REVIEW

セイント・フランシス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ

34歳で独身のブリジットは、子どもを持つ友達の存在や親からのプレッシャーを何となく感じながら、パートナーもおらず、レストランの給仕係として働いています。そんなある日、ブリジットはレズビアンカップルの子どもフランシスのナニーの仕事を引き受けます。フランシスは6歳の少女で、おてんば盛り。そんなフランシスは始めブリジットに反抗的でしたが、やがて2人は心を通わせていきます。
医学上、35歳以上で出産することを高齢出産といいます。これは35歳を目前にしてさまざまなことに不安を抱える1人の女性のお話です。本作は、34歳のブリジットがナニーを務めることで、子どもや母親達と接し、自分の内面と向き合っていく様を描いています。生理がキーワードになっている点も本作の特徴で、考えることから逃げようとしても身体が訴えかけてくるという、女性の日常をリアルに映し出しています。
女性って、結婚適齢期や出産適齢期というように、社会的なイメージで人生のペースが勝手に決められているところがありますよね。本当は個々に違って良いはずですが、やはり誰でも一度はブリジットのように周囲と比較して不安になることはあると思います。でも、自分のペースで良いんだなと思える要素が本作には描かれています。ブリジットの他にも、さまざまな立場の女性が登場するので、いろいろな視点で観てみてください。

デート向き映画判定
映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ

子どもを産める年齢というのは個々に違いますが、本当のリミットがいつかというのは医者にも本人にもわからないところが辛いところです。今は高齢出産が増えているとはいえ、医学上35歳以上は高齢出産といわれているので、そこを境目に悩む女性も多いのではないでしょうか。そういった不安をカップルで共有する上で参考になるストーリーです。また、子育ての悩みも描かれているので、将来子どもが欲しいカップルや今子育て中の夫婦やカップルは一緒に観ると、普段言えないことを話し合うきっかけにできるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ

女性の身体のこと、子どもができる仕組み、中絶にについて基礎的な知識を持って観たほうが良い内容なので、せめて中学生くらいになってから観るのが良いのではないでしょうか。ティーンの皆さんは身体の変化に戸惑うお年頃でもあるので、そういう話題が苦にならない相手と観ることをオススメします。

映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ

『セイント・フランシス』
2022年8月19日より全国順次公開
ハーク
公式サイト

© 2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

関連記事
  • イイ俳優セレクション/ケリー・オサリヴァン(後日UP)
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  2. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  3. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  4. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  5. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  6. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  7. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  8. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  9. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  10. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

PAGE TOP