REVIEW

またヴィンセントは襲われる【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『またヴィンセントは襲われる』カリム・ルクルー

REVIEW

主人公のヴィンセント(カリム・ルクルー)は、ある日突然、会社でインターンの男性に襲いかかられます。その後にも別の同僚に襲いかかられ、目が合うだけで理由もなく遅いかかられる現象に気付きます。身の危険を感じたヴィンセントは、家を出て田舎に逃げるものの、普通に生活することができなくなってしまいます。簡単なあらすじはここまでにしておき、皆さんにもヴィンセントと同じように何が起こるのかわからない不安な状況を体感していただきたいと思います。
前半はこの話がどこに向かうのかわからないおもしろさ、後半は真相が見えた上での比喩を解釈するおもしろさがあります。何だかSF映画のように思えてくる部分もあり、とてもユニークな描写で社会を風刺している作品といえます。

ここからはあくまで私個人の解釈でネタバレを含みますので、鑑賞後にお読みください。

映画『またヴィンセントは襲われる』

まずやり場のない怒りが世の中に蔓延している状況を比喩しているのかなと感じました。やり場のない怒りですから、本来怒りをぶつけるべきところがアテにならないので、誰でも良いから目に留まった人に怒りをぶつけるわけです。また、暴れたのは自分のせいではない、つまり怒りの原因を人のせいにする風潮も表しているのかもしれません。そして同時に、それは誰にでも起こり得ることだということも描かれているように捉えました。本作を観ると、そんな現象が蔓延した社会に私達は生きているという危機感を改めて認識します。以上は、前情報をほぼ入れずに純粋に観終わった後に私の頭に浮かんだ解釈です。
その後に映画公式サイト見てみると、ステファン・カスタン監督のコメントがありました。結末に関する意図が書かれているので、そちらも読んでみてください。

デート向き映画判定

映画『またヴィンセントは襲われる』カリム・ルクルー

ハラハラドキドキするストーリーで、ロマンチックなムードになるというよりも、緊張感に浸る約2時間となるでしょう。ある時点から、カップルで観ると臨場感が増してきそうな展開も出てくるので、デートで観るのもおもしろそうです。最後はある意味2人で乗り切ったぞという感覚が味わえるかもしれません(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『またヴィンセントは襲われる』カリム・ルクルー

スリリングな内容なので、キッズにとっては怖いでしょう。少し目を覆いたくなるようなシーンも出てくるので、中学生くらいになってから観るほうが良さそうです。血の気の多い思春期にも、目が合っただけでお互いにカッとなるような状況があるかもしれませんが、本作で描かれる状況は比ではありません。本作を観ると、普段冷静に過ごすことの有り難さを逆に実感できそうです。

映画『またヴィンセントは襲われる』カリム・ルクルー

『またヴィンセントは襲われる』
2024年5月10日より全国公開
NAKACHIKA PICTURES
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 – Capricci Production – Bobi Lux – GapBusters – ARTE France Cinéma – Auvergne-Rhône-Alpes Cinema – RTBF

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP