REVIEW

転がるビー玉

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『転がるビー玉』吉川愛/萩原みのり

本作は、シェアハウスをしている3人の女子達のそれぞれの日常が切り取られた物語です。彼女達はモデルや歌手などの夢に向かって一生懸命頑張っているのに、なかなか思うようにいかず、悩んだり苦しんだり…。でも誰にどう相談して良いのかもわからない、そういう行き場のない歯痒さがたくさん詰まっている作品です。
大人目線で観ると、夢や男性関係のことで悩む彼女達の姿はすっごく青春で羨ましいなと感じましたが、彼女達と同世代の10代後半から20代半ばの人達が観ると、「同じように苦しんでいるから、よくわかる!」という方も多いのかなと思いました。
吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯、笠松将、大野いとなど、20代の若手キャストがそれぞれハマり役を演じていて、特に笠松将が演じるちょっとダメな男や、大野いとが演じる先輩モデルは、主人公達にとっては意地悪な存在ですが、本作のスパイスになっていて、すごく良かったです。また、本作は“NYLON JAPAN(ナイロンジャパン)”の創刊15周年記念プロジェクトでもあり、登場する主人公達のファッションや部屋のインテリアなども、オシャレだなと思うものがたくさん登場するので、ぜひ隅々までご注目ください!

デート向き映画判定
映画『転がるビー玉』萩原みのり/笠松将

基本的には3人の女子達の日常が切り取られた物語なので、カップルで観ても気まずい空気になることなく、純粋に楽しんで観られると思います。それから、友達以上恋人未満の関係が長く続く人や、好きな相手に恋人がいる人にも、ぜひこの作品を観て欲しいです。3人の女子の内の1人は、彼女がいる男性と関係を持っているのですが、そんな彼女を客観的に観ているととても勉強になります。同じような経験をしている方は、ぜひ本作をきっかけに関係を白黒はっきりさせるのもアリですよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『転がるビー玉』吉川愛/萩原みのり/今泉佑唯

キッズが観るにはまだ共感ポイントが少ないと思うので、高校生以上のティーンに観て欲しいです。夢を持って頑張ることはすごく素敵なことですが、その頑張りが必ず報われるわけではないのが現実の厳しいところで、主人公達も、モデルや歌手を目指して地道に頑張っていますが、なかなか上手くいかず悩んでいます。そうやって立ち止まったり、悩んだりした時にどうすべきなのか、心の拠り所はどこにあるのか、ぜひ主人公達と一緒に考えながら観て欲しいです。

映画『転がるビー玉』吉川愛/萩原みのり/今泉佑唯

『転がるビー玉』
2020年1月31日ホワイト シネクイントにて先行公開、2月7日より全国順次公開
パルコ
公式サイト

TEXT by Shamy

©『転がるビー玉』製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP