REVIEW

マーウェン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マーウェン』スティーヴ・カレル

冒頭から「あれ?この映画って実写じゃなかったっけ?」と思うくらい、ガッツリ人形を使ったシーンがあり、ロバート・ゼメキス監督お得意の世界観が広がります。しかも実話をベースにしているので、なおこの演出を観て「これ、何の話だ?」となるのですが、そこがまた引き込まれる部分です。ヘイトクライムの被害に遭った男性のお話で、この事件のいきさつや、被害者の男性のその後の姿をストレートに描いたら、とても重くなったと思いますが、PTSDを抱えながら葛藤する主人公の精神世界をファンタジックに描いていて、悲壮感だけに占拠された作品ではなく、希望の光を感じさせ、観る者が主人公の心に寄り添いやすい描写にしている点で、ロバート・ゼメキス監督、主演のスティーヴ・カレルの手腕を感じます。主人公マークが作る人形は、物語に登場する人間をそのまま人形にしているのですが、どれもソックリですごく精巧にできています。思わず、自分の人形も作って欲しいと思っちゃうくらいです(笑)。またマークの頭の中で繰り広げられる人形達のドラマも見せ方が凝っていて、ロバート・ゼメキス監督がいかに気合いを入れて作ったかが伝わってきます。「それ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』やん!」と思えるシーンも出てきてニンマリしてしまうところもありますよ。とにかく、いろいろな見どころが詰まった作品です。

デート向き映画判定
映画『マーウェン』スティーヴ・カレル/レスリー・マン

主人公がヘイトクライムの被害に遭い、PTSDに苦しむ部分は観ていて心苦しいですが、一方ですごくロマンチックなシーンもあり、微笑ましく観られる要素もあります。友達以上恋人未満の人は、どういう反応になるのか不明なので、もしかしたらデートで観るのは避けたほうが良いかも知れませんが、確実に相思相愛でカップルになっている人はデートで観るのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マーウェン』スティーヴ・カレル

主人公がなぜヘイトクライムに遭ってしまったのかということなど、背景を理解できていないとピンとこない部分があるので、キッズの皆さんが理解するにはまだハードルが高いかも知れません。
本作は実話であり、世の中には偏見だけで、平気で人を傷つける人がいることがわかります。自分の身を守るため、自分が誰かを傷つけないためにも、若い皆さんに観て欲しい内容です。また主人公が辛いことがあって精神世界に逃げ込む心境は、誰もが共感できると思うので、興味を持ったら観てみてください。

映画『マーウェン』スティーヴ・カレル

『マーウェン』
2019年7月19日より全国公開
PARCO
公式サイト

©2018 UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『感染家族』キム・ナムギル 『感染家族』10名様 一般試写会ご招待

映画『感染家族』10名様 一般試写会ご招待

映画『ライオン・キング』ワールドプレミア、ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ ドナルド・グローヴァー&ビヨンセらがプライドロックに集結!『ライオン・キング』ワールドプレミアが開催

『ライオン・キング』が、8月9日より全国公開!先日、本作のワールドプレミアがL.A.にて開催され、主人公シンバ役のドナルド・グローヴァー、シンバの幼馴染ナラ役のビヨンセ他、セス・ローゲン、ビリー・アイクナー、キウェテル・イジョフォーら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト ニコラス・ホルト

1989年12月7日生まれのイギリス人俳優。12歳から子役として活躍し、ヒュー・グラント主演の『アバウト・ア・ボーイ』で注目を浴びた。その後もTVドラマ出演を中心に俳優活動を続け…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ/アリシア・ヴィキャンデル 世界の涯ての鼓動

ヴィム・ヴェンダース 監督、ジェームズ・マカヴォイ、アリシア・ヴィキャンデルが主演というだけで興味が湧く映画ファンは多いでしょう。そんな期待を裏切らず、主演の2人は最高にセクシーで美しく…

映画 『五億円のじんせい』望月歩さんインタビュー 『五億円のじんせい』望月歩さんインタビュー

今回は『五億円のじんせい』主演の望月歩さんに取材をさせて頂きました。若くしてたくさんの作品で名演を見せてきた望月さんに、役作りについてなどお聞きしました。

映画『五億円のじんせい』望月歩 望月歩(もちづき あゆむ)

2000年9月18日生まれ。2015年に宮部みゆき原作の映画『ソロモンの偽証 前篇・後篇』で柏木卓也役に抜擢され注目を集める。その高い演技力が…

映画『よこがお』筒井真理子 よこがお

加害者じゃないけど加害者扱いされてしまう微妙なラインに立たされた、事件の関係者が主人公の物語。この複雑な立場にいるからこそ、どうしようもできない状況に陥ってしまう様子が…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ/アリシア・ヴィキャンデル
  2. 映画『よこがお』筒井真理子
    よこがお

  3. 映画『ペット2』
    ペット2

  4. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  5. 映画『チャイルド・プレイ』
  6. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  7. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  8. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  9. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  10. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP