REVIEW

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ナオミ・アッキー

ホイットニー・ヒューストンって、本当にスゴい人だったんだなと改めて知りました。1985年、デビューアルバム“Whitney Houston”が大ヒットし、一気にスターダムにのし上がったホイットニーは世の中に迎合することなく、自分の感性で大スターの座を勝ち取った人だとわかります。今観ると、彼女は時代の何十年も先をいっていて、今やっと時代が彼女に追いついたという印象です。だから歌手としてはもちろん生まれつきのスターだったんだなということが本作から伝わってきます。
ただ、希代のスターになり大金を手に入れるようになると、やはり人間関係がおかしくなり、精神的に追い詰められていきます。これまでさまざまなスター達の実話が映画化され、皆精神的に病みドラッグなどに溺れていく様子を見てきましたが、彼女も残念ながら同じ道をたどります。スターであればあるほど、イヤでも周りの反応で自分の人気の変化を目の当たりにするので、自分の存在価値がわからなくなり、不安で押しつぶされていくのだなと実感します。彼女は最初自分を強く持っていたからこそパワフルで自信に満ちあふれていました。でも、ここまで大きな存在になると周囲の期待に応えなければという思いが強くなるのは当然です。彼女を観ていると、人に期待される自分になることと、自分らしくあることの両立はとても難しいとわかります。
そんな切ないストーリーながら、ホイットニーのパワフルな歌を聞けるのは本作の醍醐味です。本作の公式資料によると、劇中で使われたホイットニーの名曲22曲は、「オリジナル音源をリミックスして(主演の)ナオミ・アッキーの演技に合わせた完璧なサウンドを劇場で再現することができただけでなく、マルチトラック音源によりアッキー自身の演技をより引き立てることが可能となった」とあります。劇中の歌唱シーンの数々は本当に見応えがあるので、ぜひ大きなスクリーンでホイットニー・ヒューストンのステージを楽しむ感覚でご覧ください。

デート向き映画判定
映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ナオミ・アッキー

ホイットニー・ヒューストンの恋愛関係、夫婦関係も描かれていて、彼女の運命を大きく動かす要素となっています。いろいろと考えさせられるところがあるので、デートで観るよりも1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観て、自分の恋愛観、結婚観を振り返るきっかけにするほうが良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ナオミ・アッキー/スタンリー・トゥッチ

ホイットニー・ヒューストンは、2012年にこの世を去りました。なので、キッズやティーンの皆さんはホイットニー・ヒューストンをあまり知らないかもしれません。でも、歌は聴いたことがある方もいるのではないでしょうか。華やかなショービズの世界の光と闇を描いていて、内容からしてもせめて中学生以上になってから観るほうが良いですが、ホイットニーの生き様から学べるところもあります。興味を持ったら観てみてください。

映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ナオミ・アッキー

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』
2022年12月23日より全国公開
PG-12
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP