イイ俳優セレクション

ダイアン・クルーガー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『探偵マーロウ』ダイアン・クルーガー

1976年7月15日、ドイツ出身。モデルとして活躍後、俳優学校のル・クール・フローランで演技を学ぶ。2002年『ザ・ターゲット』で映画デビュー。2003年、第56回カンヌ国際映画祭でショパール・トロフィーを受賞、翌2004年『トロイ』で王妃ヘレン役に大抜擢。また、『ナショナル・トレジャー』(2004)、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』(2007)でヒロインを演じた。2009年『イングロリアス・バスターズ』では、全米映画俳優組合賞助演女優賞にノミネートされた。2017年、『女は二度決断する』では、ドイツ語での演技を初披露し、第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。その他の主な出演作に『戦場のアリア』『敬愛なるベートーヴェン』『マリー・アントワネットに別れをつげて』『バツイチは恋のはじまり』『パパが遺した物語』『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』『マーウェン』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ザ・ターゲット』『トロイ』『ホワイト・ライズ』『ナショナル・トレジャー』『戦場のアリア』『敬愛なるベートーヴェン』『マンデラの名もなき看守』『ハンティング・パーティ』『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』『ラスト3デイズ〜すべて彼女のために〜』『ミスター・ノーバディ』『イングロリアス・バスターズ』『アンノウン』『スペシャル・フォース』『マリー・アントワネットに別れをつげて』『バツイチは恋のはじまり』『THE HOST ザ・ホスト 美しき侵略者』『パパが遺した物語』『ラスト・ボディガード』『潜入者』『女は二度決断する』『女神よ、銃を撃て』『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』『マーウェン』『355』『探偵マーロウ』など

ドラマ:『シャークス in ハリウッド』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『トロイ』で彼女を観た瞬間、なんて美しい方なんでしょうと目を奪われました。最近ではハードボイルドな役も多くて、カッコ良さも好きです。(2022/4/1)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『探偵マーロウ』
2023年6月16日より全国公開

映画『探偵マーロウ』リーアム・ニーソン/ダイアン・クルーガー/ジェシカ・ラング/アドウェール・アキノエ=アグバエ/ダニー・ヒューストン/アラン・カミング

『シャークス in ハリウッド』
2023年6月9日よりHuluにて配信中
Huluで観る

海外ドラマ『シャークス in ハリウッド』ダイアン・クルーガー/キーナン・シプカ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ザ・ターゲット』

『トロイ』

『ナショナル・トレジャー』

『戦場のアリア』

『敬愛なるベートーヴェン』

『マンデラの名もなき看守』

『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』

『ラスト3デイズ〜すべて彼女のために〜』

『ミスター・ノーバディ』

『イングロリアス・バスターズ』

『アンノウン』

『マリー・アントワネットに別れをつげて』

『バツイチは恋のはじまり』

『THE HOST ザ・ホスト 美しき侵略者』

『パパが遺した物語』

『ラスト・ボディガード』

『潜入者』

『女は二度決断する』

『女神よ、銃を撃て』

『マーウェン』

『355』

©2012 GMT PRODUCTIONS – LES FILMS DU LENDEMAIN – MORENA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – EURO MEDIA FRANCE – INVEST IMAGE
©2013 The Host Film Holdings,LLC. All Rights Reserved.
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH’TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
©2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
© DHARAMSALA – DARIUS FILMS – MARS FILMS – FRANCE 3 CINÉMA
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions,Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
© 2018 Mars Town Film Limited
©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.
©MMXXI Lions Gate Television Inc. All Rights Reserved.
©2022 Parallel Films (Marlowe) Ltd. / Hills Productions A.I.E. / Davis Films


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

関連記事

from 2022/4/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP