イイ俳優セレクション

クリス・ヘムズワース

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ソー:ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース

1983年8月11日オーストラリア、メルボルン生まれ。弟は俳優リアム・へムズワース。オーストラリアのTVドラマに出演し、国内で人気を獲得。2009年には『スター・トレック』でハリウッドデビュー。2011年にマーベルコミックの映画化作『マイティ・ソー』で主役のソー役に抜擢され大ヒットを記録(続く“アベンジャーズ”シリーズでは同役を演じている)。その後も『キャビン』『スノーホワイト』など、大作への出演が続き一躍スターとなる。そのほか代表作に『レッド・ドーン』『ラッシュ/プライドと友情』『白鯨との闘い』などがある。プライベートでは2010年に女優のエルサ・パタキーと結婚し、娘1人と双子の息子達がいる。

イイ男セレクション/出演作

『スター・トレック』『パーフェクト・ゲッタウェイ』『マイティ・ソー』『キャビン』『アベンジャーズ』『スノーホワイト』『レッド・ドーン』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『ラッシュ/プライドと友情』『ブラックハット』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『白鯨との闘い』『スノーホワイト/氷の王国』『ゴーストバスターズ』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ホース・ソルジャー』『ホテル・エルロワイヤル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『メン・イン・ブラック:インターナショナル』『タイラー・レイク -命の奪還-』(Netflix映画)『スパイダーヘッド』(Netflix映画)『ソー:ラブ&サンダー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『マイティ・ソー』のソーの豪快なキャラクターを観た瞬間からファンになりました。まさに“優しくて力持ち”的な風貌で好感が持てます。ソー役の印象が強いので、そこに縛られないかと懸念はありましたが、いろいろな役柄を演じ、役の幅を広げていて良かったです。実話を映画化した『白鯨との闘い』では、海に遭難し痩せ細っていく姿をリアルに体現していて、役作りの熱心さにも共感。『スノーホワイト/氷の王国』では、強いけれど愛する女性には弱い、キュートな男性を演じていて母性本能をくすぐります(笑)。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ソー:ラブ&サンダー』
2022年7月8日より全国公開

映画『ソー:ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン

『スパイダーヘッド』
2022年6月17日よりNetflixにて配信開始

Netflix映画『スパイダーヘッド』クリス・ヘムズワース/マイルズ・テラー

『タイラー・レイク -命の奪還-』
2020年4月24日よりNetflixにて配信中

Netflix映画『タイラー・レイク -命の奪還-』クリス・ヘムズワース

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『スター・トレック』

『パーフェクト・ゲッタウェイ』

『マイティ・ソー』

『キャビン』

『アベンジャーズ』

『スノーホワイト』

『レッド・ドーン』

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

『ラッシュ/プライドと友情』

『ブラックハット』

『白鯨との闘い』

『スノーホワイト/氷の王国』

『ゴーストバスターズ』

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

『ホース・ソルジャー』

『ホテル・エルロワイヤル』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』

© 2012 UNITED ARTISTS PRODUCTION FINANCE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. RED DAWN IS A TRADEMARK OF METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.AND USED WITH PERMISSION.ALL RIGHTS RESERVED.
© 2013 MVLFFLLC. TM & © 2013 Marvel. All Rights Reserved. 
© 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.
©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
© 2012 UNITED ARTISTS PRODUCTION FINANCE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. RED DAWN IS A TRADEMARK OF METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.AND USED WITH PERMISSION.ALL RIGHTS RESERVED.
©Marvel Studios 2017
© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©Marvel Studios 2022

関連記事

from 2014/1/26

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP