REVIEW

ゴヤの名画と優しい泥棒【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』ジム・ブロードベント

1961年にロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に起きたゴヤの名画盗難事件の知られざる真相を描いた本作は、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェルが監督を務めています。ロジャー・ミッシェル監督は、2021年9月に逝去したため、本作が最後の長編作品となっています。主人公は、タクシー運転手をしながら家族とごく普通の暮らしを送っているケンプトン・バントン(ジム・ブロードベント)で、一見世界的な名画とは無縁な彼がこの事件の犯人として捕まり、法廷に上がるシーンから始まります。犯行の真相は本編をご覧いただきたいのですが、ケンプトンのユーモア溢れる人柄や、名画を隠し持つ姿には思わず笑ってしまうシーンもあるので、シリアスなテーマながらも楽しんで観られます。
ケンプトンを演じたジム・ブロードベントは、実際のケンプトン・バントンとそっくりで、まさに適役だと感じますし、彼が演じたからこそより魅力的なキャラクターへと昇華したと思います。そして、ケンプトンの妻ドロシーを演じたヘレン・ミレンの存在ももちろん見逃せません。本作では平凡な主婦を演じており、普段の俳優としての貫禄を上手く封印して役に溶け込んでいる姿に驚きます。その他にもフィオン・ホワイトヘッド、マシュー・グードらも物語の重要なキャラクターを演じているので、ケンプトン達とどう絡んでいくのかにも注目です。
本作は、世界的名画の盗難事件の驚くべき真相を知ることができると同時に、1人の男性を中心とした人間模様も観られる作品です。ケンプトンの家族関係や主張には、常に優しさや愛があり、本作を観ていると自分自身にも優しさや正しさとは何なのか問いかけたくなります。

デート向き映画判定
映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』ジム・ブロードベント/ヘレン・ミレン

特別ムードを盛り上げる展開はありませんが、気まずくなるシーンはないのでデートで観るのもアリです。本作ではケンプトンとドロシーの夫婦関係も描かれており、名画の盗難をきっかけに2人の態度や行動が少しずつ変化していきます。客観的に観ていると笑えるシーンもありますが、パートナーに何か隠し事がある人は決して他人事のように観られないと思うので(苦笑)、お互いに隠し事がない状態で観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』ジム・ブロードベント/フィオン・ホワイトヘッド

ケンプトンは60歳の高齢者なので、皆さんが彼の心情に共感することは難しいかもしれませんが、彼の優しくユーモアのある人柄はぜひ参考にしてください。もちろん盗難はしてはいけないことですが、彼があることを主張する姿は皆さんにとっても良い刺激を与えてくれると思います。自分の意見を主張することが苦手な方には特に観て欲しい1作です。

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』ジム・ブロードベント/ヘレン・ミレン

『ゴヤの名画と優しい泥棒』
2022年2月25日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

© PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP