REVIEW

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に、冒頭の語りの内容からして好みで、大好きなタイプのフランス映画です。マチュー・アマルリックが演じるうつ病のおじさんほか、シンクロナイズドスイミングチームのメンバーは人生において迷走中で、パッとしない連中ばかり。映画の中では、おじさん達は最初からシンクロのチームに入っているので、どういういきさつでシンクロを始めたのかはわかりませんが、本作は実在するスウェーデンの男性シンクロナイズドスイミングチームのドキュメンタリーから着想を得て作られたようです。筋肉と緊張感がほぼ失われた肉体とセリフや言動が、おじさんらしさをすごくリアルに体現していますが、ギョーム・カネだけは目の保養になります(笑)。でも、ギョーム・カネが演じるキャラクターはすごく曲者で、逆に他のおじさん達は観ていて癒される部分があり、それぞれがとてもチャーミングなキャラクターとして描かれています。女性キャラクターも良い味を出していて、特にレイラ・ベクティが演じる車椅子のコーチが、口が悪い上にスパルタでかなり笑えます。そんなトホホなトレーニングシーンの他にも、おじさん達がいろいろやらかすシーンがあり、声を出して笑っちゃう場面が満載。「なんでやねん!」と心の中でツッコミを入れながら観るのが楽しいし、エモーショナルなシーンを間に絶妙に挟んできて、バランスとテンポの良さも感じます。クライマックスの朝日のシーンはすごく絵画的で美しく、最後はホッコリ。ヨーロッパ映画にハードルを感じている方にも、こういった作品でデビューすることをオススメします。

デート向き映画判定
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック

笑いどころもあって、不器用な人達が頑張る話なので、デートの雰囲気も和むはず。気まずくなるようなラブシーンもないので、初デートで観るのもアリだと思います。鑑賞後は、映画の感想を言い合うのはもちろん、好きなスポーツ、昔やっていたスポーツの話をしても良いし、家族の話、仕事の話など、いろいろな要素が詰まった作品なので、会話のネタも豊富に見つかるはずです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード

父と息子、父と娘の話も出てくるので、親子で観るのも良いと思います。普段カッコ良い姿を見せられないでいるお父さん達が、周囲からバカにされながらも一生懸命シンクロナイズドスイミングを練習する姿は、どこか不格好でも、とても輝いて見えるはず。笑えるシーンもいっぱいあるし、ドラマチックな展開もあるので、上映時間の長さもそれほど感じないでしょう。ぜひ若い皆さんも観てみてください。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
2019年7月12日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP