REVIEW

658km、陽子の旅【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『658km、陽子の旅』菊地凛子

本作は、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM 2019」の脚本部門審査員特別賞を受賞した室井孝介のオリジナル脚本を原案に、熊切和嘉監督が菊地凛子を主演に迎えて制作した作品です。主人公は、人生を諦め、日々何となく過ごしている独身女性の陽子(菊地凛子)です。ある日、彼女のもとに父の訃報が届き、従兄に連れられ、実家のある青森へ向かうことになります。しかし、その道中あるトラブルが起こり、陽子は1人でサービスエリアに残されてしまいます。携帯電話は故障中で所持金もわずかしかないため、陽子は実家までヒッチハイクをすることを決意します。
陽子は普段人とほとんど接することなく生活しているので、急にヒッチハイクができるのかと心配になります。実際車に乗せてくれる人が簡単に見つかるわけではなく、乗せてもらえる人が見つかっても、危険な目に遭う場面もあり、ヒッチハイクの大変さを感じます。そうした彼女の姿を観ていると、とても切なくなり、「誰か助けてあげて」と応援したくなります。もちろん中には優しい人もいて、陽子の心の支えになるような人物も現れます。そんな陽子がヒッチハイクの旅を通してさまざまな人と接することで、どんな変化を遂げていくのか注目です。
菊池凛子は、すっぴんに近いメイクで陽子役に臨んでおり、陽子の無気力さや苛立ちを上手く体現しています。そして、陽子と道中で出会う人物として黒沢あすか、見上愛、浜野謙太、吉澤健、風吹ジュンらが出演しており、それぞれが陽子の心に少しずつ刺激を与える重要人物を演じています。 本作は人間ドラマとしてもロードムービーとしても楽しめる作品です。陽子の人間関係や辛い心情は、大人ならどこか共感できるのではないでしょうか。もし陽子と同じように人生に疲れてしまっている方なら一歩踏み出す勇気をもらえると思います。

デート向き映画判定
映画『658km、陽子の旅』菊地凛子

恋愛要素はなく、シリアスなシーンが続くので、デートよりも1人でじっくり観るほうが向いていると思います。ただ、相手がロードムービー好きやヒッチハイク経験者などであれば、一緒に観ても良いかもしれません。もし本作を気に入ったら、次回のデートでは他のロードムービーを一緒に観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『658km、陽子の旅』菊地凛子/オダギリジョー

人生を諦めてしまった陽子の気持ちを理解することはまだ難しいかもしれないので、せめて中学生くらいになってからご覧ください。また、皆さんの中には、ヒッチハイクに興味のある方もいるのではないでしょうか。陽子の場合は予期せずしてヒッチハイクをすることになり、旅の道中で良い人にも危険な人にも出会います。注意すべき点は留意しつつ、ご自身でもヒッチハイクについて調べてみてください。

映画『658km、陽子の旅』菊地凛子

『658km、陽子の旅』
2023年7月28日より全国順次公開
カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023「658km、陽子の旅」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー ある一生【レビュー】

激動の時代を駆け抜ける感覚があり、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を観ているような感覚…

映画『ブルーピリオド』渋谷プレミアイベント:眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督 劇中には俳優達が描いた絵も採用『ブルーピリオド』眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督登壇、渋谷プレミアイベント

映画『ブルーピリオド』の渋谷プレミアイベントに眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督が登壇!

映画『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督メールインタビュー 『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督インタビュー

今回は、『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』で主演を飾ったサラ・モンプチさんとアリアーヌ・ルイ・セーズ監督にメールインタビューをさせていただきました。

映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ 『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

映画『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  2. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  3. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎
  4. 映画『怪盗グルーのミニオン超変身』
  5. 映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー

PRESENT

  1. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  2. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
  3. 映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ
PAGE TOP