REVIEW

こんにちは、私のお母さん

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン/チャン・シャオフェイ

本作は、監督、脚本、主演を務めたジア・リンが自身の母との実話を基に描いた物語です。主人公は元気と明るさだけが取り柄で、母に苦労ばかりかけているジア・シャオリン(ジア・リン)。ジアはあることをきっかけに20年前の1981年にタイムスリップし、母の幸せのために運命を変えようと奔走します。ちょっとした小ネタが散りばめられていて笑えるシーンも多いのですが、全編を通して母親への温かい愛情が伝わってきて、鑑賞後も良い後味が残ります。
ジア・シャオリンを演じたジア・リンの等身大の演技も見事ですし、若かりし頃の母を演じたチャン・シャオフェイのチャーミングな所作も印象的です。また、彼女達を取り巻くキャラクター達も個性派揃いで、コメディとしてのおもしろさを際立たせる重要な役割を果たしています。個人的にはあるボートのシーンで爆笑したので、皆さんもぜひお気に入りのシーンを見つけてみてください。
もし過去にタイムスリップして若かりし頃の親に会うことになったら…と想像するだけでも楽しいですし、母娘の関係性を客観的に見つめることで、ご自身の親子関係を振り返るきっかけにもなるのではないでしょうか。ジアが母の幸せを願って一生懸命に行動する姿は思わず応援したくなりますし、現代と過去が少しずつ影響し合う展開も見応えがあるので、隅々まで注目してご覧ください。

デート向き映画判定
映画『こんにちは、私のお母さん』チャン・シャオフェイ

母と娘の物語が軸ですが、恋愛要素も少しだけあります。ネタバレになるので詳細は控えますが、本作では意中の相手を落とすための作戦シーンがいくつか登場します。作戦の行方は本編をご覧いただくとして、振り向かせたい相手のいる人なら真似をして実践してみるのもアリかもしれません。既に付き合っているカップルにとっても気兼ねなく楽しめる作品なので、デートにもピッタリだと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン/チャン・シャオフェイ

わかりやすいコメディ要素も満載で、且つ親子愛についても考えられる作品なので、皆さんにも観て欲しい1作です。現実では自分が生まれる前の親に会うことは叶いませんが、本作のジアを通して疑似体験して、自分ならどんな風に接するのか想像してみるのもおもしろいと思います。もし親との関係に悩んだ時は本作を観て考えるのもオススメです。

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン/チャン・シャオフェイ

『こんにちは、私のお母さん』
2022年1月7日より全国公開
Tiger Pictures Entertainment、ハーク
公式サイト

© 2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP