カンバーバッチ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ

1976年イギリス、ロンドン生まれ。マンチェスター大学で演技を学んだ後LAMDAで訓練を積む。2001年よりオープン・エア・シアター、アルメイダ・シアター、王朝劇場、英国立劇場などの古典舞台で重要な役を演じた。舞台“Frankenstein”では2012年度のローレンス・オリヴィエ賞主演男優賞受賞を果たした。2004年、BBC“Hawking”で若き日のスティーヴン・ホーキングを演じてモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞。2010年には、ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』でシャーロック・ホームズを演じ、英国アカデミーテレビ賞主演男優賞に2度ノミネートされ、放送映画批評家協会賞最優秀男優賞を受賞し、国際的な評価を得た。映画では『つぐない』『ブーリン家の姉妹』『戦火の馬』『裏切りのサーカス』に出演し、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では世紀の悪役を演じ『ホビット 竜に奪われた王国』『ホビット 決戦のゆくえ』では竜のスマウグの声を担当する。

イイ男セレクション/出演作

『クロムウェル~英国王への挑戦~』“Starter for 10(原題)”『アメイジング・グレイス』『つぐない』『ブーリン家の姉妹』『クリエーション』『トゥルース 闇の告発』『戦火の馬』『裏切りのサーカス』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『それでも夜は明ける』『8月の家族たち』『フィフス・エステート:世界から狙われた男』『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『ブラック・スキャンダル』『ズーランダー NO.2』『ドクター・ストレンジ』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』など

声の出演:『ホビット 竜に奪われた王国』『ホビット 決戦のゆくえ』『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』『グリンチ』など

ドラマ:『ラスト・エネミー 監視国家の陰謀』『ミス・マープル4 「殺人は容易だ」』『スモールアイランド』『SHERLOCK/シャーロック』『パレーズ・エンド』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

顔がすごくカッコ良いわけではないのに、人をすごく惹きつけるオーラを放つカンバーバッチ。『裏切りのサーカス』を観たときから注目しています。英国人特有の品の良い雰囲気がカッコ良いというのもありますが、何といっても声が魅力的。さらに、ずっと見ているうちにクセになってくるこの爬虫類顔(笑)。そして、もちろん演技力があってこそ、人気を維持しているのだと思います。『SHERLOCK/シャーロック』の彼も大好きですが、『ドクター・ストレンジ』の彼もチャーミングで良いですよ。

Recommended by Myson

RobertViglasky©Hartswood Films 2013
Jack English © 2010 StudioCanal SA
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2014 DreamWorks II Distribution Co., LLC
©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2017 Marvel. All Rights Reserved.
©2018 UNIVERSAL STUDIOS

関連記事

from 2013/7/19

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  2. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  3. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  4. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  5. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  6. 映画『天気の子』
    天気の子

  7. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  8. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  9. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  10. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP