REVIEW

猫は逃げた【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『猫は逃げた』⼭本奈⾐瑠

『愛がなんだ』『his』『街の上で』などを手掛けてきた今泉⼒哉監督と、数々のVシネマやピンク映画で監督を務めた城定秀夫が脚本を担当した本作。物語は、飼い猫をどちらが引き取るかを原因に離婚が先延ばしになっている夫婦、亜子(⼭本奈⾐瑠)と広重(毎熊克哉)を中心とした人間ドラマとなっています。それぞれの浮気相手も巻き込んで展開する群像劇はとても見応えがあり、自分の結婚観や恋愛観を見直すきっかけにもなると思います。
メインキャストを務める⼭本奈⾐瑠、毎熊克哉、⼿島実優、井之脇海は、一見どうしようもない4人の大人をどこか憎めない愛おしいキャラクターに見事に昇華させています。全体的には夫婦関係が中心の物語ですが、人間の脆さや危うさを感じるシーンも多いので、大人ならどこか心に響く部分が見つかりそうです。
客観的に観て、亜子と広重の間には夫婦関係を超越した愛や絆が感じられますが、本人達にその自覚がないからこそ離婚を考えているようにも見えます。同じようなことは現実でもあり得ることですし、改めて夫婦関係って難しいなと感じます。本作はそういった夫婦関係を振り返るのに最適な作品なので、自分に置き換えながら観るのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『猫は逃げた』⼭本奈⾐瑠/毎熊克哉

大人の恋愛模様が描かれていてベッドシーンもあるので、初デートや付き合いたてのカップルにはちょっと刺激が強い気がします。大人のカップルなら敢えて一緒に観て結婚や夫婦について考えてみてはいかがでしょうか。本作の夫婦は2人共浮気をしていて離婚危機にある状況なので、同じようなことが起きないよう反面教師として観るのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『猫は逃げた』⼭本奈⾐瑠

R-15+で大人向けの作品なのでキッズは大きくなってから観てください。ティーンの場合も登場人物への共感は難しいかもしれませんが、人間ドラマとしては楽しめると思います。今は本作の夫婦関係にピンとこなかったとしても、大人になって観直すとまた違う発見がありそうです。

映画『猫は逃げた』⼭本奈⾐瑠/毎熊克哉/⼿島実優/井之脇海

『猫は逃げた』
2022年3月18日より全国順次公開
R-15+
SPOTTED PRODUCTIONS
公式サイト

©2021『猫は逃げた』フィルムパートナーズ

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP