REVIEW

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ

実在した伝説のバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフが、パリ公演のため初めて祖国のソ連を出国し、とあるきっかけで亡命するまでを、過去の回想を交えて描いた作品。監督は名優レイフ・ファインズが務めており(出演もしています)、本作は監督3作目となりますが、20年の構想を経て、ようやく映画化が実現したとのことです。そんな本作で主人公ルドルフを演じたのは、バレエダンサーとして輝かしい経歴を持ち、本作で俳優デビューを飾ったオレグ・イヴェンコ。そして、パリ公演中にルドルフと同じ部屋を使うダンサーのユーリ・ソロヴィヨフを演じたのはセルゲイ・ポルーニン。セルゲイ自身、破天荒なダンサーとして有名ですが、さらに彼は13歳でルドルフ・ヌレエフ財団から奨学金を得て英国ロイヤル・バレエ学校に入学しているという縁もあり、気の利いたキャスティングが嬉しいですね。劇中には舞踏シーンも豊富ですが、本物のバレエダンサーが演じているので、すごく見応えがあり、身体のラインも彫刻のように本当に美しいので見とれてしまいます。あと、『アデル、ブルーは熱い色』で主人公アデル役に体当たりの演技で挑んだアデル・エグザルホプロスがすごく大人っぽくなっていてビックリ。本作ではルドルフの運命を握るキーパーソンを好演しています。
本作にはバレエダンサーとして生き残ることの過酷さ、社会主義国の国民であることの意味、自由、LGBTQと、さまざまなテーマが描かれている点も興味を引くポイントです。でもそれぞれのテーマが主張し過ぎることがなく、観る側が何を軸に観るかを選択する余地を残す描写となっています。私は特に社会主義国に生まれたルドルフが、自由を得たいともがく姿に共感しましたが、「国に生かされ、国のために生きる」という感覚って、こういうことなのかと、本作を通してより具体的にイメージすることができました。社会主義国を否定、肯定するというのではなく、生まれた国、環境、経験すべてが今に繋がるということを感じ、考えさせられる作品です。

デート向き映画判定
映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ

バレエが題材になっているだけでなく、美術館の絵画も登場し、全体的に芸術性に優れた作品なので、デートで観るのも良いと思います。特別バレエに詳しくなくても問題ありません。ただ1点だけ、意外な流れでエロチックなシーンが出てくるので、すごく恥ずかしがり屋の人を誘うと、気まずいムードになる可能性があります。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

今の日本では、多くの人が子どもの頃からいろいろな習い事をして、仕事も選べる時代になりましたが、そうではない時代、国があることを本作で知ると、選択肢があることの意味の大きさに気付くことができると思います。ルドルフがなぜバレエダンサーになろうと決めたのか、とてもシンプルでわかりやすく語られるシーンがありますが、逆境こそ力になるのだと感じさせられる部分もあるので、ぜひ生きたい道を選ぶ勇気を本作から得てください。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
2019年5月10日より全国公開
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『チャイルド・プレイ』
  2. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  3. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  4. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  5. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  6. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  8. 映画『トイ・ストーリー4』
  9. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン
  10. 映画『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリー/ホアキン・フェニックス

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP