REVIEW

スイング・ステート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル

スイング・ステートとは選挙の激戦州のことで、本作は架空の小さな町、ディアラケンを舞台に、アメリカの民主党と共和党の代理戦争ともいうべき選挙の表と裏を描いています。一見スティーヴ・カレルが演じる選挙参謀ゲイリーと、ローズ・バーンが演じるフェイスの知恵比べのようなストーリーですが、それだけで終わらないのが本作の魅力。ネタバレになるので書きませんが、クライマックスで明かされる真相にニンマリすると同時に、思わぬ政治の穴に気付かされハッとさせられます。
そして、選挙は誰のためにあるのかを改めて考えさせられる一方で、スティーヴ・カレルとローズ・バーンのやり取りがコミカルに描かれていて、誇張されているにしても、こんなバカバカしいことが人々の生活や未来の行く末を決める選挙で行われているのだろうという皮肉がたっぷり効いています。政治の問題は万国共通です。本作はエンタテインメントとしておもしろい上に勉強にもなる内容なので、こういった作品をきっかけに日本でも政治への関心が少しでも高まれば良いなと思います。

デート向き映画判定
映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル/ローズ・バーン

ちょいちょい下ネタが出てくるので、ウブなカップルは敏感に反応してしまうと気まずいかもしれません。ラブストーリーというか、いろいろな意味での男女の駆け引きは出てきて、ロマンチックなムードになるようなタイプの映画ではありません。ただ、映画そのものは軽快でコミカルなので、多少の下ネタは大丈夫というカップルはデートで観るのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル/マッケンジー・デイヴィス

小学生にはまだ難しい部分もありそうですが、中学生以上の皆さんは社会勉強にもなるのでぜひ観て欲しいと思います。下品な下ネタが出てくるところは、さらっと笑い飛ばして、政治の仕組みなどに注目して観るとおもしろいです。国によって法律が異なる部分もありますが、いろいろな人にとっての選挙の意味を知るきっかけになるでしょう。

映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル/クリス・クーパー/マッケンジー・デイヴィス/トファー・グレイス/ナターシャ・リオン/ローズ・バーン

『スイング・ステート』
2021年9月17日より全国公開
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

©2020 Focus Features, LLC.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP