REVIEW

マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ

REVIEW

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに、「とにかく観て!」の一言に尽きます。シリーズものは前作を上回る難しさがあるなかで、またもやジョージ・ミラー監督の手腕に驚かされます。
本作は、前作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でシャーリーズ・セロンが演じたフュリオサの10歳から26歳までの物語を描いています。映画公式資料にあるジョージ・ミラー監督のインタビューによると、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の製作に臨む前にフュリオサの物語を書く必要があり、フュリオサの脚本は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を撮る段階でキャストやスタッフと既に共有されていたとのことです。当時から『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がヒットしたら”フュリオサ”の映画も作ろうと思っていて、9年の時を経て今回完成したとミラー監督は語っています。
子どもの頃のフュリオサ(アリーラ・ブラウン)は可愛いだけでなくとても勇ましく、彼女の将来の姿に繋がる説得力を持っています。また、彼女のサバイバル能力がいろいろな場面で発揮され、大人になってからの彼女の戦士としての強さに繋がっていきます。子どもの頃のフュリオサの物語も予想以上にたっぷりと描かれている点で、“マッドマックス”シリーズの世界観としても、すごく新鮮味を感じます。
成長したフュリオサは、アニャ・テイラー=ジョイが演じています。知恵と戦闘能力をさらに身につけたフュリオサは、ある計画を実行すべく動きます。どんなストーリーになっているのかは観てのお楽しみとして、前作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た方はご想像の通り、本作もストーリーは至ってシンプルです。何もない砂漠で繰り広げられるカーアクションでここまで魅せるとはジョージ・ミラー監督ってやっぱり天才だなと圧倒されます。車やバイクも主人公といえるほどに存在感があり、見せ場がたっぷり。シーンの大半で車かバイクが登場し、まさにカーアクションという言葉そのものを体言している作品です。車やバイクもメイン・キャラクターといえるほど改造車も相変わらずユニークで、車マニアでなくても観ていてワクワクします。そして、何も無い砂漠で走るからこそ、カーアクションが際立ちます。
個性豊かで灰汁の強いキャラクター達が彩る狂気に満ちた世界観に、すっかり溶け込むキャスト達の演技も見事です。子どもの頃のフュリオサを演じたアリーラ・ブラウンの凛々しい表情、若かりし頃のフュリオサを演じたアニャ・テイラー=ジョイの激情を秘めた表情がとてもカッコ良くて印象的です。また、クリス・ヘムズワースは狡猾でクレイジーなディメンタス将軍を好演しています。風貌をややアベンジャーズのソーっぽくしている点にも遊び心を感じます(笑)。さらにクリス・ヘムズワースの妻エルサ・パタキーも出演しています。
前作にも負けず、本作もいろいろクセになるポイントがありますよ。まずはスクリーンでこの世界観に没入してください。

デート向き映画判定

映画『マッドマックス:フュリオサ』クリス・ヘムズワース

壮大で豪快で爽快なエンタテインメント超大作なので、デートで観るのもオススメです。“マッドマックス”新シリーズの前作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てから本作を観るのもアリですが、時系列では本作のほうが先なので本作を観て気に入ったら、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観るという流れでも大丈夫です。ハマると何度もおかわりしたくなるので、2人とも気に入ればデートのきっかけが増えますね。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ

ストーリーがシンプルでわかりやすく、めちゃくちゃカッコ良くておもしろいので、約2時間半という上映時間の長さもあっという間です。ビジュアルが強烈なキャラクターが複数出てくるので、小さなキッズは怖いと思えるかもしれませんが、小学生中学年以上なら、ハマる可能性があると思います。映画の醍醐味を味わえる作品なので、ぜひ一度は大スクリーンでこの“映画体験”をしてください。

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース

『マッドマックス:フュリオサ』
2024年5月31日より全国公開
PG-12
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2024 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
Dolby Cinema is a registered trademark of Dolby Laboratories.

TEXT by Myson


関連作:“マッドマックス”シリーズ

『マッドマックス』(1作目、メル・ギブソン主演)
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(新シリーズ1作目、トム・ハーディ主演)
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 ジョージ・ミラー監督来日会見
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP