REVIEW

決戦は日曜日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『決戦は日曜日』窪田正孝/宮沢りえ

事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な二世候補者による選挙のドタバタ劇が描かれた本作。監督は、『東京ウィンドオーケストラ』『ピンカートンに会いにいく』などを手掛けてきた坂下雄一郎が務めています。政治という難しいテーマが扱われながらも、クスッと笑えるシーンが満載なので、どんな人でも気楽に楽しめると思います。また、選挙の裏側で秘書達が奔走する様子や候補者とのやり取りがとてもリアルで、「こういうことが現実にもあり得そうだな」と感じるシーンも多くあります。
キャストは、主人公で議員秘書の谷村勉を窪田正孝、政界に無知な候補者の川島有美を宮沢りえが演じており、2人の息の合ったやり取りはとても見応えがあります。特に宮沢りえは滑稽な候補者役を思いきりよく演じていて、新たな魅力を発揮しています。その他にも赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真らが脇を固め、それぞれ個性豊かなキャラクターを好演しているので、ぜひお気に入りのキャラクターを探してみてください。
前半は有美の無茶苦茶な言動とそれを冷静に対処する秘書達の行動に笑えますが、だんだんと政治の闇に迫る展開も秀逸です。実際の政治の世界はどんな風なのかと想像を膨らませつつ、本作を楽しんでご覧ください。

デート向き映画判定
映画『決戦は日曜日』宮沢りえ

恋愛要素はありませんが、コメディ作品なのでデートで観ても良いと思います。もし政治と関わりのある方と観る場合は、現実との違いも聞いてみたいところですが、あくまでフィクションなので現実と混同しないように注意してください。また、谷村をはじめとした秘書達の対応能力の高さは、恋愛に置き換えても役立ちそうなスキルなので、参考にするのもアリかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『決戦は日曜日』窪田正孝/赤楚衛二/内田慈

政界が舞台の物語ですが、難しい専門用語なども少ないので、皆さんも人間ドラマ、コメディとして楽しめるのではないでしょうか。大人のドロドロとしたやり取りには驚くと思いますが、そういった部分は反面教師として観て、決して真似しないようにしてくださいね。もし実際の政治の世界に興味を持ったら、自分なりに調べてみるのも良いと思います。

映画『決戦は日曜日』窪田正孝/宮沢りえ/赤楚衛二/内田慈/小市慢太郎/音尾琢真

『決戦は日曜日』
2022年1月7日より全国公開
クロックワークス
公式サイト

© 2021「決戦は日曜日」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『バズ・ライトイヤー』
  2. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  3. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  4. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  5. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  6. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  7. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  8. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  9. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  10. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

PAGE TOP