REVIEW

プレデター:ザ・プレイ

  • follow us in feedly
  • RSS
ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』

アーノルド・シュワルツェネッガー主演1作目『プレデター』(1987年公開)から始まった“プレデター”シリーズは、ジェイコブ・トレンブレイが出演する『ザ・プレデター』(2018年公開)までで全6作品ありました。中には、エイリアンとプレデターが対決するクロスオーバー作品も2作品ありましたね。これほどバリエーションがあるというところで人気の高さを感じさせるシリーズですが、シリーズ7作目となる本作は、300年前のアメリカを舞台に、人類とプレデターとの初遭遇を描いています。
本作では、狩りをするネイティブ・アメリカンの部族がプレデターと対峙するわけですが、舞台が300年前ということで、人間の武器は原始的。とはいえ部族の男達は狩りの名手です。その中に、男に負けじと戦闘力を磨く主人公ナルがいます。ナルは女性ということで最初は部族の男達に認められずにいます。でも、持ち前の頭脳を駆使して、誰よりも先に動物ではない恐ろしい存在に気付きます。一方、宇宙からやってきたプレデターは科学技術を駆使した武器を持ち、姿を消すことができます。そんな生物は今まで見たことがないので、最初はナルの警告に誰も耳を貸しません。そして、ここからはご想像の通り、プレデターと部族の狩人達との対決が始まります。
本作の魅力は、まず人類とプレデターの初遭遇を描いているという点です。“プレデター”シリーズを観たことがある方なら、プレデターの特性を知りつつ観るわけですが、プレデターに初遭遇するナル達の様子を観ていると「そりゃ、そうなるわな」と何だか新鮮に感じます。また、舞台となる時代にはデジタルなものは全くないので、プレデターが使う高性能な科学的な武器に対して、原始的な戦いをするナル達には一見全く勝ち目がない点で、最終的にナルがどういう戦略を立てるのか一層興味が湧きます。
“プレデター”シリーズを初めて観る方は、ナル達と同じ目線でプレデターの姿や戦闘力に驚くでしょうし、“プレデター”ファンは、プレデターに関する知識があるからこそ「ここでこうなるんじゃないか」「こんな手を使うんじゃないか」と予想するおもしろさがあります。ナルの機敏な身のこなしと頭脳プレーも観ていて爽快ですよ。私はなんだかんだでシリーズ全作観ていますが、パターンは同じなのにハマるおもしろさがあります。ぜひ女子の皆さんも観てみてください。

デート向き映画判定
ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』アンバー・ミッドサンダー

後半は頻繁にグサッ、バサッ、ビシャッと、刺したり、切り落とされたり、血しぶきが飛んだりするので、お互いの映画の好みがわからないうちはデートで観るのは避けたほうが無難でしょう。観慣れている方にはノープロブレムなので、二人とも“プレデター”シリーズが好きなら盛り上がれますね。相手が初プレデターという場合でも興味があれば観てみて、気に入ったら過去作を一緒に観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』アンバー・ミッドサンダー

本作はR-15のため、15歳になってから観てください。プレデターは何もしなくても見た目が怖いし、兜を外すと中は気持ち悪いし、後半は残忍なシーンが続きます。好みは分かれると思いますが、主人公ナルの戦いぶりを観て、爽快感を味わえれば、ハマるかもしれません。

ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』アンバー・ミッドサンダー

『プレデター:ザ・プレイ』
2022年8月5日よりディズニープラス「スター」にて配信開始
R-15+

© 2022 20th Century Studios

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP