REVIEW

恋のいばら【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『恋のいばら』松本穂香/玉城ティナ

『アルプススタンドのはしの方』『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』などを手掛けた城定秀夫が監督を務める本作には、男女3人のいびつな三角関係が描かれています。元カレの健太朗(渡邊圭祐)にふられたばかりの桃(松本穂香)は、SNSを通じて彼に莉子(玉城ティナ)という新しい彼女がいることを知ります。そして、桃は直接莉子に会いに行き、ある提案を持ちかけます。
まず、元カノが今カノに会いに行くというだけで、何か波乱が起きそうな予感がします。他にもところどころで桃の行きすぎた行動に「そんなことをして大丈夫?」と心配になります。そんな桃に対して、莉子がどんな対応をするのかも本作の見どころです。また、健太郎については、客観的に観ていると「イケメンだけど、どこかチャラそうだな」と感じます。でも、恋は盲目なので、もし実際にこれだけのイケメンに甘い声で誘われたら、なかなかチャラさに気付くことが難しいのかもしれません(苦笑)。人によって3人に対する観方は変わりそうなので、鑑賞後に議論するのも楽しいと思います。
地味で大人しい性格の桃を松本穂香、ダンサーで意識高い系女子の莉子を玉城ティナ、女性にだらしない健太郎を渡邊圭祐がそれぞれ魅力的に演じています。どのキャラクターにもどこかダメな部分があるので、共感というよりも反面教師として観ることができるのではないでしょうか。本作を観ながら、自分の恋愛を振り返るきっかけにもなります。

デート向き映画判定
映画『恋のいばら』松本穂香/玉城ティナ/渡邊圭祐

3人のいびつな関係は観ていてヒヤヒヤする場面も多くあるので、できればカップルで観るよりも、1人か友人同士で観ることをオススメします。健太郎は女性にだらしなく、桃と莉子を翻弄していきます。彼のような男性に引っかからないためにも、これを機に対策を練るのもアリです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『恋のいばら』松本穂香

恋愛にまつわる映画とはいえ、キュンキュンするタイプの作品ではありません。3人の男女の関係が複雑に絡んでいくので、皆さんが驚く場面も多くあると思います。また、桃のように元カレの現在の彼女に会いに行くことは、修羅場を招きかねないので、決して真似しないようにしてくださいね。

映画『恋のいばら』松本穂香/玉城ティナ/渡邊圭祐

『恋のいばら』
2023年1月6日より全国公開
パルコ
公式サイト

©2023「恋のいばら」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ ありふれた教室【レビュー】

校内で多発する盗難を解決しようとする行動が負の連鎖…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ ジョン・マガロ【プロフィールと出演作一覧】

1983年2月16日アメリカ、オハイオ州生まれ。演劇作品への出演からキャリアをスタートし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  2. Netflixドラマ『マスクガール』
  3. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  4. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ
  5. 映画『碁盤斬り』草彅剛/清原果耶

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP